武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:幕末つれづれ( 21 )

まさか、大河ドラマのナレーターが、ニュータイプとは・・・(違っ!) 

来年の大河ドラマ、どうせ(どうせって、無礼陳謝)なら、
大河ドラマ「花神」のキャストが誰か出ないかな~と、思っておりましたが・・・
まさか、池田秀一さんの参戦とは!
池田さん御当人は、覚えているかな? @「花神」
というか、文ちゃんは、永遠の妹アルテイシアなのですか?

久坂玄瑞の声は、古谷徹さんでお願いします (・∀・)イイ!!

高杉「吉田先生は、死んだ!何故だーーー!」
ナレ「・・・坊やだからさ」

こげな感じだったら、見るかもしれないかもしれないかもしれない(どっちだ?)
[PR]
by salieri777 | 2014-09-23 00:24 | 幕末つれづれ
気まぐれ更新となっております。

再来年の大河が幕末(~明治)かもしれないと、リークがありましたが、
NHKからは、否定も正式発表もありません。

そのようなところへ、こんなニュースが飛び込んできました。
「土方歳三 辞世新説?」 記事はコチラ→ 

 「鉾(ほこ)とりて月見るごとにおもふ哉(かな)あすはかばねの上に照(てる)かと」
   (鉾を手に取って月を見るたびに思う。あすはしかばねの上に照るのかと)

土方さんと箱館まで行動を共にし、降伏後は、土方さんの戒名を書き記した紙を
肌身離さず持ち続けた、新選組隊士・島田魁が、まとめた和歌集の冒頭にある歌です。
島田家が、26年前、霊山博物館に寄贈したものだそうです。

新選組研究の方の見解を待ちたいところです。

[PR]
by salieri777 | 2011-06-15 21:59 | 幕末つれづれ
f0182920_187774.jpg

我が在来線の車内表示です♪

今の梅屋敷駅がある町には、毛利公の屋敷が御座いました。
(梅屋敷自体が、毛利屋敷なのでしょうか? 後刻、調べてみます)
 追記:調べてみたら、薬屋さんの屋敷であり、毛利家とは関連ないようです。

そのため、無用な争いを避けるために、一部車両は、
佐幕派の方々のみ御利用可能となっております(嘘)

車内安全のために、こちらの車両には、
討幕派の方の御利用は、ご遠慮下さいますよう m(_ _)m

特に、高杉晋作様と愉快な仲間たちは、固く、ご遠慮をお願い申し上げます(泣笑)

ちなみに、この路線を御利用なさって、品川御殿山、最寄り駅に行けます(爆)

梅屋敷駅ホームが短いため、斯様なステッカーが一部車両に貼られております。

しかし、まもなく、この事態は、解消されるらしいです。

佐幕派オンリーの車両もご用済みとなるのかも…

ただ、ステッカーが、ベリーーッと剥がされるだけですが(笑)
[PR]
by salieri777 | 2010-09-16 18:07 | 幕末つれづれ

多摩日野へめぐりツアー

ひさびさの多摩日野へめぐり。幕末センチメンタルジャーニーでござ〜る♪
週末の暑い盛りに、多摩日野に新選組関連の場所を訪れてみました。

f0182920_1423953.jpg

ご無沙汰しておりました・・・高幡不動さん。
f0182920_1423912.jpg

ここで、歓喜天の話を聞いたのですが・・・
アノ世界一珍名な菓子、「清浄歓喜団」(シンコーシュウキョウ団体ぢゃありません!)
あれは、歓喜天に捧げる菓子だったんですね。
 「清浄歓喜団」については、 コチラ(笑) 

f0182920_1423989.jpg

新選組6番隊組長 井上源三郎資料館です。
しっかり資料を守って下さったお陰で、我々も真実の一端を窺うことが出来ます。

井上家は、代々の八王子千人同心の家系でした。
八王子千人同心は、武田信玄の息女・松姫(信松尼)警護団体が母体になり、
徳川家サイドに召抱えられた旧・武田家臣によって構成された組織です。

リュー弾の「戦国」と「幕末」は、ここで繋がっております。056.gif

f0182920_1423977.jpg

日野の名主・佐藤彦五郎資料館。
掛け軸にしては、短い箱・・・と思って開けたら出てきた、「龍笛」
資料を調べて、土方歳三愛用の品と判明!、というのは少し前のトピックでしたが、
本物を見られたのは、やはり感慨深いです。
色白イケメンが横笛を吹く。どれだけ格好良かったんだ>新選組副長・土方歳三
056.gif

