武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

時代劇のスタア、鳥居耀蔵 (^^;)

江戸物時代劇のなくてはならない悪役スタア(笑)
鳥居甲斐守耀蔵。
娯楽時代劇ドラマでは、遠山の金さんとセットで語られ事が多いですね。
実在の人物で、時代物三大悪役は、吉良上野介、田沼意次、鳥居耀蔵でしょう。

しかし、前者ふたりは、「実は良い人だっだ」的な解釈の作品もありますが、
そのような解釈0、同情無用・言い訳不要な御人は、鳥居耀蔵のみかもしれない(爆)


ドラマでは、「必殺からくり人」で、岸田森さんが演じた鳥居甲斐守が印象的です。
緒形拳さん演ずる夢屋時次郎が暗殺を謀りますが・・・思わぬアクシデントで失敗。
(というか、殺してしまっては、歴史が変わりますし ^^;)
狙撃事件発生!他の者が「捕えよ!」と叫んでいるのに対し、
「殺せ!死んでいた方が後で調書を都合よく書きやすい」的な名言を吐きます(笑)
必殺シリーズで唯一、緒形拳さんが「殉職」する流れになります。
怪優・岸田森(姉は、女優の岸田今日子・・・って、なんて血筋!)彼の存在感も
流石でした。ベスト・飯富・鳥居耀蔵と、言ってもいいくらい。


此度、厳しい修行の結果(?)ニコ動を貼れるようになりました(^^;)
緒方拳さんの名演が光ります。

注:「必殺」ですけど、暗殺シーンはありません。
 しかし、殉職シーンはありますけど。あと、狙撃失敗シーンもあります。
 それぞれの斟酌で、再生するかどうか判断して下さいませ。
 血が流れるシーンは、ないです。 ←判断材料にどうぞ



鳥居@「必殺」と言えば、忘れられないのが「必殺仕置屋稼業」で、
名優・志村喬さん演ずる、老獪な、だけど、悪役ではない(^^;)鳥居甲斐守耀蔵。
筆頭与力の通夜を訪れた鳥居が、昏倒。
駆け寄った次席与力が思わず、「次の筆頭与力は誰に!」という呼びかけに、
「お前たち次席与力の中から入れ札で決めよ」
それから、票集めのための賄賂・選挙工作。悲劇も生まれ、裏の仕事派生し、遂行され、
ドラマの最後で、次席与力総選挙。いよいよ結果発表!という時に・・・
「役務を離れ何を騒いでおる」と御立腹の奉行鳥居甲斐守耀蔵、登場。
「筆頭与力?わしが兼務すると言ったはずだ」
 えええっ (゜∀゜;ノ)ノ タシカニ、次席与力三人ノ中カラ決めよと言ッタノニ。。。
立ち去る鳥居甲斐守、ふと、足を止めて振り返り、「ついでだ。票を読み上げよ」
結果は、三人の次席与力の票は、各名、1票ずつ。
「自薦の一票のみか、人望がないのう」と皮肉な笑みを残して立ち去ります。
列座の背後で、中村主水が、密かに奉行所内で行われた、選挙結果トトカルチョ(笑)で、
「自薦の一票のみ」と予想していたので、勝利で大喜びして、「完」(^^;)


志村喬さんのラストの皮肉な台詞の言い回しは、「七人の侍」の、
「勝ったのはわしらではない。あの百姓たちだ」に匹敵するほどの味わいでした。
しかし、映画衰退の時期とはいえ、東宝の志村さんが、よく松竹の「必殺」に
出てくださったな~
このことも、貴重です。
ちなみに、後の仕事人のスペシャルでは、うっかりと中村主水は鳥居耀蔵を
暗殺してしまっておりますが(汗)、スペシャルと映画版はノーカウントと
いうことになっておりますです(^^;)


数少ない、良い方(?)の鳥居耀蔵は、「影同心」というドラマに登場。
田村高廣さんが無表情に、主人公チームに指令を出しております。
清濁併せのむというか、自分の手から漏れる悪事を始末するため組織されたのが、
山口崇さん・渡瀬恒彦さん・金子信雄さん演ずる、
影同心たち (だったと思う ^^;) ← スマン、甘利、覚えてない。。。
必殺シリーズの亜流というか、パクリです。ま、いですけど。
鳥居耀蔵から、仕事料が払われていたのかも不明・・・

鳥居さん。これからも、生粋の純度100%の悪役として、時代劇歴史劇で活躍して下さい。
・・・と、言っていいのだろうか(笑)

[PR]
by salieri777 | 2013-09-17 23:58 | 徒然なるままに一言