「ほっ」と。キャンペーン

武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー

<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

皆様に報告!

春のへめぐり決定でございます♪

四月中旬、母・弾正とスチャラカ二人旅を敢行!!
・・・今年「天地人」が話題となる中・・・敢えて(^^;)甲斐國へいきまする☆

弾正の今までの旅は、行けども行けども、穴だらけ(爆)
去年の上越旅行では、春日山城跡に行っても三の丸をうっかりスルー(^^;)
一昨年の川中島では、うねうねとした地形に「きゃぁ☆」興奮して走り回ってたら、
帰りのバスの時間になってしまい(^^;;)信玄公謙信公の一騎打ちの像を・・・
見忘れました(-_- #)
しかも、大転倒して泥まみれ&枯れ草だらけの姿になって帰りました(;_ ;)

しかし、今回は、そんなどぢは踏みません!(宣言)
一泊二日、有意義な旅行をする予定です!!(あくまで希望^^;)

・・・の予定でしたが、変更になりました(^^;;)
甲斐一泊旅行が、一身上の都合で、高遠日帰り旅行となります(-_-;)
理由は聞かないでね(爆)←わはははは~(^^;;)
[PR]
by salieri777 | 2009-02-25 21:06 | 徒然なるままに一言
「その日は激しい雨が降っておりました・・・  
どんど腫れ♪」(爆)


ま、まさかの民話テイストでございました、手取り川の戦い(-_-;)
今週のシーンのあらかたは、スタジオ見学で見ておりました。
(注:女性陣登場シーンと軍議のシーンは除く)
あっさりとした手取り川の戦いになると思うておりましたが、ざっくりとしてましたね(^^;)
初音、確か兼続が営倉に居る時、「織田が勝つ」と言ってましたけど。
この予測のハズレは何の意味が??
そして、またもやアノ演出・・・v(戦慄)v
なんだか、「演歌の花道」みたいでしたよねー(^^;)
いや~、でも、なんだか安心しましたよ~(え?)
多分、関ヶ原も、ああいう感じに、合戦シーン自体は石田三成PVテイストで行くのでしょう。

あ~、良かった、良かった。兼続は、東北で初音から三成敗北の知らせを聞くのね(爆)

私は、てっきり、兼続が「愛」の兜をかぶって、松尾山に現れ、「三成殿にお味方せよ!」と
小早川と一戦やらかすのでは・・・と、驚愕の顛末を想像していましたもん(苦笑)

今回のクライマックスは、笑顔の景勝サマ☆
結局、わんこが間近にいると癒されるのね。あの笑顔のためなら、わんこを我慢してもいい!(笑)

さて、義を掲げ、ぎりぎり間に合って(?)兼続に義を「ちょっぴり」説いたみたいな(^^;)謙信公も命あとわずか・・・(涙)
いよいよ待ちに待った、御館の乱と相成りまする(溜息)
[PR]
by salieri777 | 2009-02-23 01:53
ぬぉぉぉ~(武田名物・顔芸付き^^;)
お家騒動ぢゃとぉぉぉ~!

・・・だから、違いますよ、御屋形サマ(^^;;)

かねてより、ちょっと書いておりましたが、弾正の領地内で住居の変更の概要が決まりました。
弾正は、今、母・弾正が住まいし、本丸御殿に戻るのかと思っていたら・・・
「誰が何処に住むか、わしの胸先三寸ぢゃぁ!」
と、トップダウンの命令が下りまして、否応なしに(-_-)以下のように決まりました。v(^^)v

現在・・・
 本丸御殿 母・弾正
 西の丸 リューザキ弾正
 江戸出城 兄夫婦

これが↑このように↓・・・
 本丸御殿 母・弾正&兄夫婦
 旧・本丸御殿及び西の丸、廃城・更地にして領地返上
 江戸出城 同じく廃城・放棄
 三の丸 リューザキ弾正
   
    と、相成りまする(^^)