そして、文久元年に近藤勇さんが佐藤彦五郎に買って送った、短銃も展示されております。
「剣一辺倒と思われた、近藤勇さんの別の一面を示すもの」
そう、佐藤彦五郎御子孫の佐藤福子館長が語っておられました。
その、短銃の所持許可を受けるため、東京都に申請したら・・・
東京都の鑑定担当が、漫画家の松本零士先生だったそうです。・・・流石はガンマニア。
松本零士先生に、「新選組って、ご存じないでしょうね」、と言ったら、
『僕、大好きなんですよ!』と言われたとか(^^;)
福子館長は、沖田艦長をご存知なかったのかも(^^;;)
今年の彦五郎忌には、松本零士講演があります。

幕府方が破れ、敗軍となったあと、親族一同が手分けして、日誌や手紙類を持ち出し、
必死に守ったお話を伺うことが出来ました。全部燃やせ、という圧力があったとか。
逼迫した状況下で、ちゃんと守りぬいた気概を感じます。

大河ドラマ収録中のスタジオに行った話しも伺いました。
NHK側も、「どうせなら皆が集まっている時がいいでしょう」と
芹沢鴨暗殺前夜の祝宴シーンの時、訪問したそうです。
・・・しかし、山南敬助(やまなみけいすけ)を演じた堺雅人さんの話になると、
何故、皆、堺さんのモノマネ状態になるのでしょう(笑)
「多摩の人間は、山南さんのことを、親しみを込めて、
『さんなんさん、さんなんさん』、と呼んでいたんですよ、
と、言ったら、『存じております』(モノマネ)って。
「どれだけ俳優さんって、調べるのでしょうね」と関心されておりました。
貴重なお話、ありがとうございます。040.gif

f0182920_1423947.jpg

あ・・・暑さで、ボーッとして、日野宿本陣と、小島鹿之助資料館の写真撮り忘れてる(^^;)
最後の写真は、近藤勇と義兄弟の小島鹿之助さんの銅像です。
2階のガラスケースには、まだまだ眠れる資料がありそうで、いっそうの解明が待たれます。


夏真っ盛りの多摩は・・・
熱きこと 火にかけた鍋底の如し! にございました(*_*)
[PR]
by salieri777 | 2010-07-23 00:27 | 幕末つれづれ
青木嵩高(あおき むねたか)、現在、「龍馬伝」にて、後藤象二郎を怪演中!
ファンは、彼のことを 「ムネムネ」 と呼んでします。
(命名者は不明ですが、貫地谷しほりサンが、こう呼び、一般化しました)


さて・・・この意味不明な前置きは、さておき(笑)
岩崎弥太郎家の 「へそくりの壷」 に続き、新発見が報告されました。

坂本龍馬が、後藤象二郎に送った手紙の草案です。詳しくは コチラ
日付は、慶応四年10月13日。
大政奉還のまさしく、前の日です。
将軍が、大政奉還を受け入れなければ、海援隊を率いて挙兵する。
墓の下でお会いしましょう。と、情熱を込めて綴られています。

が・・・しかし。。。この書状が何故、「草案」と、なったのか。
坂本龍馬は、手紙の中で、後藤象二郎を 「先生」 と、書いているのですが。。。

なんと、 「生生」 と間違えております070.gif

これから、後藤象二郎を演ずる、青木嵩高さんを見るたびに、 「ナマナマ」 と、
心の中で呼んでしまいそうです(^^;;;)

[PR]
by salieri777 | 2010-06-16 21:26 | 幕末つれづれ
幕末宴会芸対決でございます。

宴会芸(・・・とは、言い切れない物も含めて)は、以下の種類に分けられると思います。

 1.溢れ迸る激情を表現するため。
 2.座を盛り上げるため。
 3.芸妓にモテたい・・・
 4.緊迫した状況を打開するため。

さて、今回取り上げた、大久保利通の「畳み回し」は、4番に当たります。
長州藩士との同席で、一触即発の状態のとき、大久保どんが見せたのが、
 秘技・畳回し(^^;)066.gif
  突然、座敷の畳をひっぺがして、掌でクルクル回し出しました。
まぁ、これで、一応、場は落ち着いた(?)ようです。

