武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー

<   2010年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

先行放送で見ました(笑)引き続いて「坂上雲」第二部一話も(^^;)

「龍馬伝」最終回。ドラマとして、印象に残っていることを幾つか。
茨城県赤浜海岸 土佐・桂浜に土佐勤皇党&饅頭屋長次郎がいるシーン。
まさか、冒頭に持ってくるとは思わなかったので、虚をつかれました。
ただ、このメンバーを出す中で、平井収二郎の不在は痛かったと思います。

相変わらず、大政奉還=自由・平等・博愛、と思ってる、お気楽さ。
江戸時代が奴隷制度の暗黒時代のようです。
虚年の却本家さんの「上杉の偽は、今でも続くが、
徳川幕府は、たった260年しか続かなかった(だから上杉の偽、スゴイ)」
と言う、メチャクチャな論理の続きのようです。

またまた、組織構成要員の少ない新選組。。。
この頃、沖田クン、病床でしょう?局長&副長ともどもお疲れ様です。
まさかの、かみつきプレー。フツーに足元攻撃で良かったのでは?
初登場の殺伐とした雰囲気がカッコ良かった新選組だっただけに残念!
京の町民に見られる中、照れながら立ち去る中岡慎太郎の姿は良かったです。

そういえば、龍馬のセールスポイントって、地球一周分ぐらい歩き回った、
ではなかったでしたっけ?今回、甘利、東奔西走のイメージがありませんでした。
いつも、長崎、三吉さんのトコ、京都ぐらいだけで、描写していたような。
ほとんど、「どこでもドアー」とワープと瞬間移動で済ませていたからでしょうか?
で、今回、越前に行ったがか。
また、取ってつけた様に、三岡八郎(由利公正)、いきなり登場(苦笑)
豆食って、横井小楠と同じ演出。
文字通り立ち上がる松平春嶽公。
思ったのですが、今回、位が上の方々、やたら立ち上がって落ち着きがない(笑)
慶喜公、容堂公、土佐の参政・東洋様&後藤様。
シーン最後まで座って終えた方が少ない。
お菓子要員の家茂公と、いつのまにか消えていた孝明帝ぐらいでしょうか、
座っていたのは。
深い会話がないので、動きで変化をつけた、という感じでしょうか。

見廻り組登場!暗殺シーンは、殺伐として、はっとした瞬間に終わり、
急襲、という雰囲気が良く出ていたと思います。
反撃の暇を与えなかった感じが出て、高評価を与えても良かったのですが、
地上波での八時からの本放送では、ここで事件が(ー_-;)

中岡慎太郎は、襲撃後17日に容態が急変し死亡しましたが、そのあいだ、
襲撃の時の様子を伝えております。
襲撃犯の一人が「こなくそ!」と叫んだと。伊予松山の方言だったため、
同地出身の原田左之助=新選組犯人説の根拠となったわけですが。
まさか、愛媛県知事(次期)が、「こなくそ」要員だったとは!
しかも、ここぞというタイミングでした。
当選した人が、三菱商事出身者だったのが、その後、ネットを賑やかにしております(笑)

ちなみに、立ち去る亀治朗サマ@今井が、くるりんぱっ♪と納刀していたのは、
鮮やかで見事な所作でした。さすがです!

さて、字幕テロのあとに、なんと、エンドロールの悲劇が!
まさかの、記述ミス!!
井上聞多と伊藤俊輔の配役表記が逆になっていました!
確かに、書き割り背景扱いの、長州ファイヴ早期帰国組の二人ですが、
甘利にも気の毒・・・俳優さんたちに失礼だと思います。
スタッフは、誰も気づかなかったのでしょうか?チェック体制の甘さと、
ドラマ造りに対する意識の緩さを感じました。
土佐勤皇党のメンバーにも同様の悲劇があるのかもしれませんが、
誰が誰だか分からなかったので、大丈夫でしょう(爆)


そして、最後の、明治の岩崎弥太郎。。。
何、アレ?(泣) 北斗神拳で、やられて、「ひでぶっ!」となった人みたいでした。
カガテルの一発芸とも思えます(^^;)

ところで、ドラマとして、坂本龍馬の最後の言葉は、「う~み~」だったのですよね。
フクヤマが自分で考えたと思われる、
臨終のセリフ(「自分はこの命を生き切っただろうか?」)で、終えてあげた方が、
良かったように思えました。
ちなみに、母・弾正の指摘(^^;)なのですが、このセリフを言っている時に、
福山龍馬の左肩あたりに、カメラマンの影が差しております。
カメラマンが気づいて、後ろに下がった様子も見てとれます(^^;;;)