お引越しは、五月を目処にいたします♪
あ~、大量の粗大ゴミ・・・どうしよう (←現在の頭痛の種です^^;)
[PR]
by salieri777 | 2009-02-21 19:56 | 徒然なるままに一言
今年1番のドラマです!
 まだ、2月だけど(^^;)

NHKドラマ「お買い物」(2月14日放送)
このような良いドラマが、ひっそりと放送されました(泣)
ドラマ「白洲次郎」のゴタゴタのせいで、その隙間を埋めるが如く密やかに・・・(残念)
しかし、それもまたこの佳品には似つかわしく思えてしまいます。

福島県のとある農村。お爺さんとお婆さんがつつましく暮らしております。
日がな一日座ってテレビを見ているお爺さん。
その世話をしているお婆さん。会話は忘却の応酬(^^;)
「あれ、なんだっけ?」
思い出せない知人の消息は「死んだ」で済ませております(^^;;)
さて、その日常に異変が!
お爺さんの元に一通のダイレクトメール。中古カメラの展示即売会のおしらせ。
二人の生活が変わります。
お爺さん、「行きたい・・・」お爺さん、実は昔はカメラ・マニアでした。
お婆さん「でも、渋谷ですよ」
今まで動かざること山の如しだった(^^;)お爺さん、突然散歩を始めます。
ゼイゼイ言って振り返ると、悲しいことに縁側で見守るお婆さんとの距離わずか。
しかし、めげずに、お爺さん、毎日散歩を遂行。

やがて、お爺さんお婆さん、そして孫娘を巻き込んでの東京大冒険の2日間が始まる!

「ありふれた日常」がとても丁寧に描写されておりました。
老人ライフのまっただなかにいる我が家では身につまされつつ、大爆笑いたしました。
「あれ」「それ」で済ませられる会話。忘却で打ち切られる話題。
でも、悲惨でも哀れでもなく、ごくふつうの穏やかな生活。

そして二人の冒険。
お爺さんの秘めたカメラへの思い。
お婆さんの、かつて東京のレストラン「ジローナ」で食べたラザニアの思い出。
でも本当に大切な物は、その思い出を共有している時間だったりしている。
ファインダー越しに覗いた家族の姿がお爺さんにとっての宝物だった。
「ジローナ」のラザニア(本当はあまり美味くないらしい^^;)をお爺さんと食べた時間がお婆さんの宝物だった。
そんなささやかな幸せの記憶を久し振りに会った孫娘とも共有したりする。

特に大どんでん返しも、劇的変化もないけど、
なんてことのない日常に潜む幸せを教えてくれたドラマでした(^^)

  ドラマ「お買い物」
   脚本:前田司郎
   監督:中島由貴
   出演:久米明、渡辺美佐子、市川美日子、他
   製作統括:遠藤理史
[PR]
by salieri777 | 2009-02-18 17:22
ぬぉぉぉ~!(武田家直伝の顔芸付き^^;)
「もう泣きませぬ」byわんこ・・・だと!(驚)

 ↑こんなことぐらいで喜んでおります、はい(-_-;)

次週から、きっと大人になったわんこが、謙信公から薫陶を受け、
景勝サマの良き家臣となって、活躍する・・・展開になるでしょうか?(^^;)
しかし、上記のわんこのセリフが長かった序章の終焉となる兆しとなれば、重畳♪
この「序章」が、「新選組!」の多摩編や「風林火山」の勘助放浪編のように評価を受けることは、
ないでしょうけど(爆)

さて、本編。相変わらず敵の存在が微塵も感じられません(-_-#)
越中で誰と戦っていることやら・・・で、空気のような北条軍の攻撃の知らせが届く上杉軍
攻めるか引き返すか・・・景虎クン、君が意見を言うのはビミョーぢゃないの??
北条からの人質だった、君が北条の攻撃に晒されている(らしい)越後勢を放っておく発言は、
いかがなものか・・・もう、養子になって、華姫と結婚して息子がいるから万事OKなのかな?
北条(きたじょう)さんがウロチョロしているのもオカシイらしいですけど(^^;)
これは、「風林火山」で原美濃守が晴信サマと喧嘩して出奔→小田原北条家に厄介になる、
というエピソードを省略して、仲良く出家に持っていったようなものかな??