山岡鉄舟考案の「豪傑踊り」は、1番に当たります。
国の明日を憂う者は、逆に明日をも知れぬ身の上。
激情が暴発する場合も多々あります。
そこで、それら「激情」を、別な手段で発散させようと、
山岡鉄舟が考案した、「豪傑踊り」
下帯一丁で、ひたすら、乱舞(^^;)070.gif070.gif070.gif

前回の幕末大河「あんみつ姫」では、両方とも取り上げられませんでしたが
(当たり前だ!)
さて、今回・・・大久保の必殺・畳回しは見れるでしょうか?
山岡鉄舟考案の豪傑踊りは見られるでしょうか?


 ・・・けっして、期待しているわけではありませんよ(爆)  

[PR]
by salieri777 | 2010-04-26 16:55 | 幕末つれづれ
f0182920_176312.jpg「龍馬伝」とは、かけ離れたところで、幕末フェスティバルが続いております(^^;)幕末スキー(注;佐幕派)ですが、
勉強の足りないリュー弾にとって、手強い人が、山岡鉄舟です。
身長188cm超。
幕末のスカイツリー(^^;;)いや、明治期においてもスカイツリー(^^;;;)
しかし、一筋縄ではいかない人生を送っております。
前記事でご紹介させていただいた「南京かぼちゃ」のあだ名を持つ、身長154cmぐらい(^^;)の大鳥圭介は、分かりやすいと言えば、分かりやすい(笑) ← チョー失礼(^^;)



 「山岡鉄舟」
 小島英熙 著
 日本経済新聞社刊

(ただ今、絶版です)
この本を読めば、山岡鉄舟のことを
多少なりとも分かるかと思えば、人生は一応辿れますし、人となりも見えてきますが、
やっぱり分からない・・・としか言いようがありません。


幕臣ですが、尊皇攘夷派の人。清河八郎と尊皇攘夷の勉強会「虎尾の会」を発足。
尊皇攘夷運動に傾倒します。(しかし、幕府方尊攘派の水戸派とは一線を画しております)
英国通詞ヒュースケン暗殺は、虎尾の会メンバーの仕業です。
14代将軍家茂公上洛に合わせて、清河と共に、浪士隊を結成を画策。
京に着いたところで、いきなり、この浪士隊は尊王の尖兵であると宣言されて、
幕府は、慌てて江戸に戻るように浪士隊に指示を出します。(生麦事件関連鎮圧の名目)
この折り、「浪士隊」と袂を分かって京に残った一党が、「新選組」となります。

さて、上の一件で蟄居謹慎状態(^^;)
もともと剣を極め己が心を鍛錬するのを人生の目標としていますから、
剣術の修行に明け暮れていたのでしょう。
実際、この時期、山岡鉄舟が、どう動いていたかは今ひとつ謎です。

そうこうしているうちに(をいをい!)、戊辰戦争勃発。15代将軍慶喜公が、
松平容保公らを連れて、密かに大阪城を脱出、江戸へ戻り、幕府の趨勢は決まります。
この後、ひたすら恭順の道へと行くのですが。
寛永寺蟄居の慶喜公の下に、討幕軍が、駿府にまで来ている旨が伝わります。
狼狽した慶喜公は、近習の高橋泥舟(精一郎)に、
「自分が恭順を貫く方針を朝廷に奏して欲しい」と頼みます
しかし、いざ、高橋が駿府へ出向こうとすると、「伊勢(高橋)がいなくて、誰が余を守る?」
「余の意を伝えに行ける役目の者、余の傍に居て守る者、伊勢が二人いればなぁ」
この、慶喜公の嘆きに、高橋は義弟の山岡鉄太郎(鉄舟)を推挙します。
山岡は、慶喜公に召しだされ、ひたすら恭順の本意を示され、
その後、勝海舟と打ち合わせた後、一人で、駿府の本営に向かいます。
陣営にズカズカ入って行き、警護の兵士に誰何を受けると大音声で、

「朝敵 徳川慶喜が家臣、山岡鉄太郎、罷り通る!」(爆) 言っちゃたよぉ~ (゜∀゜;ノ)ノ ・・・まぁ、尊王派だからこそのこの発言か(^^;)
その迫力と「徳川慶喜」の名前に兵士は狼狽、山岡は西郷の陣所に辿りつきます。
ここで、西郷と江戸幕府側の話し合いの場が取られることになり、江戸無血開城へと、
歴史は動いていきます。


