武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

年末年始テレビ血風録(^^;)

年末年始見たテレビをゆる~く語ります(一応、年末→年始だけど、順不同)

「猫侍」(BSフジ&テレビ神奈川)
 斑目久太郎の魂の救済ドラマであります(えっ)
 猫づきあいに奮闘しているうちに人づき合いも変化していった、斑鬼。
 玉之丞との生活、加賀屋さんも気の毒なだけにどうするのだろうと思っていたら、
 良い帰結を迎えました。そう言えば、「幕末近くの時代」という設定は?(笑)
 まぁ、加賀藩というと、そろばん侍もいたはずですけど、
 ♪むてきーの猫侍も生み出してしまいました。(あ、浪々の身だっけ)

「NHKファミリーヒストリー~中村獅童」(NHK)
 知っている話と知らない話が半々でした。獅童さんの祖母・小川ひなサンが、
 ゴッドマザーであることは超有名でしたが、その姑かめサンも凄かったのだな(汗)
 獅童さんの父君・小川三喜雄さんは、映画界に打って出た弟二人、
 萬屋錦之介・中村嘉葎雄をサポートしたとは、知っていたけど、
 年齢の近かった三喜雄さんと錦兄ぃとは特に絆が強かったのですね。
 ちなみに、萬屋錦之介(当時は中村錦之助)を映画界に導いたのは、美空ひばりの
 ゴッドマザーだったのだけど、そこは、薄めてありましたな(ゲフンゲフン)
 あれでは、錦兄ぃが、いきなりコケたように見える(実際は、「笛吹童子」の成功があった)
 私の見た再放送にテロップで訃報を記された、獅童さんの御母堂も強い人だったけど、
 これは、三代続いた伝統だったみたいですねえ。

「剣客商売~剣の誓約」(フジテレビ)
 いや、「剣客」と「鬼平」にはなんの思い入れはないのですけど(爆)、
 さすがに、行く末を心配してしまいました。
 究極のリア充老人(笑)を北大路さんが演じているけど、似合わない。
 國村さんと役をチェンジして欲しいと心底思います。いや、「剣客」よく知りませんが。
 冒頭の秋山大治郎の道場の鍛錬の棍棒が、「新・必殺仕置人」に出てきた、
 虎の元締のバット(文字通り野球のバット)のような気がするのですが(萌)
 私の目が、うるんでいるのでしょうか(笑)

「紅白歌合戦~あまちゃんセクション~」
 かいつまんで、ここしか見ていませんが(まだ、サブちゃんも見ていません)
 生放送だし、グダグダになったらどうしようとの事前の杞憂も消え、
 最良の「あまちゃん」完結編となったと思いました。
 「第157回おら、紅白に出るど」で、あまちゃんは完結した方がいいです。
 まさかのヒビキがオチだとは(笑)
 いや、ミズタク不在が、今となっては残念ですけどね。

「正月時代劇 桜ほうさら」(NHK)
 もったいない、と思いました。連続ドラマでじっくり描いて欲しかった。
 続きが見たいと思いましたけど、原作は、汚職事件解明で終わっているのですね。
 このあと、古橋笙之介が、江戸で、どう暮らしていくか見たかったですね。
 北大路欣也の正しい使い方も納得しました(笑)

「タイムスクープハンターSP 緊急指令! 守れ秘伝の味」(NHK)
 正月特番は、うなぎの蒲焼きの歴史秘話。
 大正時代に蒲焼き屋を取材している中で沢嶋は、そこの店のタレの味が確立した、
 安永6年に行くことにする。再度タイムワープして、取材を始めたら 
 トラブルが起き、歴史が変わってしまう。 
 古橋ミナミも大活躍して・・・という一話。
 何故、冒頭が大正時代かも、途中で分かります(^^;)あの女学生と遭遇!ですよ(笑)

 

安永年間で、うなぎというと磐音さん@「陽炎の辻」ですね~
で、もちろん田沼時代であり、「剣客商売」の時代でもあります。
「桜ほうさら」で、北大路さんの役が「坂崎」だったので、
ネットでも、プチ盛り上がりました。
(ちなみに、「桜ほうさら」は、天保時代の話です)
ある意味、この年末年始は、北大路欣也祭りだったのかもしれない(爆)


 なんだ、この結論は・・・(^^;)

あと、CS無料放送の時に録画していた、「黒澤和子の衣裳の世界」、「利休にたずねよナビ」
それから、「軍師官兵衛」のPR番組を幾つか見ました。
「黒澤和子の衣裳」は、映画「清須会議」の衣裳担当の黒澤和子さんの番組。
「利休にたずねよ」ナビ番組ともども、メイキングは面白かった的な番組でしょうか。
中村嘉葎雄さんの御姿にほっこりしました(大徳寺住職役)
「軍師官兵衛50ボイス」を見たら、こちらの衣裳担当も黒澤和子さんなのですね。
「官兵衛」が、前述2つの映画みたいに、「見なくていいや~」とならないことを祈る(嘆願)


今日、見る予定だった、日テレの海老蔵さんのドキュメンタリーは、母・弾正が間違って消去(爆)
5分ぐらいの「これから放送!」みたいのと取り違えたようです。
BS日テレさん、早く再放送ぷりーず!(;_;)

[PR]
by salieri777 | 2014-01-04 18:17 | 徒然なるままに一言