「ほっ」と。キャンペーン

武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー

<   2010年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

信玄公「そ~な~た~と~い~う~も~の~は~!」
リュー弾♪「(泣いて平伏)御屋形様ぁぁぁぁーーーー!」
信玄公「だ~か~ら~、壱学期の終業式の折りに、
 宿題は、毎日少しずつ取りかかるように、申したであろう!(怒)」
リュー弾♪「うわーーーーん!(涙)」
信玄公「歌舞音曲にうつつをぬかしておるから斯様な仕儀になるのぢゃ!」
リュー弾♪「弐学期が始まりまする!どうしましょう(泣)」


信玄公「(溜息)斯様なことであろうと、重臣を呼び寄せてある」
リュー弾♪「お、御屋形様ぁぁぁーーー!(感涙)」
駒井ドノ「毎年、毎年・・・斯様な御処置、正しきものかは分かりませぬが・・・」
信玄公「そら、駒井の日記ぢゃ。写すが良い」
小山田ドノ「・・・ふっ(冷笑)」
信玄公「小山田の和算ドリル、写すが良い」
馬場ミンブー「それがしのヘチマ観察日記、役に立てば重畳!」
信玄公「飯富、漢字書き取り部門を頼む」
オブさん「承知」

勘助ドノ「お~や~か~た~さ~ま~!甘すぎます!
 かかる仕儀、当人のためになるとは思えません!」

信玄公「・・・確かに、もし今年が永禄4年なら、茶臼山の陣を払い、
海津城に兵を入れたりと、忙しい時期ぢゃ!・・・が、夏休みの宿題は詭道也!」

勘助ドノ「(溜息)それがしの、山城ジオラマ、工作の宿題として提出されるが良い」

リュー弾♪「皆々様、まことにありがとうございます」 m(_ _)m

みなさ~ん、夏休みの宿題は、自分でちゃんと、
計画的にやりとげましょうね~(^^;;)

[PR]
by salieri777 | 2010-08-31 07:39 | 武田軍劇場(笑)
過日、佐竹軍の関東出兵の折りに、御大将自ら御持参していただいたものですemoticon-0152-heart.gif


f0182920_2191975.jpg


秋田県鹿角産 「淡雪こまち(玄米)」 にございます(^^)
炊いてほっくほくを頂くのが今から楽しみです(^^)

おかずは・・・今、話題(?)の、毛利秀元由来の鮭の切り身がいいでしょうか(笑)emoticon-0155-flower.gif

幕末、長州藩士で、芸妓を碁盤の上に載せて持ち上げる宴会芸を
披露した方がいましたが・・・(^^;;)
それ、元ネタ(・・・というか、この場合?)、毛利秀元ですよーーー!(爆笑)


「己鏡」 のびびんばサン、武田軍への補給米、有難うございまするm(_ _)memoticon-0139-bow.gifemoticon-0139-bow.gifemoticon-0139-bow.gif
[PR]
by salieri777 | 2010-08-30 21:16 | 美味しいものにほっこり
このような日が、まさか、来ようとは!

龍馬伝 第35話「薩長同盟ぜよ」

下記事で、薩長同盟が30%で、弥太郎拷問&お解き放ちが70%だったら、どうしよう。

・・・そう、心配していたら、弥太郎パート70%ではなかったけど、


ホントに、薩長同盟パート、30%だったよーーーー
 (´・ω・`) ショボン


しかも、最終回出現予想を覆して登場した、京都見廻り組。。。(゜∀゜;ノ)ノ

なんですか、あの頭悪い不逞武士集団は・・・((゜д゜;)))

新選組と見廻り組は、ちゃんと、持ち回りエリアが分かれていたし、

だいたい、ま、確かに怪しすぎる鳥篭おじさんだったにしろ(笑)

土佐藩士(地下浪人とはいえ)を拷問かけちゃ、マズイよ。。。(´・ω・`)

で、なんだか、泰造局長が、「鬼になりもす」になっていたけど(笑)

えぇ~と、出てきた、見廻り組の方々・・・佐々木さんと、他だれだったんでしょう。

弥太郎が、拷問終了した後に、このドラマ恒例の(^^;)自白!