で、明治となり(はぁ~ざっくり)、元幕臣の山岡は、乞われて10年間だけ、という約束で、
宮内省の侍従となり、明治帝に仕えることになります。
尊王派の人ですから、この行動には甘利、矛盾は感じません。
明治帝とのエピソードをたっぷりと残し(^^;)約束の10年後に辞任。
 
一番有名なのは・・・頗る酒を徹飲し相撲好きの帝。侍従はほとほと困りかねていました。
  ある時、明治帝は、鉄舟に「山岡は撃剣をやるそうだな。相撲はどうだ」と挑みます。
  鉄舟はいなしますが、激怒した帝が拳を振るうやこれを取り押さえ、他の侍従は仰天!
  「臣下を無体に傷つける君主とさせる訳には参りません!」と言い切り、
  帝にも、深酒と趣味の相撲の自重を促します。そのまま屋敷に戻り、自主蟄居(^^;;)
  後日、帝から呼び出され、酒と相撲の件、了承したから
  引き続き出仕するよう鉄舟は、命を受けます。
  懲りたのか、明治帝、酒は口にしません。
  事件から、一ヵ月後、鉄舟は、明治帝に葡萄酒を1ダース献上して、
  それが帝の禁酒解禁となった、と言われております(^^;;;;)


こんな感じで(笑)侍従エピソードを残しつつ、お役目をきちんと果たすと同時に、
幕末時代そうであったように、道場主として、誰彼と無く弟子や訪問者(含む暗殺者)の
世話を道場で焼き続ける清貧の日々を送ります。
また、鉄舟の侍従時代に、江戸の趨勢を共に決めた、盟友・西郷が
下野する直前に、彼に会いに来ています。
その後も、何くれと無く、人の世話を焼きつつ、剣禅一如の大悟を得るまで修業を続け、
大悟を得ても修行を続けます。


叙勲を最初断り、死の一年前に爵位を得た時も
 「食うて寝て 働きもせぬご褒美に 蚊族(華族)となりて 又も血を吸う」
                          と詠んでおります。

 勝海舟が、自分が、「四尺」の小人物に見られるのは遺憾!とごねて、
  「子爵」から、「伯爵」にして貰ったのとは、好対照ですね~(^^;)


幕臣の中の尊皇攘夷派。明治近代化路線時代における剣禅一如の修業。
矛盾しているのか、山岡の中では一致を見ているのか・・・
後者(修行)は、時代に流されない彼の気風を見てとることも出来ますが。
私の中では、まだ「一如」の形をとっていない人物であります。


ただ、言えるのは、よく人物評価の論評の中で、「彼が戦国乱世に生きた人物なら」とか、
「彼が太平の世に生を受けていたら」という喩えが出てきます。
徳川慶喜は、幕末のあの時点での将軍でなければ、明晰な教養人だった彼のこと、
恐らく、江戸幕府歴代随一の名将軍と評されていたかも知れませんし、
松平忠輝は、乱世真っ只中の激しい戦場の時代なら、もっと輝けた人物かもしれません。

しかし、山岡鉄舟という人物は、どの時代に生きても、思想を変えず、
懐に飛び込んでくる人物(含む暗殺者 ^^;)の面倒を見まくり、功も名も欲しがらずに生きる人物の様に思えます。

[PR]
by salieri777 | 2010-04-07 10:38 | 幕末つれづれ

彦馬で龍馬を釣る(笑)

f0182920_17403545.jpg

のほほんめがね君の趣味の時間。 の木暮兼人サンから、
坂本龍馬年賀状セットを2セット戴きました(^^)

当家では、DVD、ビデオテープなどをお貸しする、TAKEDAの業務(?)を取り行っていますが、
「彦馬がゆく」をお借りになっている木暮さんが、「長く借りているから・・・」と、
気を使っていただき、送っていただいた物です。
彦馬で龍馬を釣ったと言えるでしょうか?(笑)

木暮さん、わざわざ有り難うございます♪070.gif
頂戴した年賀状セットは、遠慮なく使わせていただきます(^^)
TAKEDAでは、延滞料金は派生しないので、ごゆるりとお楽しみ下さい053.gif

