武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー

<   2010年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

f0182920_0352512.jpg 

せっかく、スキンを渋くしたのに、第一弾記事は、コレです(^^;) 

「 殿といっしょ 」 第5巻
 大羽快 作
 メディア・ファクトリー


見てのとおり(を、をい!)、戦国武将のエピを元にした、4コマ・ギャグ漫画です。
ちなみに、↑ 「買ってね♪」と言っているのは、姫若子と呼ばれた、長宗我部元親です。

どの武将を、どの切り口で笑うか。
それは、各人の好みによりますけど、やはり、1,2巻の頃の方が、面白かったかな?

最近の、真田信之の人生に救いがない(爆)
最初の頃は、小松殿の垣間見せる夫への愛があったのですが・・・
どうも、新刊では、真田信之の回りは、渡る世間は鬼ばかり状態に陥っております。

茶化したところで、ある程度の救済があったほうが、馴染めると思います。
そういった部分があれば、茶化した部分も生きてくるのではないでしょうか?
何、マジメに感想語っているのだろう(笑)

・・・って、最初から、北条氏康に、救いはなかったけど(;_;)
最近は、武田晴信にも、一切容赦ない(^^;)

おかあさんキャラの上杉謙信は好きだけど、大阪のオカン状態に発展するのはどうも。。。
ごめん、大阪のオカン(爆)



さて、新春恒例のテレビ東京の時代劇、 「戦国疾風伝~二人の軍師~」 コレ!

色白美白に、赤備えの鎧が映えます(///∇//) 撮影コメントの欄に写真アリ
・・・って、竹中半兵衛が、なにゆえ、赤備え?
色白ゆえに、許す!(黒田官兵衛@ブラックに対比させてるのでしょうが)
山本耕史さんでしたら、北面の武士も似合いそう(笑)emoticon-0152-heart.gif ←何気にラブ・コール(^^;)

かなり、意外だったのは、豊臣秀吉役の西田敏行さん。
秀吉役は、大河ドラマ「おんな太閤記」以来、30年ぶりだそうです。


そう言えば、八代将軍吉宗、秀忠@葵徳川三代、家康@功名が辻、と最近は徳川ばかり。
秀吉・・・と言われると、竹中直人さんの方を思い浮かべる人の方が多いかもしれません。
その、西田敏行さんが、豊臣秀吉に、再度チャレンジ。
うっと~しぃ・・・(笑) 五月蝿さ鬱陶しさ120%の保証アリですよーーー(汗)

軍師役の二人のコメントを読むと、胡散臭い話のような気もしますが(^^;)
とりあえず、見ようかな? ( ´ ▽` )ノ

どなたか、この原作を書かれた、嶋津義忠さんの著書を読まれた方は、おりませぬか?

大河ドラマ「義経」の脚本を書いちゃった方の、新春時代劇よりは、マシかな・・・
「戦国疾風伝」の方も、ミョーに宣伝文句がアヤシイ(^^;)
いわゆる、去年の某へんてこ系の怪しさ (゜∀゜;ノ)ノ

新春早々、もしかすると、持仏堂どか~んVS 天なんとか 頂上決戦とか?(爆)

娯楽時代劇に、甘利とやかくは言うつもりはありませんけど ヽ( ̄- ̄ )ノ 

[PR]
by salieri777 | 2010-09-29 18:42 | 乱読積読文庫
まず・・・高杉晋作を砲撃していたのは、
亀山社中@ユニオン号だった!(爆笑)


それは、置いといて(^^;)
リュー弾♪的、戦闘シーンの楽しみ方じゃが。
 1 必殺シリーズ・BGM集を用意しておく。
 2 テレビを消音設定にしておく ← ココ、重要ですよ(笑) 


亀山社中が、早暁、ユニオン号で、待機している時・・・
   「暗闇仕留人」のオープニング・テーマを流す。
     注:仕留人は、必殺シリーズで数多い(^^;)幕末物ですきにぃ~


黒い麦わら帽子の奇兵隊の隊士が、物見の櫓に登ろうとするトコで・・・・
   お好きな、必殺シリーズ・殺しのテーマのスイッチを、今じゃ!オンっ!emoticon-0169-dance.gif     
     携帯ダウンロード楽曲の場合、イントロ付きをお薦めします(^^;;)