第4部へ向けて、伏線を張りたかったんでしょうけど、世界地図に、

赤ペンで、線を書いて、これが、赤道というがか!みたいな、伏線でした。

いきなり、お龍、フォーリンラブパートも盛り込んで。。。はいはい(^^;)

それにしても・・・温厚篤実人格者の会津中将容保公の後藤キックは見たくなかった(;_;)

演じたアノ人は、「義経」の時の義経下僕の村の男Aだったっけ。

そういえば、薩摩藩家老小松さんも、空気扱いだったな・・・

今回は・・・天なんとかを下回った歴史的な回でごわんど。。。ヽ( ̄- ̄ )ノ

[PR]
by salieri777 | 2010-08-29 23:13 | のほほんとブツクサ(^^;)
リョ~マくん、あ~そ~び~ま~しょ~♪

ボクだよ、ボク(^_^)龍馬伝における暗殺実行犯は・・・

ボクだよ、ボク(^_^)ずっと・・ともだちになりたかったんだ。

でも、リョーマくん、ボクを仲間はずれにした・・・・バッハハ~イ(⌒0⌒)/~~


いや、金曜日、最後の一時間ほど、映画「20世紀少年~最終章~」を見ました。

それで、ヒラメキました(笑)

「風林火山」人事で、この人もまた、出てないな、と。

龍馬暗殺実行犯・佐々木只三郎役で・・・佐々木蔵之介さん出演!とか(妄想です) 


鈴木P 「ずっと、どなたに我々のソウルメイト・フクヤマ君を斬ってもらおうかと悩んでいたのですが、

あの龍馬暗殺の実行犯ですよ!!生半可な役者さんには斬れませんよっ!(鼻息)

たまたま、金曜日に「20世紀少年」を見て、この方に頼もうと!(こんな感じかよっ)

もう、これは、奇跡の天啓ではないでしょうか?

人気、実績、演技力、話題性申し分ありませんよね(どや)」

(あの~、妄想ですよーーーー!)

ま、確かに(確かにって・・・笑)、数多く出ている「風林火山」組の中で、

今井朋彦さんとともに、この人も、まだ出ていなかった!(^^;)

というか・・・組織構成メンバー幹部3人だけの新選組も問題だけど・・・

ちゃんと、京都見廻り組を出しましょうよ。どうせ、最終回にとってつけたように

出てきちゃったりするんでしょうけど ヽ( ̄- ̄ )ノ

明日の「頓馬伝」・・・薩長同盟シーン30%で、

弥太郎拷問&お解き放ち関連シーン70%だったりしたら・・・(゜∀゜;ノ)ノ


だって・・・残り十数話の段階で・・・お龍との結婚と、
霧島新婚旅行に二話も割くんですよ!
やめなはれ!フクちゃん、恋愛噺は・・・鬼門でしょ!

[PR]
by salieri777 | 2010-08-28 20:29 | のほほんとブツクサ(^^;)
戦国武将好きです、本とか持ってます♪
やっぱり、真田幸村が好きです、その生き様、カッコいいですよね
emoticon-0152-heart.gif

この言葉をお聞きになって、(「チッ!史実には「幸村」なんていないよっ!)emoticon-0146-punch.gif
と、心の中で密かにお思いになる同士の皆様、こんんちは!(笑)

相手が、これから自分も、もっと武将について調べて行きたい!

そのような意気込みが、感じられると、「幸村は本当は、真田信繁と言うんですよ」と、

お節介に説明したりします。滅多にありませんが・・・ヽ( ̄- ̄ )ノ


真田昌幸が次男誕生の折り、その子に、

兄・信玄公の右腕となって支えた弟君・信繁公の様になって欲しいから名付けた説を、

説明して、感動されたりすると・・・やっぱり、嬉しい気持ちが起こらない訳はありません。

ま、もっとも真田信繁の生き様は、そうはならなかったのですけどね(^^;)


さて、真田幸村。「幸」は、真田家とその本流の海野家由縁の、諱です。

しかし、真田昌幸次男の名前は史料によれば、「真田信繁」です。

同時代の史料には、「真田幸村」の前は名前はありません。

何処から「幸村」の名前が出てきたか・・・諸説ありますが。

江戸から派生した、真田十勇士の伝説と共に「幸村」はいます。


さて、武田家の歴史等を書いた、「甲陽軍鑑」には、武田家の家臣・山本勘助が出てきます。

しかし、他の同時代史料には、その名前はなく、やがて架空の英雄だったとの説が主流となります。

海音寺潮五郎作「天と地と」では、小説の冒頭に、

「山本勘助、いなかった説で行きま~す」と明記され、伝説の軍師・山本勘助は登場しません。

ところが、大河ドラマになった折り、信濃から北海道に移住された、市河家から、

市河氏宛の武田信玄の書状と、それを持参した使者・山本官助の名が明記されたものが発見!

一時、架空の人物・伝説の物語だけの登場人物扱いだったのが、実在説が浮かび上がります。

そして、去年のアレの放映中に群馬県の旧家・真下家の倉から、信玄公書状が発見!

その中には、山本官助に小山田信有を見舞うよう命じた書状も出てきます。

武田家の家臣に、確かに「ヤマモトカンスケ」なる人物がいて、

その、ヤマモトカンスケは、下っ端ではなく、使者や、重臣の見舞いを命ぜられる位の

人物であったことが、窺われれます。


そして、最初に戻るのですが・・・武田家の家臣・山本勘助が・・・と話して、

チッ!ナニあやふやな甲陽軍鑑の呼び名使っているのぉ?