とにもかくにも、11ヶ月の実験的な「龍馬伝」終了です。
やはり、脚本が大事。
製作陣の歴史に対するスタンスが大事。
そういう当たり前のことを再確認させられた、2010年でした。

[PR]
by salieri777 | 2010-11-30 15:29 | ドラマでほっこり
2012年大河ドラマ「平清盛」のキャストについて、新たな情報がありました。

清盛のライバルの源義朝役に、玉木宏さんが決まりました!詳しくはコチラ 

あと、残るメインキャストは、雅仁親王(後白河法皇)と西行(佐藤義清)のみです。

さて、どのような布陣となるでしょうか?
[PR]
by salieri777 | 2010-11-28 12:10 | ドラマでほっこり
甲斐國・躑躅ヶ崎館の大広間。
武田の御屋形様は、侍大将・リューザキ弾正を呼び寄せていた。


信玄公 「一体、如何致したのぢゃ、リュー弾!恒例(?)戦国武将の納涼大会から、
 月見の宴の予定となり、錦秋の宴へと延び延びとなり・・・
 まもなく、師走ぢゃぞ!」
リュー弾♪ 「も~しわけございませ~~~ん」(涙)
信玄公 「詫びの言葉など要らぬわ!訳を申せ!訳を!リューザキ弾正!!」
リュー弾♪ 「御屋形様に申し上げます。夏の折り、わーるどかっぷネタを
 用意していたのですが、ほら、隣國・駿河には最強のファンタジスタもいますし。
 駒野と松井ネタとかも用意していたのですが・・・気づくと、時期は過ぎ・・・
 いつの間にか、ザック・ジャパンとなっており・・・
 ザック→佐久、ザッケローニ→真田ローニとか、色々考えてみたのですが、
 上手く纏まらず・・・(泣言)」


信玄公 「それで、この先如何致す所存ぢゃ!」
リュー弾♪ 「ははっ!実は、武田劇場番外として、架空大河『シエ~戦国の姫たち~』の
 架空妄想暴走・最終回の模様を近日中にお届け致す予定にございます!」


信玄公 「いきなり最終回、ということか。武田劇場を逆手に取った詭道ぢゃな(微笑)」
リュー弾♪ 「読んだ方々を奈落に突き落とす、暗黒最終回をお届け致す所存。
  武田ダークネスっぷりをいかんなく発揮いたします。ふっふっふ」
信玄公 「ふっふっふ」
リュー弾♪ 「ふっふっふ」


・・・と、最後は、悪徳奉行と備前屋の会話のようになりましたが、
「龍馬伝」最終回の完走記事のあと、「江」の予告編を受けての、
架空最終回をお届けいたします。お楽しみに~(^^;)

[PR]
by salieri777 | 2010-11-28 11:41 | 武田軍劇場(笑)
さて、伊予伊予、明日から「坂の上の雲~第二部~」の先行放送が始まります!

・・・の、前に、亀治朗サマ御降臨♪053.gif

と、言うより、「龍馬伝」最終回です。
まぁ、これまでの内容にはもう多くを語りませんが、
気になるのは主人公がどのような最期を迎えるか(と、その後 ^^;;)です。

大河ドラマは、だいたい一人(ないし二人の)人生を描くもので、大概、最後は臨終です。
幾つか、例外もありますけど。
「秀吉」「徳川慶喜」とか。
あと、「武蔵」も籠もった洞窟で五輪の書を書き上げ、
感慨にふけるところで終わりだったような(記憶曖昧です)
(成田屋の若旦那の一日も早い回復を祈っております。また、急遽代役をされる、
仁左衛門さんと愛之助さんの健闘を期待しております)

そういえば、「武蔵」の洞窟は、その後、偽上杉家のスピリチュアル・スポットに・・・(誤爆)

さて、これまでの凝った映像を前面に押し出してきたチームが、エンディングをどう描くか。
・・・やっぱり、

 ちゅど~ん どか~ん ひゅるるるる~
  な~んて予想をしてしまいますが、その逆を突いてくることも有り得ます(笑)

