武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

∞年、違った!8年遅れの「ウルトラマンメビウス」完全視聴感想その2[追記あり]

ウルトラマンシリーズ40周年記念作品「ウルトラマンメビウス」(2006年作品)

全50話、8年遅れで完全視聴いたしました。その感想記事その2をお送りします。

こんな記事に対しても、「優しさを失わないでくれ」(笑)

1〉「GUYS Saliiy Go!」 「G.I.G!」

25年間の平穏さを保っていた地球(実はそうではなかったのですが)

しかし、一応、防衛隊(GUYS)を組織し、怪獣警報も創設しておりました。

市民は、自分の意思で、GUYS適性試験を受けます。

しかし、資格取得は、受験や就職に有利になる。それだけのこと。

ところが、怪獣出現によって、資格取得者であった、医大生、バイクレーサー、

サッカー選手、保母が、第1話にミライと関わり、新生GUYSのクルーとなります。

第2話以降、全編に渡って、ルーキーウルトラマンとルーキー防衛チームの

成長物語が紡がれます。

滅茶苦茶仲が良かったので、「ぬるい」と見る向きもあるのですが、明るい作風に

貢献していたと思うし、ギスギスした人間関係は、正直疲れる(笑)

その若いクルーを見守るのが、飄々としたサコミズ隊長。

おとぼけ補佐官&秘書官が、場を和ませたり足をひっぱったりもしました。
また、彼らの存在が、復讐の鎧のハンターナイト・ツルギを、
正義を求める、ウルトラマン・ヒカリに変貌させたとも言えます。
リュウさんのネーミングセンスは、どうかと思うけど。
「ピカッと光って現れたから・・・ウルトラマンヒカリ・・・」
GUYSクルーは即刻却下したが、ミライが賛成して採用となった(汗)
ウルトラマンは名前に執着しない種族のようで、
地球人が命名した名前で、仲間内でも呼び合います。
たとえ、そのセンスが、イマイチでも(笑)


2〉「メテオール解禁!」

もうひとつの、このドラマの特徴は、「メテオール」です。
メテオールとは、「Much Extreme Technology of Extraterrestrial ORigin」
「地球外生物起源の超絶技術」のことです。
地球に飛来した生物(ウルトラマンも含む)、
非地球由来の科学を
検証することによって、地球人は究極科学を開発しておりました。

ただし、究極の科学は常に両刃の刃。滅亡の兵器にもなりえるし、

未知の科学技術の応用に、人体への危険の恐れもあります。

メテオールの使用時間は、1分間に制限されております。

メテオール搭載機の導入も前クルー全滅を受けて、ようやく決断されたものでした。
その後も、「メテオール規約」により、使用を厳しく管理されました。

戦闘シーンでの、ここぞと言う時の「メテオール解禁!」は盛り上がりました。

3〉ドキュメント・アーカイブス

昭和のドラマに続いた世界観ということで、歴代の防衛チームのデータが、

きちんと記録され、何か事あるたびに、記録が照会され、作戦に役立てます。

ウルトラマンレオの時代の防衛隊MACは全滅しているので、
その記録は、別紙参照状態になっておりました(泣)


4〉日々の未来に幸多からんことを

さて、ウルトラマンメビウスのサブタイトルは、
「〇〇の〇○」というフォーマットを

毎回とりました(必殺シリーズみたい ^^;)

その効果が最も出たのが、第22話「日々の未来」です。

ウルトラマンメビウスの人間体が何故あの姿なのか、
そして、「ヒビノ・ミライ」という
名前の由来が、
第21話「虚空の呼び声」と前後編で、明かされます。

火星からスペシウム鉱石(スペシウム光線と同じ成分をもつ鉱石。
ウルトラマン」に出てきた設定)を採掘し運搬するアンタレス号。

突如空間に現れたウルトラゾーン(ワームホールみたいなもの)から逃れるために、

貨物部を切り離しますが、船長の息子バン・ヒロトが犠牲になります。

死を迎えようと貨物部操舵室でひとり涙を流すヒロトは窓の外に
メビウスの輪の光を
見出します。そしてそのなかから、現れる、ウルトラマン。
「ウルトラマン・・・メビウス?」

光に照らされるヒロトの顔に穏やかな笑みが浮かびます。

メビウスも彼を見つめて手を伸ばします。

しかし、助けようとした瞬間。アンタレス号はウルトラゾーンに引き込まれ消滅。

心を揺り動かされた最初の「人間」を救えなかったメビウス。

このあと、メビウスは、バン・ヒロトの身体に擬態して、
父親のバン船長の元へ行って、
・・・怒られます(爆)

