武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

武田信虎最強伝説!!~信虎VS九鬼嘉隆~

心は、2012年の伊予の海賊に飛んでいますが(笑)
今回は、伊勢の海賊の話です♪


題して、武田信虎VS九鬼水軍!(爆)

息子・武田信玄に甲斐から追放された、武田信虎。当時47歳(天文10年)
甲斐国追放後は、今川家にガッツリお世話になっていたと思われていましたが、
最近の研究では、今川義元正室である彼の娘・定恵院の病没前から、
京などに頻繁に赴いていたと言われています。
無論、費用は、信玄餅・・・ぢゃなくて、信玄持ち(当時は、まだ武田晴信ですが)
さて、矍鑠たる信虎様は、エネルギーを持て余して、いろいろウロウロしています(笑)
甲斐追放後も、信玄の異母弟妹もこしらえてますし(爆)
息子・信玄より、長生きしたし・・・

その、武田信虎放浪のあいだの最強伝説のひとつが・・・VS九鬼水軍(^^;)066.gif
永禄3年(1560年)、九鬼嘉隆に対して、伊勢国司・北畠氏の後ろ盾を得た、
十二人の地頭が決起します。
その十二人の中の甲賀藤九郎の屋敷に身を寄せていたのが、我らが信虎様!
もともと戦巧者の信虎という軍師を得て、地頭衆は、九鬼嘉隆軍に大勝します。
嘉隆の兄は戦死。嘉隆も朝熊山を命からがら逃げ延び、
やがて織田信長軍の滝川一益に拾われます。
桶狭間で今川義元を討ち取り、破竹の勢いの織田信長の元で、
九鬼嘉隆は、織田家の最強水軍となるわけですが・・・

もし、ここで九鬼嘉隆がボロ負けせず、織田家と距離を置いたままだったら、
戦国の歴史は、一体どうなっていたでしょうね~


ちなみに、九鬼との一戦のあと、信虎様は、
北畠さんに体よく都へ行くように差し向けられたとか。
そばにいられたら、怖い存在だったのかも?(^^;;)

[PR]
by salieri777 | 2010-10-30 18:43 | 戦国つれづれ