とりあえず、当日、甘利な演出に、自分が思わずイナバウアーをしてしまうことを想定し、
腹筋・背筋を鍛えておかなければ!(遅っ!)
066.gif

ちなみに・・・自分ツッコミになりますが(笑)
フィギュアスケート好きとして、改めて書いておきますが、
イナバウアーは、ストローク後の足のポジションの一種の呼び名で、
荒川静香さんで想起される、上半身を反らせること=イナバウアーではありません。
荒川さんの場合、足のポジョションにイナバウアーをとりつつレイバックしている、
レイバック・イナバウアーと呼ばれています。

つまり、のけぞること自体は、実際は、「レイバック」と呼ぶのが正しいと言えるでしょう。
・・・って、誰得?な、情報ですね~(^^;)
056.gif
[PR]
by salieri777 | 2010-11-27 14:45 | 徒然なるままに一言
本日2本目の記事です。

2012年大河ドラマ「平清盛」の主役記者会見が、NHKで行われました。 コチラ→

ちょっと、びっくりしたのが、松山ケンイチさんのコメント。

「8月の製作発表のニュースを見て、
自分も出たいと思い、マネージャーを通してNHKに申し入れたら、
主役の清盛だった。まさか、主役で出演とは思っていなかった。
晩年をどう演じていいのかわからない。尊敬する中井貴一さんに相談したら、
『僕と同じ境遇。大河ドラマの主役は50人しかいないのだから、やりがいがある。
覚悟してやりなさい』と言われて決心した」

・・・スミマセン、これって、誰かが決まっていたけど、降板→申し込んだ松ケンに決めた。
みたいな、印象があるのですけど。

特に、相談相手の中井貴一さんの「僕と同じ境遇だ」って・・・
僕も20代で大河の主役でプレッシャーだった という意味か。
僕も主役の降板で急遽抜擢でとまどった という意味か。

相談相手が他の人だったら、このような印象は受けなかったでしょうか?

「10月10日に松山さんにオファーしました」by 磯P

とりあえず、まだ期待しているぞ!! (^^;)
056.gif
[PR]
by salieri777 | 2010-11-25 21:13 | ドラマでほっこり
昨晩、「歴史ヒストリア」を久しぶりに本放送で見ました。
武田信玄が取り上げられるということでしたので。


・・・あ、あの・・・・! (-_-;)

前番組「その時 歴史が動いた」にも、ヲイ!という回は、ままありましたけど(^^;)
今回、ツッコミどころがありすぎて、ニントモカントモでございます。
まあ、確かに、信玄(晴信)は、国人領主である家臣の取りまとめに苦労しましたし、
そして、確かに、子ぼんのうな父親でもありますけど・・・
あれぢゃ・・・出家して信玄になるまで、武田晴信は無能で連戦連敗状態に思えます(泣)
武田氏研究の平山優先生が出演されておりましたが、長く語って、
NHKが、今回の番組趣旨に合う部分だけを抜き出して使ったという印象です。

信玄プリンセス・ストーリー・・・(イナバウアー)
往年の珍作・TBSのドラマ「おんな風林火山」を思い出しました(笑)
一応、wikiのリンク、貼っておきますね → 


トンデモ率は・・・北大路欣也先生が毘沙門天を演じた「天と地と」以上でしょうか(^^;)
この「おんな風林火山」は、NHKの大河ドラマの裏で放送しておりました(爆)
大河ドラマ「いのち」のあいだは、リュー弾♪も見ておりましたが、
途中で、大河ドラマ「独眼竜 政宗」の放送開始と共に、ソチラに移行しました(笑)

「歴史ヒストリア」一休さんの回とか面白かったのですが・・・
まだ、中岡慎太郎の回は、録画しましたが、見ておりません(汗)
まぁ、これかも、気になる話題を取り上げる時だけ、覗いてみる程度の番組です。

[PR]
by salieri777 | 2010-11-25 20:38 | 徒然なるままに一言

ただ今、読書中♪

f0182920_23322028.jpg
スペシャル・ドラマ「坂の上の雲」第一部を視聴しつつ、
こういう本を読んでおります。
遺された、書状・手紙類の文書から見る、信玄・勝頼の
彼らの政治・外交・人間性を紐解く本です。 
それに関して古文書解説も書かれております。
読破まで、ガンバリマス047.gif



「武田信玄と勝頼
  ~文書に見る戦国大名」
  鴨川達夫・著
  岩波新書

[PR]
by salieri777 | 2010-11-24 13:15 | 徒然なるままに一言
「のぼサン、のぼサン!その幇間ではないぞなもし~」(by秋山の淳サン)

エエエェェェエエエエエーーーー!!!!