某巨大掲示板では・・・新造人間は、井上聞多だろ?と書かれておったがか。
さもありなん、じゃきにぃ~
emoticon-0155-flower.gif

ちなみに、「必殺シリーズ」、特に工藤栄一監督作(オリジナルの「13人の刺客」を担当された監督サン)なら、
この場合の高杉晋作・・・無残に果てて殉職のパターンですよ~(^^;)
かすり傷ひとつ負わないトコが、高杉なのでしょう。(^^;;;)
emoticon-0171-star.gif
[PR]
by salieri777 | 2010-09-27 00:05 | ドラマでほっこり
西行の次は、常盤御前の記事です(^^;)


f0182920_153781.jpgf0182920_1521128.jpg

中仙道の街道沿い、関ヶ原町には、常盤御前の墓があります。

常盤御前は、源義朝の愛妾であり、今若・乙若・牛若の男子を産みます。
平治の乱で、義朝は破れ、常盤御前も三人の子供を連れて逃げますが、
京の都にいる、自分の母親が捕まったと聞いて、都に戻り、捕縛されます。


(さて・・・ここからが、問題)
一般的に知られているのが、その美貌に絆された平清盛は、常盤をくどきます。
我が子の命を助けるために、常盤は、清盛の想い人となり暮らします。
一女をもうけますが、やがては、一条大蔵卿に嫁ぎます。
平家は滅び、我が子・義経が都のヒーローになったのも束の間・・・
兄・頼朝と決裂。義経は、東北へと向かうことになります。
母・常盤は、頼朝の手の者つまり鎌倉方に取調べを受け、
その後、自らも、我が子義経の後を追い、東北へと向かおうとしますが、
賊の手にかかり、波乱万丈の人生を終えます(泣)


それで、どこが、問題なのかというと。。。
まず、最初に、常盤御前は、母親の身を案じて、都に戻っているということです。
つまり、我が子の安全は考慮していなかった。
というより、自分の命&我が子の命より、母の命を優先させたということでしょうね。
この頃、正室の嫡男・頼朝の助命が既に決定しております。
我が子には、害はないとの判断があったのかもしれません。
ですので、側室の常盤が、自分の息子たちの命を助けるため、
清盛の想い人になる必要は無い訳です。

その辺の資料もほとんどないようです。
一条大蔵卿との結婚は事実のようであり、こちらで生まれた女子は、
頼朝勢の「取調べ」時に、母と共にいたとの記述があります。
しかも、常盤御前、あっさり、義経の居所を白状しております(^^;)
(しかし、そこには既に、義経主従の姿はありませんでした)
ですので、嘘の供述をして、息子を庇ったとも言えなくもないですけど。

そして、ここから常盤御前の消息はプッツリと途絶えております。
いわゆる、貴人が想い人の後を追って東北へ向かう途中、
山中で賊に襲われ落命というのは、民話・神話・昔話パターンでよくあります。
ちなみに、常盤御前の墓と伝えられる場所は、この場所以外ににも数箇所あります。

つまり、義経の都落ちのあと、常盤御前の安否消息は完全に不明となっております。


勇猛の将・源義朝の寵愛を受け、ヒーロー義経の母であり、
息子を守るため、清盛に身を任せ、最後は都落ちの息子の後を追い、
あえない最期・・・

この常盤御前のイメージは、事実とはちょっと、違うらしい・・・
しかし、後世の人々は、常盤御前の悲劇に魅せられるようであります。



「 義朝の 心に似たり 秋の風 」  by松尾芭蕉

More ここから、大河ドラマのキャスト話となります(笑)
[PR]
by salieri777 | 2010-09-26 16:52 | ニホンのレキシ♪
母・弾正特派員の中仙道レポの続きです。
中仙道宿場に、このようなものがあったそうです。

 西行水emoticon-0162-coffee.gif
f0182920_22403212.jpg


f0182920_22411760.jpg


中仙道61番目の宿場・醒井宿にあります。
この、西行水・・・凄いエピがあります。 ちょっこし、18禁ですよん(^^;)


西行法師が、この付近の茶店で休憩を取り、一服お茶を飲みました。
西行が飲み残した茶の残りの泡を、茶店の娘が飲み干すと・・・
なんと、娘ご解任! (゜∀゜;ノ)ノ
娘は、玉のような男の子を出産(え?)
帰路、立ち寄り、それを聞いた西行、「もし、我が子なら、元の泡に戻るように」と祈念。
その途端、赤子は泡のように消え去ってしまった・・・つまり、西行の子だった(えっ?)
西行は、その子の霊をねんごろに弔った(やっぱり、思い当たる節が??)

