武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

御前が語る、「妻は、くノ一 最終章」第3話(ネタバレもあるかもしれないのう)

f0182920_12144763.jpg

ちと、ネタバレ致すぞ。










最近、下屋敷で、干物を焼く匂いがしての。

見れば、静湖が、干物を肴に晩酌しておった。
まぁ、それで、憂さが晴れるのだったら、良いがの。

わしは、悩んでおる。
オリエッティの行く末にも静湖はーーんの行く末にもな。

これでも、父親だからの。

静湖が、皆の覚え目出度いことを嬉しく思うぞ。

切ないパートも、コメディパートも担当しておるのが、ちと切ないがの。

これなら、最初から、
岡田博之助を投入しておくのだったな。
もしくは、岩野慎五郎という設定にしておけば、原作にそのまま、つながったのだがの。


わしの、小芝居。悪いかっ(笑)

ちと、やり過ぎたのは認める。

視界の端で、奥右筆の奥寺勘兵衛がツッコミを入れる気満々だったのは、見えた。

御船手奉行が、まさか号泣モードだったとはの。奥寺勘兵衛が、ずっこけていたのは、些か痛快。

先週、太郎吉クンが、棒手振り女を、じっと見ていたので、
やはり、おつるが、生き別れの母親だと思うておったがの。

おつるの話した事情を聞くと、母子であることは間違いないやもしれぬが
太郎吉クンは、陰から見守ってきた状態の母親を母親と認識しておるのか…

こちらも、HAPPY END になるといいがの。

いや、わしの早くに亡くした息子の幼名が、太郎吉での(史実)

酔狂な御前で知られる、わしでも、あの太郎吉クンの幸せを願わずにはいられないのさ。

わしも、人の親での。

不気味な寒三郎から、「織江が生きておる」と聞いた、かわサマ。
表情は、変わらぬが、まばたきが、平常の折りより多かったの。

ふふふ。可愛い奴。

さて、次回では、また展開がありそうじゃな。


ところで、今回は、高木馬介は、登場せぬのかな(爆)
[PR]
by salieri777 | 2014-06-10 12:14 | 徒然なるままに一言