次週・最終回いよいよ、亀治朗サマ、御降臨!
[PR]
by salieri777 | 2010-11-22 17:58 | ドラマでほっこり
「坂の上の雲」第一部・第2話を見ました。井伊ドラマですね~(^^)
この作品にエナジーを総て吸い取られていたのなら、この3年の大河の惨状は、
むべなるかな、ですね。
弥太郎アレルギーが出来ているのでは、と危惧しつつ見た、カガテルの「のぼサン」
素直に見れました。2話でのシンクロナイズドスイミング(爆)のようなポーズで、
眠りこけているのには、爆笑しました。
この作品を手がけた、柴田岳史さんが、「平清盛」チーフ・ディレクターだというのは、
実際に、「坂上雲」を見てからは、信頼が芽生えつつあります(・・・って、私、何様?)


さて寒さが募りますが(笑)、主役・松ケンという視点からの、キャスティング第二弾です♪
今回は・・・以外に難しかったです(-_-;)


平正盛 加藤剛
平忠盛 渡瀬恒彦
平忠正 草刈正雄
池の禅尼 和久井映見
 平家盛 崎本大海
 平経盛 細田よしひこ
 平教盛 窪田正孝
 平頼盛 橋本淳
 平忠度 中村蒼

平時子 貫地谷しほり
平滋子 栗山千明
平時忠 加藤虎ノ介

清盛チルドレン
 平重盛 長谷川博己(セカンドバージンの人)
 平基盛 忍成修吾
 平宗盛 森山未來
 平知盛 福士雅治
 平重衛 平岡裕太
 建礼門院徳子 成海璃子 
 平盛子 松下奈緒
 平完子 木南晴夏
 御子姫君 桑島真里乃

 源頼朝 片岡愛之助
 北条政子 吉瀬美智子
 北条時政 松平建
 梶原景時 金田明夫

木曽義仲 伊勢谷友介
ウパシ 巴御前 吹石一恵
 
 常盤御前 綾瀬はるか
 源義経 高良健吾


おなじみ(?)ご説明のコーナー(笑)
1. 正盛さん(清盛祖父)が出てくるか、分からないですけど、一応、加藤剛さんを
  キャスティングしてみました。正盛に兄弟がいれば、山口崇さんも充てるのになぁ~
  というか、本来は、貞盛@「風雲虹」を演じた、山口さんの役回りでしょうけど。
  忠盛を渡瀬さんにしたら、弟は、草刈正雄さんに決まってます!(笑)

2.「政治的配慮」(^^;)で、松下奈緒さんを無理矢理、いれました(一苦労)
 高視聴率・朝ドラのヒロインの功績は大きいですけど、桃割れとか島田の鬘では、
 時代劇は無理だと思いますので、おすべらかしのこの時代に、
 NHKも押し込んでくるはず。まぁ、確かにたおやかで品のある女優さんですし。
 一応、「ちりとてちん」のテーマ曲のピアノ演奏を担当した縁もありますしね。
 年齢から言ったら、徳子でしょうけど、船に仁王立ちは困るので(^^;)
 妹の盛子にしてみました。(無礼陳謝)

3.一番手間取ったのは、清盛の兄弟&息子たち(泣)
 主役が25歳(放送時は27歳)の松山ケンイチさんを中心に考えたら、
 甘利にも、40代の俳優さんを配するのは難しい。
 若い俳優さんを並べてみたら、なんか、イケメン・パラダイス状態(^^;)
 磯P(製作統括のイソピー)、どうしてくれるんだっ!
 多分、公家の部分で、中堅の役者さんを配して、バランスを取ることになると思います。

4.時子と常盤御前。「松ケン」発表前は、時子=篠原涼子さん、常盤=綾瀬はるかさん、
 と、考えていたのですが・・・篠原さんでは、バランスが取れない。
 やはり、貫地谷しほりサンに落ち着きました。
 常盤御前をそのままにしたのは、綾瀬さんの「大河に出たい」発言に縋りました(笑)
 しかし、考えてみると、二人とも、三谷大河の方に取られるかも。
 池松クンも亀治朗さんも、愛之助さんも・・・それから吹石さんも・・・(;_;)