コチラ も、ご参考になさって下さい。

さて、西行法師は、落語にもなっております。こちらは、18禁ではありません(笑)
「西行鼓ヶ滝」という、噺です。 詳しくは、 コチラ をどうぞ♪


さて・・・(笑)
再来年の大河ドラマ「平清盛」では、西行法師(佐藤義清)は、主要キャラクター、
四人のうちのひとりです。
北面の武士(この時、清盛と同僚となります)として、栄達の道半ばで、
一切を捨てて、出家。漂泊の旅に出ます。

だのに、こんな艶っぽいエピがある(^^;;)

無論、西行水も西行鼓ヶ滝も、エピとしては、かなりベタなので、そのまま盛り込む、
という訳ではないでしょう。

しかし、このようなエピソードに包まれる西行という人物を、奥深く描くとしたら、
面白いと思います(^^)

演じるとしたら、どなたでしょう?
「ちりとてちん」人事なら、放っておいても女が寄ってくる設定の徒然亭四草役の
加藤虎ノ介さんでしょう。

他には、現・大河で、東行と号する高杉晋作役の伊勢谷友介さんも、面白いと思います。

 そうそう、伊勢谷友介さんは、「スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ」で義経役を演じています。
 アレを源平物にくくっていいのか、分かりませんけど(笑)
 ちなみに、清盛は、佐藤浩市さんが演じてます♪


花の下にて春死なむ、と望むのは・・・誰になるでしょう?emoticon-0155-flower.gif
[PR]
by salieri777 | 2010-09-24 22:41 | ニホンのレキシ♪
弱腰ののタイトルですけど(笑)既に、この予想はしてます。

妄想大河さんが、コチラ で、同じ予想に行き着いております(^^;;)

ちなみに、リュー弾♪ 予想時、は、コチラ

このドラマでは、「風林火山」人事からの 東洋 登用が多いですが、

佐々木蔵之介さん以外で、残っているのは(メインを外すと)・・・


あと、今井朋彦さんなのですけど(爆)emoticon-0155-flower.gif

今井朋彦さんは、小笠原長行役で出て欲しい気もしますが。

改めて、考えてみると、メインの人を外す理由もないな、ということで、


ましゃ、とフクヤマを敬愛する、市川亀治郎さんが、トドメを刺すのも面白いかも (///∇//)

佐々木蔵之介、今井朋彦、市川亀治郎、
いっそ、三人掛かりでも、いっこうに構いません(笑)
emoticon-0152-heart.gif
[PR]
by salieri777 | 2010-09-24 10:55 | ドラマでほっこり
私は、コレで↓↓ 出世しました!(爆) 籐吉郎の出世のシンボル(^^;)
f0182920_642887.jpg
 沼の女神 「お前が沼の落としたのは、この金の草履か?それとも、銀の草履か?」
  籐吉郎 「いえ、私が落としたのは、ただの草履でございます」
  沼の女神 「正直な男だ。褒美にこの金の草履をお前にあげよう」
  籐吉郎 「やったーーー!コレで、大出世だぁーーー!」
  信長 「わしの草履を沼に落とした時点で、アウトだろ!(蹴)」 (^^;;)


f0182920_6431342.jpg

 秀吉出世の街は、
趣きのある家屋が此処彼処
 

f0182920_6441678.jpg

古い家並みが此処彼処  

f0182920_6452245.jpg

 秀吉の象徴といえば、瓢箪♪ 

f0182920_64697.jpg

瓢箪図柄も此処彼処(笑) 

f0182920_6465895.jpg

      長浜の町の守護神です!(爆笑)
     隣りには、ケンシロウが・・・(^^;)
[PR]
by salieri777 | 2010-09-23 07:56 | 戦国つれづれ

あっか…(汗)

f0182920_15395510.jpg

本日、2つ目の記事です♪

イヤですねぇ〜、年を取ると(爆)

治りが悪い…というよりプチ悪化 (ToT)

捻った時に、もっと、ちゃんと治療に、いそしめば…(←典型的な「後悔先立たず」。。笑)

「本日の治療代、9500万円頂きます」
「細かいのが無くて。1億円で、お釣り下さい」(実際の会話ですけど…何か?)