さて、賛否両論のアレらの演出・・・(^^;)
実は、この方の演出の「秘太刀・馬の骨」好きでした(激白)
トンデモな演出も、あのドラマには合っていたと思いますし、演じていた主役の内野聖陽さんの
洒脱な演技にとてもマッチしてました。

しか~し!今回、肝心のドラマ部分が空虚ですので、完全に空振りしてます。
それに、いまいち、遠慮があるのか、中途半端な印象も受けます。
いかんせん、結果出来上がった物が、昭和な感じのする古臭いものになってしまってます。

演出の新機軸を考えるよりも、ドラマを充実させることを考えて欲しいなあと思います。
[PR]
by salieri777 | 2009-02-16 16:15
f0182920_16195253.jpg

恵比寿の Le Bistro で、ランチをいただきました♪
ここの名物は三種類の豚をかけ合わせたブランド・ポークのローストでございます。
その名も「ルイヴィ豚」(^^;)
え~と、三種類の豚の頭文字が「L」「I」「V」で、「ルイヴィ豚」(るいヴぃとん)にした、
とのことでしたかしら?(←基本、食べると忘れるタイプ^^;)
同行した母・弾正が、「ひさしぶりに、肉の塊食ったぁ~」と申しておりました(^^;)
母よ~、すみませぬ!いつも薄っぺらい肉で・・・(-_-;)
f0182920_162094.jpg

誰ですか?共食いと言っているのは?(爆)
[PR]
by salieri777 | 2009-02-14 16:31 | 美味しいものにほっこり
長らく、序章が続いております・・・(^^;)皆様、如何お過ごしでしょうか?

さて、わんこもいよいよ初陣。役に立たないはもとより(^^;)足手まといは必定(^^;;)
しかし、一緒の上田衆も「わ~!蜘蛛っ!」「きゃあ~、蛇ぃ~~」と言った状態(-_-;)
懐かしい、ドリフのコントかと思いました・・・と思ったら、
・・・何?あの展開(泣笑)、ステージ変わって(?)ピンスポット・ライト・・・
そのピンスポの中で、対峙する、兼続と若侍!
母・弾正とひっくり返って大笑いしました(←リアクションの濃い武田方^^;)

さて、敵を殺せなかった兼続。それだけでも、うっとおしいのに、(言っちゃった)
景虎殿の部下ともめて、陣中で刀を抜く、浅はかさ(-_-#)
それをやれば、景勝サマが困ったことになるのがわからないのぉぉぉぉ!
しかも、確か、十五分前には「(敵にも)家族がいると・・・」と言っておきながら、
刈安兵庫の家族はどうでもいいのぉぉぉ!(誤爆)

さて、細かいツッコミのあとは、さらに細かいツッコミを(^^;)
秀吉、最初から勝家軍から離脱しちゃった・・・
確か、勝家軍に加わって、喧嘩して離脱。勝手に長浜城に帰って、信長にとても怒られる、
いわば、信長家中でイケイケの勢いだった秀吉が調子に乗りすぎて、
信長からガツンとやられた出来事だったはずですが・・・

上杉軍の陣中に不可思議な物が・・・兼続が討てなかった若侍の遺体。
あの、敵兵が何故、あのような状態で??筵かぶせられ、兜も脱がせてもらって・・・
上杉軍の陣中処理は、混乱中??
しかも、兼続に彼の持ち物である、母の櫛を握らせてもらって・・・
死後硬直しないんですか、ささの翔太クンは!(誤爆)

それにもまして、上杉軍は、一体誰と戦っているのですかぁ???
右を見ても左を見ても、織田軍の旗指物の兵ばかりですが・・・
越中の情勢や如何に!(泣笑)