戦国スキーなら、ちゃんと「山本官助」とか、「山本官介」という史料の名を使えよっ!(苛立ち)

な~んて、ことになるのでしょうか(笑)


それは、それで、ウキウキするなぁ~(///∇//)emoticon-0155-flower.gif
[PR]
by salieri777 | 2010-08-28 09:13 | 戦国つれづれ
心はすっかり、2012年です(笑)

さて、昨日は、大河ドラマ「平清盛」の時代の範疇に入ってくる、崇徳院の命日だったとか。

崇徳院についての説明は、wikiでどうぞ(リンクも貼らずに/貼れずに、丸投げかよっ!) 

大河ドラマ「平清盛」が、どう描かれるのか、今は妄想の段階でしかないのですが、

白河天皇→鳥羽上皇→崇徳天皇→近衛天皇→後白河天皇 の括りでいけば、

素通りはしないと思うのですが(^^;) 保元の乱の発起人(?)ですし。

  注;保元の乱は、崇徳派と後白河派の権力争い

崇徳天皇は、鳥羽天皇の第一皇子。フツーなら順当な皇位継承者な訳ですが・・・

崇徳院の母は、祖父・白河天皇が寵愛した女性を鳥羽帝に譲り渡した経緯があります。

鳥羽天皇、崇徳院の父は祖父の白河天皇の子ではないかと疑念を持ちます。

ここで、確執が産み出され、鳥羽上皇の死のあと、権力争いが勃発するわけです。

ここいらの、ドロドロの人間模様もしっかり描けば、見応えのあるセクションになると思います。

し~か~も、崇徳院と言えば、あの名高い、

  「瀬を早み 岩にせかるる 滝川の
       われても末に あはむとぞ思ふ 」 と詠んだ歌があります。

朝ドラ「ちりとてちん」でも登場した、落語「崇徳院」の起源であります。

「ちりとてちん」の脚本を書かれた方が、このドストライクな題材をスルーするとは、

まったく思えないのですが・・・

このところ、大胆に(苦笑)史実の重要人物が省略(^^;)されちゃう傾向がある大河ドラマ。

史実スキーにとっても、ドラマスキーにとっても、心から堪能できる大河ドラマに・・・

 会わんとぞ、願う!(切実)

[PR]
by salieri777 | 2010-08-27 00:12 | ニホンのレキシ♪
イタリア語は、詳しくありませんが(他の言語なら詳しいと言う訳でもありません。笑)

ラ・トラヴィアータは、「道を踏み外した女」と言う意味だったと思います。

デュマ・フィス作の「椿姫」を、ベルディがオペラ化した時のタイトルが、

「ラ・トラヴィアータ」

日本では、両方とも、「椿姫」と表記されますが。

で・・・何をやらかしたかと言うと・・・佐竹軍の退き陣を見届けた後、
入荷の連絡があって・・・・


f0182920_83240.jpg
これを密かに購入(密かになっていない。。。笑)
必殺仕置屋稼業の市松です。
必殺史上最強の殺し屋と主張される方の多い、市松。
故・沖雅也氏の一番美麗な頃だったでしょう。

収録された第2話も傑作でした。
同じく殺し屋だった市松の父の死の因縁にまつわる話。
もう一話が似た話なのが残念。
出来れば最終回の大傑作、
「一筆啓上 崩壊が見えた」を収録してほしかった(煩悩)


中村主水たちとは、一線を画した存在である市松。
殺し屋としての矜持も主水たちとは、だいぶ違う。
時には、金を受け取らずに殺しをする。
それは、彼が生粋の殺し屋だから。
しかし、クールな殺人マシーンのようで、一番情が濃い、奥深いキャラ。
主水グループの仕置に参加したり、降りる旨を表明したかと思うと助勢したり。
主水たちに完全に心を許していないものの、一目は置いている。
それは、中村主水も同様ですが。この二人の距離感と緊張感は格別でした。
それは、最終回まで変らず、それが崩壊の原因ともなるのですが・・・


とにかく、美麗!耽美!

