武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

戦国時代のハムレット

f0182920_23553541.jpg

ネタガレでしょうか(笑) どんまい、どんまい(^^;)

友人から、「リュー弾は、武田軍だから、
持ってないでしょ?どうぞ(^^)」と、
← コレをおとしていただきました♪ 


大河ドラマ「風林火山」の感想記事も、上田原の合戦の甲斐で
順調に 放置 滞っておりますが(^^;) 



「天翔ける龍の如く」
Gacktから謙信へ
 VAP

大河ドラマ「風林火山」全体の感想記事は、来年の暗黒戦国大河放送時に
繰り延べさせて頂く予定と致しました(笑)
今回は、GACKT謙信@「風林火山」について述べさせていただきます。 



まずは、今や、Gacktぢゃなくて、GACKTに変名したし、
Gackt謙信と言っても、ドラマでは、「上杉政虎」までの段階ですが・・・(^^;)
Gackt@「風林火山」。。。アリかナシか?
人それぞれでしょうが、私は充分満足しました。 アリです!

「義」という理想を掲げる、そして現実とどう向きあうか?
武田が、泥臭い「利」と「理」で動くのに対して、
清廉に「義」で悩む姿は青年ハムレットの印象を受けました。

また、ゆっくりとした喋り方も、私の好みでした(え?)
「風林火山」で雪斎を演じた、伊武さんが、アニメの声優で、「惑星の総統」の声を、
ゆっくりとした調子にしました。
キャラクターに重みと威厳が出て、しかも、トチリが少ないとか(笑) 
  ↑
 伊武さんいわく(^^;)

一昨年の幕末大河で、現代劇と同じ喋りをして顰蹙をかった役者がおりましたが、
演じる役柄によって、演技パターンを変えるくらい、してほしいですね。。。


眠狂四郎も同じような口調になると思いますけど、コチラも早口キャラではないですから井伊です(笑)

ウッチー演じる勘助、亀ちゃん演じる晴信公の武田陣営と比べて、
コントラストがはっきりして、良かったと思います。

ちなみに、くだんのDVD・・・撮影の合間、川向こうの武田軍に手を振って(^^;)
しっかり無視されて(爆)怒るGACKTの姿が笑えます。(^^;;;;)

[PR]
by salieri777 | 2010-04-26 00:43 | 戦国つれづれ