それにしても・・・・
景勝サマの夜空を見上げる瞳の美しさよ・・・
このドラマは、数々の困難にまみれながらも、近習が足手まといになろうとも(^^;)
明日を目指す、景勝クンの苦闘の歴史を描くものと看破いたしました(涙)

もしくは、刈安兵庫が天下を獲るドラマとか?・・・(爆)
[PR]
by salieri777 | 2009-02-10 21:37
きのうは、節分でした。
豆をまいた人、鬼の役で逃げ回った方、「鬼になる」予定の方(推測^^;)
いかがお過ごしになられたでしょうか?
当家では、決まった行事は、ありませんが、我が叔父・高坂M明から、太巻きの献上があり、
テーブル・セッティンをして美味しく頂きました(^^)f0182920_2152236.jpg

左側の馬上杯(笑)も、叔父の
北欧出兵の折りの土産品にございます(^^)

さて、下の記事にあるように、夜は落語会へ♪そこで、豆まきが行われました。f0182920_21533937.jpg

出待ちをして、高座扇子にサインして頂きました♪
丸っこくて、かわいいサインの吉弥さん☆
f0182920_2154521.jpg

我が友人が、豆をget!
この友人、狭き門だった、ちりとてちん扇子にも当選した
黄金の腕を持つ人でございます
(^^)
[PR]
by salieri777 | 2009-02-04 22:08 | 徒然なるままに一言
2月3日、横浜にぎわい座での 「桂吉弥独演会」に行ってまいりました!
 お題は、以下の通りです。
f0182920_13521461.jpg

 あちこちで噂の、吉の丞さんの「動物園」聞けました(^^)
 吉弥さん、最初は、「七段目」 芝居噺は歌舞伎ファンの私には堪らんですねぇ♪
 米朝一門、五代目桂米團冶さんの襲名口上の楽屋話ネタも笑えました。
 紅雀さんは、「向こう付け」で、勝負!賑やかで明るい芸風の噺家さんです。
 吉弥さん&吉の丞さんは、桂吉朝師匠の弟子。
 紅雀さんは、桂枝雀師匠の弟子。この師匠方、米朝一門の2トップでしたが、
 惜しくもお二方、鬼籍に入られてしまいました。
 でも、それぞれの芸風をちゃんと受け継いでいるお弟子さんが活躍していて、
 頼もしいです(^^)
 吉弥さんの、爆笑の「不動坊」の後、中入り、
 大トリで吉弥さんの「くしゃみ講釈」 場内、沸騰しました!
 講釈を語る吉弥さん。大阪の陣のくだりで、くしゃみ連続。
 今年の大河で、大阪の陣のシーンになったら、思わず笑ってしまいそう。
  本多忠勝が出てこようものなら、涙目になりそう(^^;)

さて、大トリが終わって・・・幕が下りるはずでしたが、下りない。
「ん?」と思っていると、吉弥さんから 「今日は節分ですので、豆まきをさせていただきます」
はい、会場ヒートアップ! 私はget 出来ませんでしたが、連れの友人が目出度く get♪
二人で喜んで、私も一緒に福を貰えた気分です(^^)

f0182920_13532999.jpg

この後ろ姿にピンと来たら、
110番・・・ぢゃなくて、お気軽にお声をおかけ下さい(^^)

公の場に出る時は、帽子をかぶってますが・・・
  決してハゲてるわけではありませぬ!(爆)
[PR]
by salieri777 | 2009-02-04 14:22 | 徒然なるままに一言
近江の空模様が怪しい(@_@)と思っていたら、浅間山が噴火しました!
今朝、我が城の大手門のドアノブに(^^;)うっすら、灰が積もっていました(-_-;)


さて、「信長に会ってみた~い♪」とリードを食いちぎって駆け出した、わんこ。
信長に、ご対面。信長様、一般庶民に「石山本願寺を攻めようと思うんだけど」と意識リサーチ。
ところが、全否定されて、プチ逆ギレ(笑)「あの者の首を謙信に送りつけてやれ。宣戦布告ぢゃ」