のちに、京本政樹氏が、飾り紐の竜を演じた時、
「ほとんど市松さんから何もかも盗んだ」と公言しておりましたが、
撮影スタッフも、竜を撮る時、「市松を三割入れる気分」で作り上げていたとか。


常に美しく孤高の殺し屋である市松。
主水シリーズ第1弾の「必殺仕置人」の棺桶の錠のワイルドさとは別人です。
 


f0182920_824522.jpg
コチラに「仕置人」第一話(大傑作)が収録されておりますが、
この時の、モチモチっとしたやんちゃな棺桶の錠と見比べると、
市松という存在の特殊性、必殺史上の孤高の存在が際立ちます。
棺桶の錠も沖さんの身体能力の高さを生かした、
勢いのある魅力的な仕置人でした。




「必殺仕置屋稼業」は、中村主水編の第3弾なのですが、
今、世に知られている中村主水(とその家族)は、このシリーズで、
キャラクターや設定が確立されております。
姑せんと嫁りつのパートがコメディーパートとして落ち着き、
それが、裏稼業のセクションとのコントラストを際立たせておりました。

また、必殺シリーズの歴史の中で、一番秀逸なオープニングを持つ作品でもあります。
これまで、キャストのモノトーン写真&江戸の処刑図地獄絵を交互に見せる映像から、
今作の各キャストが現代の街に、もし現代人だったら・・・という出で立ちに、
モノトーン写真にナレーションをかぶせるという、当時としては斬新なオープニングでした。
これが、堺雅人主演「ジョーカー」へと繋がる・・・訳ではありません(笑)

今収録作には、必殺シリーズ史上、最多の頼み人(笑)である、
今出川西紀さんが出ておられますが(「必殺仕置人」第1話の頼み人も今出川さん)
彼女が自ら命を絶って果てたその無常の姿は、
「必殺仕事人2009」で、亀治郎さんが見せた無念の死に様であり、
大河原クン(福士正治)の最期の姿でもあります。
こうして、脈々と、必殺の歴史は受け継がれていくのだな・・・とも感じました。
emoticon-0171-star.gif

ちなみに・・・「妄想大河」さんの記事にある、
「やめてとめてやめてとめて」の元ネタは、(多分)これです(笑)
必殺シリーズ、もっとも可笑しな殺し技が出てくる物でもあります(^^;)
emoticon-0169-dance.gif

悪役の津川雅彦さんのサイコっぷりも見どころの、このディスクの収録話(感涙)
津川さん、最強すぎる!(爆笑)
改めて、メインだけを輝かせるのではなく、相手役の名演(怪演)があればこそ、
傑作ドラマは誕生するのだと再認識させられました。
emoticon-0134-bear.gif
[PR]
by salieri777 | 2010-08-26 07:51 | ドラマでほっこり
f0182920_21463439.jpg


激戦の翌日・・・引き続き、 「己鏡」の びびんばサンと、

六本木ヒルズの毛利庭園をまったり、散策emoticon-0157-sun.gif

毛利秀元と言えば・・・やはり、鮭弁当(爆)

池には、トンボが飛んでおりました(^^)

びびんばサンと 「い~た~が~きーーー!(顔芸付き)」と叫びました。

よくみると、板垣は、池の水面で、 結婚(爆) しておりました(笑) (゜∀゜;ノ)ノ

さすが、ねんごろ写真は撮れず(^^;)、毛利庭園名物・宇宙のメダカさんを撮りました。
f0182920_21514289.jpg


その後、シャケ弁を食べずに、こんなもの食べましたemoticon-0155-flower.gif
f0182920_2202672.jpg

崩して食べるとこんな感じ♪
f0182920_2210736.jpg

びびんばサンのバジルペーストのスフレも美味しそうでしたな・・・(///∇//)

[PR]
by salieri777 | 2010-08-25 00:01 | お江戸へめぐり
f0182920_21234330.jpg


盛夏でござ~るemoticon-0157-sun.gif
八月吉日、佐竹軍とともに、夏の陣へ♪

ひさびさの 武田の御屋形様との逢瀬にございますemoticon-0152-heart.gif

勅旨饗応役が、少し前に足首ひねりの不始末 (-_-#)

佐竹軍を充分おもてなしできたかどうか・・・

ちなみに、母・弾正、我が話を聞いて一言 ↓↓


それって、介護よ!(爆)

あぢゃーーーー (゜∀゜;ノ)ノ  (゜∀゜;ノ)ノ  (゜∀゜;ノ)ノ
返す言葉なし・・・

びびんば様、介護ご苦労様にございました(笑)emoticon-0139-bow.gifemoticon-0139-bow.gifemoticon-0139-bow.gif
[PR]
by salieri777 | 2010-08-24 00:31 | お江戸へめぐり
2012年へ向けての清盛祭りで、忘れちょりましたが、
今日は、頼朝の旗揚げ後、初めての本格的な戦闘である、石橋山の合戦で、
・・・敗れました!ボロ負け!!完全な指揮ミス、判断ミス!
死ななかったのが、不思議なくらい。。。

と、ホーントーっに、危なかった一局です。
ここから、最決起まで苦闘の時間を過ごします。


2012年へ向けての清盛祭りの最中の雑感 ↓
f0182920_8482919.jpg

[PR]
by salieri777 | 2010-08-23 07:39 | 鎌倉へめぐり