武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

大河ドラマ「天地人」第七回

ぬぉぉぉ~!(武田家直伝の顔芸付き^^;)
「もう泣きませぬ」byわんこ・・・だと!(驚)

 ↑こんなことぐらいで喜んでおります、はい(-_-;)

次週から、きっと大人になったわんこが、謙信公から薫陶を受け、
景勝サマの良き家臣となって、活躍する・・・展開になるでしょうか?(^^;)
しかし、上記のわんこのセリフが長かった序章の終焉となる兆しとなれば、重畳♪
この「序章」が、「新選組!」の多摩編や「風林火山」の勘助放浪編のように評価を受けることは、
ないでしょうけど(爆)

さて、本編。相変わらず敵の存在が微塵も感じられません(-_-#)
越中で誰と戦っていることやら・・・で、空気のような北条軍の攻撃の知らせが届く上杉軍
攻めるか引き返すか・・・景虎クン、君が意見を言うのはビミョーぢゃないの??
北条からの人質だった、君が北条の攻撃に晒されている(らしい)越後勢を放っておく発言は、
いかがなものか・・・もう、養子になって、華姫と結婚して息子がいるから万事OKなのかな?
北条(きたじょう)さんがウロチョロしているのもオカシイらしいですけど(^^;)
これは、「風林火山」で原美濃守が晴信サマと喧嘩して出奔→小田原北条家に厄介になる、
というエピソードを省略して、仲良く出家に持っていったようなものかな??

さて、賛否両論のアレらの演出・・・(^^;)
実は、この方の演出の「秘太刀・馬の骨」好きでした(激白)
トンデモな演出も、あのドラマには合っていたと思いますし、演じていた主役の内野聖陽さんの
洒脱な演技にとてもマッチしてました。

しか~し!今回、肝心のドラマ部分が空虚ですので、完全に空振りしてます。
それに、いまいち、遠慮があるのか、中途半端な印象も受けます。
いかんせん、結果出来上がった物が、昭和な感じのする古臭いものになってしまってます。

演出の新機軸を考えるよりも、ドラマを充実させることを考えて欲しいなあと思います。
[PR]
by salieri777 | 2009-02-16 16:15