あの・・・器が小さくありませんか?(爆)
破竹の勢いの信長に恐れもせずに正論をぶつけてくる若者に、
信長が「面白い」と笑い飛ばしてみせれば、天下人候補の信長の懐の深さと
それに感銘して「(乱世を収めるのには)こういう生き方もアリかも」
と謙信たちに言うシーンに繋がったと思うのですが・・・
兼続に対して「面白い」と言うのは、謙信公の特権なのでしょうか(汗)
いえ、「尾も白い」(爆)と、わんこに言っているだけなのでしょうか(^^;)

しかも、信長。暗殺失敗してるし(笑)・・・ここいらへんのツメの甘さが本能寺に?
まぁ、これらは、兼続に石田佐吉と会わせるために無理矢理作ったエピソードでしょうね。

で、くだんの春日山城の酒盛りのシーンで景虎サマが叱責をしますが・・・
「御屋形サマの教えを何と心得る!」
す~み~ま~せ~ん!こちとら、何も教わっていないんですけど・・・(汗)
謙信公が兄との戦の記憶について語るシーンは、とても良かったので、
つまらぬエピソードを作るよりは、日頃、このように謙信が3人に「義」について、
教え諭すシーンを盛り込んでいただきたいですね(-_-)

今回の、目玉・・・長篠の合戦!
いえ、今回あまり重要でないんですけど(こらこらこら!)
初の実写合戦シーン(笑)でも、なんだか、ノブナガのPVみたいなんですけど(^^;)
コレ、今回撮影したものですか?それとも「功名が辻」みたいに
「葵 徳川三代」の合戦シーンの使いまわしでしょうか?
信玄公亡き後(号泣)凋落の兆しが見えていた武田家の敗北・・・
戦国時代のひとつの転換期です。

この、長篠の合戦では、馬場信春様、お討ち死に!!(号泣)
あと、真田ブラザーズ(幸隆の長男・次男)も討ち死に!
男子二人を一気に失った真田家は、他家に養子に出していた、
三男(昌幸)を呼び戻し、真田家を継がせることになります。
あの忍者(笑)、一体いつの子どもなんでしょう?
で、なんで信長の側に潜入しているのでしょう(苦笑)

そういえば、道満丸、いつのまにか・・・懐妊・出産を経ずして登場!(爆)
華姫の懐妊・男子誕生って、その後の上杉家にとって重要な出来事ではなかったのですか?
景勝サマにとっても、いろいろな意味で・・・
大切な出来事でないならなおのこと、「華姫ご懐妊」「ふ~ん」な上杉家中の雰囲気を
しめして、景虎サマの微妙な立場を表して欲しかったです。
無駄なエピソードに(言っちゃた)時間をかけるより、こういう部分を丁寧に描いて欲しかったです。

今の所、重臣たちが出てくるのは、あまり重要でないことを話し合う軍議(^^;)と、
どじょっこ踊りの出てくる宴会のみ、のような気がするのですが・・・
もっと、上杉家臣団のドラマが見たいです!
初恋はいいから・・・(笑) そういえば、このエピは強制終了ですか?
それから、比叡山焼き討ちとか、そういう信長残酷ニュースに接した上杉家臣団が、
どのように、驚き、怒ったかを示してくれていれば、満を持して動いた景勝サマの訴え、
「義は上杉にあり 信長討つべし!」の説得に重みが増したと思うのですけど。

すみません、一番の見せ場に至る、景勝@縁側のシーン。うたた寝かと思っていました(陳謝)
景勝サマ謙信公に、思いを吐露!景勝サマが2行以上のセリフを!(感涙)
     (いや、感激するところを間違えていますね^^;)
寡黙な若殿が、必死の言上(感激) で、謙信公立つかと思いきや、
決心をしたのは、それから一ヵ月後・・・まぁ、いいですけど

そして、来週いよいよ手取り川の合戦へ。
と思うたら、またショボイ(^^;)エピソード登場のようです(-_-#)

大河ドラマ視聴完走に、また難敵がっ!(爆)
[PR]
by salieri777 | 2009-02-02 11:23