[PR]
by salieri777 | 2009-11-28 17:59 | 幕末つれづれ
 本日2本目の記事ですの(^^)
現在、ドラマ「JIN - 仁 -」では、ウッチー龍馬がお茶の間を席捲しておりますが・・・
(あくまでも、リューザキ弾正感覚です ^^;)

こんな、ニュースがありました。
坂本龍馬が使っていた拳銃と「同型」の拳銃が押収された →Excite エキサイト : 社会ニュース

坂本龍馬が寺田屋事件で「使用した」銃ではなくて(^^;)
あくまで同年代に製造された同型ですよ~(一応強調)
でも、ただの押収品→廃棄処分から、博物館へ。
刀剣と同じく、古い銃も貴重な資料です。

あと、4日で、坂本龍馬の誕生日兼命日が訪れます。
あ、もちろん、中岡慎太郎の受難の日です。

さて、ウッチー龍馬が素晴らしすぎて、来年の人、大丈夫でしょうか・・・
と、心配にもなってきます(^^;)

[PR]
by salieri777 | 2009-11-11 18:17 | 幕末つれづれ
さて、既報の通り、大河ドラマ「龍馬伝」で、新キャストが発表されました♪
友人全員に驚きの(喜びの)矢文を連発していたら・・・
ほぼ全員から(笑)「もう、知っているよ~」と、歓喜の(え)返事が・・・( ̄∀ ̄)
 今更でしょうけど(笑)新キャストの陣容です♪主な人のみ、ざっくり紹介(^^;)

   谷原章介・・・桂小五郎053.gif   
  「Go Plain!」 のAkiさんが、ナルシストのコゴロウ、と評されていましたが、
     そのまま、桂ナルゴローで、呼び名決定!(笑)
     去年の、肝付オナゴローとは違う。
       ことを祈る(爆)
   
  生瀬勝久・・・吉田松陰 
     教育の流儀は?「敢えて言えば、自己流です」なショウインくん誕生!(喜)
   リリー・フランキー・・・河田小龍
     描く絵は、春画と「おでんクン」 教えはエロ。・・・ですかーーー(涙目)
   青木崇高・・・後藤象二郎
   底抜け象二郎と相成りました(^^)元・妻の千葉佐那(徒然亭若狭)との再会ある?

大河ドラマ・フリークとしては、出る作品、全て名作!の十割男・谷原先生のご出馬が、
た~い~へ~ん、心強い!
「小ざかしさを演じたら日本一」byミタニンを激賞された(^^;)伊東甲子太郎@「新選組!」
今川義元と言ったら、この人!とリュー弾♪に言わしめた(笑)ヨッシー@「風林火山」
期待が増しますね~

同じく、「組!」で印象的な仕事を成し遂げた、生瀬さん(ホイさんもスゴかったけど。。笑)
このドラマ関連で、主役の人のファンサイトを覗いたことがあるのですが、
佐藤浩市&生瀬さんの重要なシーンについて、皆で熱く討論してました(爆)
(あいどるのファンサイトって、こういうもんですかぁーーー ^^;;;)
た~だ~し・・・仏の茂助@「功名が辻」は、イマイチでしたが・・・(生瀬さんのせいではないけど)

そして、フォントを変えて、ご紹介の、徒然亭草々兄さんが、後藤象二郎!!
「天●人」にも、ネタとして、おとうと弟子とともに、出演を取りざたされていました。
 兄弟子・京極高次(初代・若狭国・小浜藩主)
 弟弟子、加藤虎ノ介の芸名から、そのまま加藤清正。
  (注:この方は、実は小西行長の子孫です。ある劇で虎を演じて、二人の関係が、
   あまりに愉快だったので、そのまま芸名にしたそうです>親族は許したの?)

   他の兄さん方、師匠(渡瀬恒彦師)のお運び、厚くお待ちしております♪056.gif

ところで。。。(-""-;)
どこでも大きく話題になっているのが・・・高杉晋作と中岡慎太郎の発表がなかったこと。
ま~さ~かぁ~!今年の前田慶次郎&最上義光みたいに・・・
 (二人とも、主役の重要なエピに出てくる重要人物)
「みなさん、の希望は多いのですが、敢えて登場させないことにしました」(爆)
 と、いうことは、ないですよね?>N●Kさん!(泣)

[PR]
by salieri777 | 2009-11-03 07:57 | 幕末つれづれ