セリザワを入れ物にしたツルギ。息子を亡くした父親の心を傷つけたメビウス。

バン船長は、ある人に電話をかけます。
「お久しぶりです、サコミズ・キャプ。あ、今は…」

背広姿のサコミズが、ヒロトの姿をしたメビウスを迎えに来ます。

「君の行為が君の優しさから来るものだとは分かる。
しかし一緒には暮らせない」

「ごめんなさい!もう、この姿も、今日でやめます」

「いや。その姿でいてくれないか。
地球の地を踏めなかったヒロトの代わりに。

・・・君の、この星での、日々の未来に幸多からんことを」

「ヒビノミライ?」

 

これが、メビウスが地球で最初に戦う半年前の出来事でした。

昭和期であれば、ヒロトを助け、彼にメビウスが憑依していた話と
なっていたでしょう。
(そのパートはセリザワ/ツルギが請け負ったわけですが)

その後、宇宙船は発見されましたが、ヒロトの姿はありませんでした。

このエピソードで、もうひとつ明らかになったことは、サコミズ隊長は、

ヒビノ・ミライが、ウルトラマンメビウスであるという事実を知っていたことです。

最初からサコミズ隊長は、地球生活が不慣れなミライが何かしでかした時、

(ウルトラマンでなければ知りえない事実を口走ったりe.t.c)

常に、なんとなく(笑)フォローをしていたので、「知っている」と

視聴者にも窺い知れておりましたが。

ここから、ネットでは、サコミズ隊長=ゾフィー説が出て来るのですが(^^;)

いや、姿を現さない、GUYSjapanの総監が、サコミズであり、ゾフィーだ!

ザコミズ=ウルトラマン80で、ミサキ総監代行がユリアンだ!とか(笑)

実は、謎の「総監」は、東光太郎(ウルトラマンタロウの人間体)で、設定してあり、

篠田三郎さんと交渉中という噂もありました(交渉したらしい)


5〉「今までありがとうございました!」(ドラマ中盤)

ドラマ中盤に、いきなりクライマックスがっ!

ウルトラマン史上初、光の国の歴史にも残る(^^;)
「最終回ではないのにウルトラマンの正体がバレる」でした。

(身近な隊員、あるいは観察眼の鋭い隊長がうすうす感づいていたパターンはあった)

ウルトラの父の予測が外れ、ある大規模な危機が地球を襲いかけていました。

メビウスに帰還命令が下ります。「残ります!」「戦えば、死ぬであろう」
お別れのプレゼント(手作り)をチームに配るミライ。

メビウスでは太刀打ちできない敵、インペライザーが地球に降り立った時、

「僕が守ります。僕の最後の戦いを見ていてください。
今までありがとうございました」

最終回台詞を連発したのち、リュウの前で、変身するミライ/メビウス。

物語半ばの正体露見。結局メビウスは、新たな力を自ら得て、

地球に駆け付けたタロウ教官の許しが出て、地球に留まりますが、

防衛チームが、メビウス=ヒビノ・ミライ隊員という秘密を共有することとなります。

それまでも、ミライ君の性質では、秘密を隠し切れない雰囲気はありました。

「お前、今までどこにいたんだ?」

「ト、トイレです!」(昭和でも、なかなかお目にかかれないナイスな言い訳)

しかし完全な秘密露見。これ以降、天然ミライ君の数々の失態/失言を

必死にフォローするメンバーのドタバタも、このドラマの味わいになります。

(「仲間たちの思い」、「オーシャンの勇魚」など)

注:ドラマ制作のおり、以下の設定が発表になっております。
●レオ時代にMACと共に死亡したと思われていた、ウルトラセブンの生存
(ウルトラの母が蘇生に成功した)
●ウルトラマンタロウが、光の国に帰還し、警備隊の教官となっており、
メビウスも教え子である。地球任務への推薦もタロウである。

映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」公開前後からの設定
●ヤプール神戸港封印事件の前、光の国を出発するセブンが、
戻れない予感に捕らわれ、タロウが返却した、彼の変身バッジを
ウルトラの母から預かった。封印後、変身能力を失い神戸で暮らす。
彼ら兄弟の元を、地球を放浪していた、東光太郎(タロウ)が訪ねた。
ウルトラの戦士4人が地球から動けない事態のために、
やむをえず、ウルトラマンタロウは、兄たちの説得に折れ、
光の国に帰還して、警備隊の任務に就くとともに、
筆頭教官として後輩を指導していた。
生徒の前で、うっかり、ウルトラダイナマイトを発動してしまい、反省。
以降、最高の大技であるウルトラダイナマイトを封印をする。

末っ子の甘えん坊のウルトラマンタロウが、教官とは。

そりゃ、教え子は、純真無垢なドジッ子になるわな・・・(爆)

レビュー(たぶん、次で終わり)続きます。 

「ニャー!」(←レオに変身して、この場を去るリュー弾 ^^;;)









[PR]
by salieri777 | 2014-11-10 07:31 | ドラマでほっこり