武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

映画「超高速!参勤交代」を見ました!(ネタバレあり)

気楽に見れる娯楽時代劇です。

城戸賞を受賞した脚本を出版→映画化→著者が脚本執筆と、

「のぼうの城」パターンでございます。


時は、八代将軍吉宗(市川猿之助)の話。

参勤交代を終え、領地に帰った湯長谷藩の藩主(佐々木蔵之介)に、

銀山の申告の偽りの疑いがかかり、その釈明するため五日以内に江戸に戻れと、

幕閣から無茶ぶり。参勤交代を終えたばかりで、藩に資金はない・・・

しかし、行かねば、御家はお取りつぶし。露骨すぎる嫌がらせです。

実は、老中松平信祝(陣内孝則)が、私腹を肥やさんとする企みであった。

金・時間・人が足りない中、決死の参勤交代が始まる。

三苦の上、老中が御庭番を勝手に使い、行列妨害、藩主暗殺にまで及んでくる。

御庭番と言えば・・・カワサマ(爆)

本当に、和田聰宏さんだよっ(^^;;)

ドラマ「妻は、くノ一」と同じ松竹撮影所のため、お声がかかったのかいな。

あるシーンでは、ナイスなリアクション(えっ)で館内の爆笑に(えっ!)
・・・多少の貢献をしました(をいっ! ^^;)

佐々木蔵之介さんとの立ち回りは、個人的な見どころです(萌)

さて、面白かったのですけど、藩主剣豪過ぎ、側近強さハンパねえ。

そこで、上手い具合に通りがかるか、磐城平藩!などなど、

ちょっと、ご都合主義な部分が多々見受けられます。

ま、佐々木蔵之介さんと猿之助さんでは、一緒のシーンを撮りたい気持ちは分かる。

しかし、酒盛りはないよ(ネタバレ陳謝)

あと、せっかく、こうして気楽に観られる映画だからこそ、参勤交代について、

もっと掘り下げて欲しかったと思います。
せめて、「下に~、下に~」は、止めて欲しかったです。
(注:この掛け声は、御三家のみ。
 さすがに土下座する庶民は映画でもいませんでしたが)

しかし、映画としては、勧善懲悪で終わるので、爽快です。

原作では、多少は湯川谷藩側にも落命者が出ているようですが。

「のぼうの城」を東宝に奪われて、悔しい思いをした松竹にしてみれば、

結構、好評で客の入りもいいので、

こうしたテイストの時代劇、これからも増えるかもしれません。

•内藤政醇(湯長谷藩主):佐々木蔵之介

•お咲(飯盛り女):深田恭子

•雲隠段蔵(抜け忍):伊原剛志 ← 途中で雲隠れする気満々(^^;)

•荒木源八郎(湯長谷藩士):寺脇康文

•秋山平吾(湯長谷藩士):上地雄輔

•鈴木吉之丞(湯長谷藩士):知念侑李(Hey! Say! JUMP

•増田弘忠(湯長谷藩士):柄本時生

•今村清右衛門(湯長谷藩士):六角精児

•徳川吉宗(征夷大将軍):市川猿之助

•松平輝貞(老中首座):石橋蓮司

•松平信祝(老中):陣内孝則(特別出演)

•相馬兼嗣(湯長谷藩家老):西村雅彦 ← 胤の字が名前に欲しかったかも。

•菊千代(猿):菊千代

•内藤政樹(磐城平藩主):甲本雅裕

•琴姫(政醇の妹):舞羽美海 ← 一瞬、舞の海さんかと思いました。

•徳川宗翰(水戸藩主):前田旺志郎

•夜叉丸(隠密頭):忍成修吾

•高坂小太郎(隠密):冨浦智嗣 ← ビミョーなくノ一がいると思ったら!

•瀬川(湯長谷藩江戸家老):近藤公園

•虎之助(隠密):和田聰宏 ← 心の中で、「川村虎之助」、
  子孫に「真一郎」と思うております。
·茂吉(農民):神戸浩 ← ナレーターも担当


[PR]
by salieri777 | 2014-07-11 23:15 | 映画観劇芸術鑑賞