武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ドラマ雑感

「新選組血風録」
   やはり、土方役にアレルギー拒否反応が。。。
  司馬さんのオリジナル・ベースの各エピソードには救いもなく、
   人物描写も違和感ありまくり。
   近藤さんがそんなこと言っては・・・トシがそんなことしていていは・・・のオンパレード。
   もう、ほとんど見ていません。
   監察方山崎が出てるか、倍速でピ~~~~と流し見しているだけです。
   ですので、山南さんが、いつのまにか、脱走→切腹(ナレ処理だったらしい)には、
   いささか吃驚!(人様のブログ記事を読んで、腰ぬかしましたよ。。笑)
   いなくなっていたのにも、気づかなかった!(爆)

   沖田総司が、なかなか良いと最初から思っていたのですが、
   「ちりとてちん」で、徒然亭小草々を演じた、いわば、私は贔屓筋ですので、
   こちらの単なる身贔屓かな?と懸念していました。
   褒めて下さる方がいらして、保護者のようにホッとしております。
   他の試衛館ズが、本当に誰が誰だか分からない・・・


「JIN-仁ー」
   ちょっと、今の状況で医療物は・・・と3話までで、一瞬脱落。
   しかし、甘利にも出来が良い作品ですので、
   せっかく、積読文庫を封印して、ドラマに臨んでいたので、
   見なかった分を周回遅れで視聴しました。
   勘助龍馬と御屋形サマ慎太郎が、互いにやりたい放題してましたね@第4話
   これに、平蔵が加わるとしたら、なんて「風林火山」な幕末でしょう(笑)
   
   さて、間に合ったと思ったら、タイムスリップしていて(爆)
   第6話を10分程見ていて、5話目を見損ねた!録画もしてない!ということに
   気づきました!(遅すぎ?)
   カタリーナ様、お声掛けて頂き、有難く存じます(感涙)040.gif

   仁先生@長崎で、りーびんぐいのべーしょん東芝な、訳ですが、
   受講する生徒たちの中に、ひとり浅野和之がいれば、
   ただのオッサンではありませんね(笑)
   ですが、分っていても、良い感じに見れました。

   そして、四境戦争なわけですが、仁先生が現代人だからこそ、
   「これしか(戦争しか)、方法はないのですかっ!」と叫んでも違和感ないです。
   黒龍馬が、撃たれて次々倒れ行く幕軍兵士を見て、「時代が変わりゅう!」と
   大喜びしているのも、まさにこの時代感覚なのでしょう。
   その倒れる兵士を、怪我人・手当てを必要とする人、同じ人間と捉える現代感覚との
   ズレの描写が見事でした。
   ここをきちんと描いてこそ、歴史を舞台にしたファンタジーとして
   ドラマが成立するのだと思います。





最後に、4月にフジテレビ系列で放送した、静岡県のご当地ドラマです。
 「誰(タレ)よりも 君を愛す」
  来年の大河ドラマ「平清盛」を手がける脚本家・藤本有紀さんが書かれた作品です。
  うなぎパイありきの作品ですので、これで来年の成否を判断するのは難しいです(笑)
  
  「文七元結」「うなぎ」などの落語を中心に相変わらず小技を利かせたドラマですが、
  良く出来てはいるけど、積極的に面白かったと言える作品にも思えませんでした。
  つまらなかった訳ではありませんが、藤本さんなら、もっと・・・との
  思いが消せませんでした。
  これが、二時間弱のスペシャルドラマではなく、1クールのドラマだったら、
  各キャラクターをもっと掘り下げ、深みが増したかもしれません。

  静岡県磐田市出身の長澤まさみさん主演ですので、来年大河に、
  またお色気海賊が出たら・・・と、変な心配もかきたてられました(取り越し苦労)
  春風亭昇太師匠(焼津市出身)、お疲れ様でした♪
 

[PR]
by salieri777 | 2011-05-29 09:32 | 徒然なるままに一言