今日は、お月見だそうです♪

月を眺めながら、養生じゃ〜( ̄∀ ̄)


念のためですが(笑)
治療代、950円。
細かいのが無くて、千円を渡し、50円のお釣りを頂きました。

決して、500万円のお釣りを頂いた訳では、御座いません(爆)

1億円、持ち歩かないし (゜∀゜;ノ)ノ
[PR]
by salieri777 | 2010-09-22 15:39 | 未分類
NHKハイビジョンでの、ドラマ「ちりとてちん」の再放送が終わりました(しみじみ)
(来週は、スピンオフドラマ「まいご三兄弟」の放映がございますけど)

相変わらず、大爆笑させていただき、大号泣させていただいたドラマでした。

東の「タイガー&ドラゴン」 西の「ちりとてちん」 落語を取り扱ったドラマの双璧ですね。
「寝ずの番」 「しゃべれども しゃべれども」 映画も面白いです。
落語を題材にして、詰まらない作品を作る方が難しいのかも(笑)
いや、探せばあるのかも? ← 探すな>自分(^^;;)


祭りの終わりのような脱力感ですが、それにもめげずに(^^;)
キャスト妄想です♪emoticon-0134-bear.gif

「平清盛」を担当される、脚本家の藤本有紀さんは、朝ドラの時の企画会議の折り、
「ヒロインには、無職のフーテンの叔父さんがいるんです。
それは、京本政樹さんです」と、最初におっしゃったそうです。
P&Dは、「エエエエェェェェエエエ!?」状態。
しかし、それは上手く盛り込まれ、京本さんのキャリア第三期の代表作となりました。

2012年にも、脚本家推薦枠で、京本政樹さんは、出演される方に、賭けます(^^;)
では・・・どの役で、出るのか????
公家系もしくは平家側の、残念な感じのキャラクターだと思います(をい!)
どのセクションか、分かりませんが、とりあえず、残念なキャラクターだと断言(ををい!)

今、手元にこしらえた、源平時代人別帖(笑)で、いろいろ眺めておりますが。。。
当てはまりそうな人物が、逆に多すぎて、分からない (゜∀゜;ノ)ノ
いえ、「頭の中が常夏」(小次郎おじちゃんの設定)な、人が多いと言う意味ではなくて。emoticon-0157-sun.gif

主役発表は、例年どおりですと、来年2月です。
主役が決まると、また、妄想の方向性も変わってきますが・・・(笑)

あれだろうか?これだろうか?楽しく、主要キャスト発表の日まで、楽しみたいです。emoticon-0155-flower.gif

[PR]
by salieri777 | 2010-09-22 05:41 | ドラマでほっこり
スミマセン(笑) 引き続き、母・弾正特派員レポを御送りしますemoticon-0139-bow.gif
f0182920_99111.jpg


井伊家の庭園・玄宮園より、彦根城を臨んでおります。
母・弾正の目的は、中仙道踏破!ですので、彦根城は、ぷら~っと、立ち寄った感じです。


f0182920_1235554.jpg
真っ暗ですネ(笑)
怖い写真ではありません(^^;)
搦め手より、彦根城天守閣を目指しております! 


搦め手より攻める!って、詭道というより、
城攻めの王道ですね~(///∇//) 
 


f0182920_124522.jpg
石垣+生垣というスタイルは、ここの他は、
残っているのは、皇居のみだそうです。
ちなみに、石垣の上の部分を、鉢巻。
下の部分を、腰巻といいます(爆) 

ピンボケでごめんなさい(^^;)  

f0182920_1254079.jpg

夕刻が近づいた、彦根城の堀です。
母・弾正は、この風景が見れて幸せと申しておりました。
中仙道踏破コースのおまけですので、この時刻の訪問で、この情景との邂逅となりました
emoticon-0155-flower.gif
[PR]
by salieri777 | 2010-09-21 21:21 | 戦国つれづれ
後藤様 「ジョン!ジョン!」

わしは、後藤様の飼うておられる、「鴻池の犬」が、旦那さんに呼ばれて、
走り寄ってくるかと思うたがか。
時々、出演していた、犬がおったきにぃ、てっきりアレだと(^^;)


中浜万次郎のことは、すっかり忘れておったぜよ(スマン!)

池内蔵太は、ひっそりと退場したがか(涙) 
 この話の冒頭の馬鹿笑いが気の毒で気の毒で・・・
  取ってつけたような、恋愛エピも気の毒で気の毒で・・・(合掌)

ところで、おんしは、中岡慎太郎っちゅう、男の行方を知らんがか?(爆) 
emoticon-0155-flower.gif

次回より、第4部ですが、第46話「龍馬の休日」 この、タイトル・・・ (゜∀゜;ノ)ノ
極寒の烈風を感じる痛いタイトルが、また登場(苦笑)
ここで、薄ら寒いまったりタイムかと思ったら、翌週も土佐に帰って家族と
最後の時を過ごすシークエンスがあるそうです。
頓馬「やっぱり、こんが、坂本家の味ぢゃーーー♪」と、味噌汁シーンを予想(笑)
残り、9話で、どういて、捨て回を増やす?(謎)

[PR]
by salieri777 | 2010-09-20 15:01 | ドラマでほっこり