武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

療養記念(笑) 必殺シリーズ10周年記念ドラマ「仕事人大集合」感想♪

ここのところ、ドラマ関連記事が続いていおりますので、
この感想記事は見送るつもりでしたが・・・
ご存知の通り、ただ今、機動力ゼロ状態035.gif
衰え行く体力、薄れ行く記憶を実感しまして(笑)、記事にすることにしました。
しばし、お付き合いのほどを♪040.gif


f0182920_8521733.jpg 「必殺シリーズ」10周年特別企画として、
歴代の裏稼業の殺し屋が大集合!という
夢のドラマであります。
緒方拳さん、沖雅也さんの最後の「必殺出演」という、
作品でもあります。
コンセプトは、「江戸のかたきを長崎で討つ」
江戸から大阪、長崎へと舞台を移し、壮大なスケールで、
仕事人たちの生き様死に様を活写した良作です。


「仕事人大集合」(DVD)
 監督:工藤栄一
 主演:裏稼業の皆様(^^;)

 リンクが張れました(笑)


江戸の街は、将軍に謁見するために訪れたオランダ使節一行の到着でにぎやか♪
そのような、華やかさの陰で、陰湿残忍な殺しの事件が頻発していた・・・
そして、ついには使節まで、惨殺。
しかも、その殺しを請け負ったはずの「仕事人」もその場で一緒に犠牲に。
使節暗殺を請け負った仕事人が罠に嵌ったことを知った、
江戸の裏稼業の総元締め・王手の鹿蔵(二代目中村鴈治郎)も、凶刃に倒れる。

しかし、長崎奉行所同心の栄転話に有頂天の中村主水は、完全に足を洗い、
姑せん、妻りつを連れて、一路、西へ。
そのさなか、オランダ使節代表の妹マリアが長崎へ戻る一行から脱出。
主水の旅と平行して、外国人殺し屋と仕事人たちの死闘が、
江戸~大阪~長崎へと繰り広げられる。


顔見世興行、いわゆるオールスターキャストは難しいです。
誰にも見せ場を作り、リスペクトする代わりに、
肝心のストーリーや、人物描写が底浅に陥ってしまうこともしばしば・・・
しかし、そういった「疵」を負うことなく、この作品は、歴代殺し屋をリスペクトしつつ、
ストーリーの骨格は歪むことなく、見どころ満載な作品に仕上がっています。
そして、足を洗った中村主水が、再び裏稼業に戻ってくる過程も
丁寧に描かれた作品となりました。
思えば・・・一体、中村主水は、何度、足を洗い → 復帰を繰り返したことか(笑) 


もっとも、舞台裏では、相変わらずドタバタしていたようですが、
それが、甘利、作品そのもに影響が出ていないのは幸いでした。

「必殺シリーズ」10周年として、第1弾の「必殺仕掛人」出演の緒形拳さんには、
仕掛人梅安として出て貰いたかったらしいのですが、
原作付きのしがらみで、知らぬ顔の半兵衛(@「必殺必中仕事屋稼業」)で、登場!
半兵衛の「殺し業」は、「仕事屋稼業」放送当時、全国理容協会から抗議がありました。
記念作品に、敢えて、往時に抗議のあった、知らぬ顔の半兵衛を出してくる所に、
「必殺」の反骨精神が見て取れます。
山崎努さんは、出演自体、断ったそうです。この方は存在自体が反骨精神の塊でした(泣)
(ヤマトに出るくらいなら、なんでコッチにも出てくれなかったんだーーーー叫)


ご存知の通り、中村主水役の藤田まこと氏も鬼籍に入られてしまいました。
この作品は、画面上では絡みはありませんが(惜)、緒形さん、沖さんと言った、
今は亡き、前期必殺シリーズを支えた方の登場も楽しみな作品でした。
中村主水の長崎奉行所同心の栄転話のオチも笑えます(^^;)
そして・・・主水は、「2010」で、今度こそ、本当に「西へ」旅立ってしまいましたが・・・
(;_;)

ともかく、この作品は、スタッフ・キャストの渾身の「娯楽作品」でありながら、
裏稼業の人々、それぞれの人生の深みを描ききった良い人間ドラマにもなっております。


「こりゃ、もう仕事じゃねえ。いくさ、だよ」
「さあ、お別れだ。付き合いは短い方が楽しいぜ」
「御同業だ。この仕事料、高くつくぜ」
「仕事人は、跡を残すな。棺桶も残すな。分かるか?これが仕事人の死に様なんだ!」
「あんた、言っただろ。これは仕事じゃない、いくさだって。仕事なら命は惜しいが、
いくさなら、討ち死にしたって、本望だ!」


それぞれの生き様を象徴するかの様な、セリフの数々・・・

歴代仕事人が出るたびに、当該BGMが掛かる凝り様。

良質娯楽であり、人間ドラマであった、10周年記念ドラマ、
「新・必殺仕事人」から、「必殺仕事人Ⅲ」への橋渡し役の作品でもありながら、
ただのお祭り興行に終わらない、見応えある作品に仕上がっています。056.gif

[PR]
by salieri777 | 2010-08-08 10:23 | ドラマでほっこり