5.源氏の部分は、やはり、愛之助さんを出したいので、ここに。それから、政子は、
 ジェラシーメラメラ@「義経」みたいな感じではなく、明晰な女性に描いて欲しいです。
 そこで、クール・ビューティーな吉瀬さん。静かな情念を燃やして欲しい(怖)
 北条時政には、もう一人のマツケンを。話題性もありますし(^^;)
 しかも、松平健さんは、「草燃える」で、時政の息子・義時を演じています。
 大河ドラマ恒例の「成長人事」にしてみました。
 
 しかし、やはり愛之助さんを、雅仁親王にして、伊勢谷さんの頼朝も井伊かも・・・
 伊勢谷友介さんの直垂姿、狩衣姿、見たくありませんか?(陶酔)
 少年頼朝は、神木隆之介クンで♪ 
 三池映画で、義経(^^;)を演じた経験のある、伊勢谷さんが頼朝。
 大河ドラマ「義経」で、牛若丸を演じた神木クンが頼朝少年。
 こういった、揃い踏みも、面白いではありませんか(笑)

[PR]
by salieri777 | 2010-11-21 20:59 | ドラマでほっこり
2012年大河ドラマ「平清盛」の主役が、松山ケンイチさんに決まりました♪
(注:NHKとホリプロの正式発表はまだです)
主役が確定したところで、再び、キャスト予想(妄想)をしてみました(^^)
なんら、根拠はありませんので、ご了承くださいね~
今回は、メイン4人と皇族系を行きまーす!
070.gif


072.gif平清盛 松山ケンイチ(確定)072.gif
  源義朝 青木嵩高
  佐藤清成(後の西行法師) ARATA
  雅仁親王 尾上菊之助

  白河法皇 仲代達矢
  堀河天皇 茂山宗彦(狂言師・大蔵流)
  鳥羽上皇 京本政樹
  崇徳院 市川亀治朗
  近衛天皇 池松壮亮
  二条天皇 藤原竜也(友情出演w)
  高倉天皇 小栗旬(友情出演ww)
  美福門院 篠原涼子
  待賢門院 江角マキコ
  以仁王  三浦春馬
 
  祇園女御の妹 壇れい


ご説明コーナー(笑)
 その1.メイン4人。松山ケンイチさんが来ただけで、さほど変わっていませんが(^^;)
 伝統芸能系が来ると思われる雅仁親王は、「坂上雲」の明治帝を演じた、
 尾上菊之助さんをチョイスしてみました。
 何故って・・・「坂上雲~第一部~」の第一話が面白かったもので♪
 明治帝の場面はまだ見ていませんが、見たあと気を変えるかもしれません(をい!)

 その2.今回は、「大人の事情」に配慮をしております。
 翌年に三谷脚本の大河ドラマが来るらしい、という「噂」がありますので、
 三谷さんに呼ばれそうな人は、長い出番のあるキャストから外しました。

 その3.さて、皇族系。まず、ドラマが、何処から描かれるかで、変わりますが、
 白河法皇を、「新・平家物語」の主役を演じた仲代達矢さんにしてみました。
 そうしたら、天啓が来て(笑)、崇徳院→亀治朗さん、
 近衛天皇→池松クンという、武田三代@「風林火山」を皇統に組み込むことに成功!(^^)
 この部分は、リュー弾♪、渾身のキャスティングと思っております(笑)

 その4.さて、その2を無視する六条天皇キャストですが、
 これは、同じ事務所の「友情出演」という括りで(^^;;)
 まぁ、出番も少ないですし・・・
 小栗クンは、なんとなくです(^^;;;)

 その5.堀河天皇には、大蔵流・狂言師、茂山宗彦さんを
  「ちりとてちん」枠から登用してみました。
 鳥羽上皇には、当初、渡辺謙さんを予定(爆)していたのですが、
 やはり、無理かな~と思い、ある程度の年齢であのキャラを演じられる人・・・
 怪演系要員として、京本政樹カードを切ってみました(笑)
 亀治朗さんと顔が違い過ぎるから、疑いを持ちやすいし(^^;)

 その6.最初の華やかさ担当で、美福門院に篠原涼子さん。
  待賢門院に江角マキコさん。冒頭に権謀術策で活躍していただきます(怖)
  あと、平清盛の本当の母とされる(と思う)、祇園女御の妹には、
  NHKのドラマに割りと出ている、壇れいさんにしてみました♪
  出番はずっと後になりますが、以仁王に、若手の三浦春馬クンを
  予想(希望)してみました。

[PR]
by salieri777 | 2010-11-19 19:49 | ドラマでほっこり