「ほっ」と。キャンペーン

武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー

<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

市中引き回し?

お江戸をまったり、へめぐる予定でした(汗)
母・弾正が、乗り気になったのが、運の尽き(笑)


f0182920_3395457.jpg

人生二度目の泉岳寺。初めて、赤穂義士の墓を詣でました。
f0182920_3395435.jpg

 ちょっと、迷ったのは内緒だよ♪(笑)
f0182920_3395425.jpg

当然、東禅寺 (ひつこい!)
f0182920_3395431.jpg

品川神社で疲れ切っている之図(^^;)
f0182920_3395462.jpg

 もう、ここで勘弁して!と悲鳴を上げたら、エサを与えられました(爆)

4駅ぶん歩いて、この日、完全燃焼(灰)
[PR]
by salieri777 | 2011-04-29 06:55 | お江戸へめぐり

御用改めなう。

f0182920_13291785.jpg

英国公使館焼き討ち事件の現場、御用改めなう。

場所は、当然、東禅寺 (^。^;)

筆者近影付き♪(誰得?)
[PR]
by salieri777 | 2011-04-27 13:29 | お江戸へめぐり

武田劇場・気分転換之陣

リュー弾「御屋形さまぁ~、それがし気鬱の病のようでございまする。
御屋形様「余震は続き、余震以外の地震の記録されて、落ち着かないのう」
これ、リュー弾。ソチが祖母の代から受け継ぎし着物を愛でて、気分を変えて見よ


では、お言葉に甘え、幾つかの組み合わせを披露させていただこうと存知ます。

f0182920_23395362.jpg

ほっほう。絣の着物に、紫の帯。帯揚げは紫と白のグラデーションがアクセントニなっておるな。
f0182920_23395380.jpg

これは、少し改まった時に着る着物じゃな?帯がキリリとした印象を与えておるな。
帯止めも決して負けてはおらぬようじゃな

f0182920_23395392.jpg

上の全体図からは、分りにくい、着物の柄じゃ。椿のようじゃな、

リュー弾だけではなく、皆々様の気分転換になれば、幸いにぞんじまする。
[PR]
by salieri777 | 2011-04-25 22:35 | 徒然なるままに一言
懸念しておりましたが、映画「のぼうの城」公開延期となりもうした。
 記事は コチラ

水攻めのシーンが、やっぱり被災された方々を思うと、甘利に直裁的なシーンですので、
もちろん、大切なシーンですので、一年間の公開延期と決定と相成りました。
いたしかたなし、ですかな?
成田屋の若旦那の延期になっていた映画の公開が決まったり、
徐々にエンタメ界も落ち着きを取り戻してきていますが、
さすがに、これは、今は無理ですね。


来年の公開、楽しみにしております。でも、配役が一部不満なんだけどなぁ~
(何をいまさら! ^^;)

[PR]
by salieri777 | 2011-04-24 04:40 | 映画観劇芸術鑑賞
こらーーーー!明日は、もう第2話の放送日ではないかっ! スミマセン!(;_;)

さて、本題です。幕府スキーとしては、納得しがたい描写とか、間々ありますが、
ドラマとしては、よく出来ていたと思います。
衝撃の病身の橘の栄ママ。喜市ちゃんとのやりとりは泣かせました。
そして・・・問答無用のMVPのイッチー@佐久間象山。
傲慢不遜。強烈な個性。
幕末のリチャード三世といったぐらいの熱演を見せてくれました。
完結編のスタートダッシュの燃焼エナジーには充分役割を果たしたと思います。
それから・・・ボリスもびっくりの(笑)、ビフォアー&アフターの西郷どん(驚)
無論、仁先生も咲サマも素晴らしかった。


友達が・・・ドラマの久坂玄瑞に惚れたかもしれません。
このドラマの久坂は、史実とチト違うことを主張したり、違う行動も取っております。
でも、それらも、調べて、その後、真の久坂ファンが一人誕生してしまうかも(汗)
このドラマは、興味を持たせて調べて好きになる。
そういった、かつて大河ドラマが果たしていた役割りを担っているかもしれません。


f0182920_23125473.jpg

「調べよ! 心の赴くままに!」(^^;)

   写真は、長野県の川中島古戦場近くに屹立する、佐久間象山の銅像です
[PR]
by salieri777 | 2011-04-23 22:29 | ドラマでほっこり

嗚呼、本能寺・・・

我が兄、第六天魔王が、またまた、本能寺をやってしまいました(汗)
やられてしまいました、かな?(滝汗)

今朝の出勤途中で、横から、明智光秀の車が・・・

無事なようですが、それにしても、何回目の本能寺の変でしょうか。

今頃、シエの生霊に会ってるのでしょうか、
それとも、上杉謙信に説教されているトコでしょうか?(苦笑)

答え: 整形外科におりまする。

本人いわく「是非に及ばず」
[PR]
by salieri777 | 2011-04-22 09:07 | 未分類
ドラマを見て、原作の小説を読んでから、だいぶ経ちましたが、感想記事を
 お送りさせていただきます。長いです(汗)

前回の記事は、 コチラ

ドラマを見て感銘を受けて、思わず原作も手に取りました。
原作を読むと、ドラマ製作スタッフが、「親の仇討」という行動をいかに、
現在の視聴者に理解してもらうか。
そのために臼井六郎の悲しみ、無念の思い、怒りなどの感情を丁寧に描写することに
重点を置いたのが分ります。

ドラマオリジナルの一之瀬の妻&息子の描写は、
負の連鎖を止めたい、という現代人の思いの結晶ですが、
ドラマの中でその役割を上手く消化させていたと思います。
現実は、一之瀬の実父の不幸となるのですが・・・
(注:一之瀬は明治後の改姓で、秋月では、山本姓だったようです)


原作を読んで、一番印象が変わったのが、臼井亘理一族の描写でしょうか。
臼井亘理の実弟であり、渡辺家に養子に行っていた渡辺助太夫。
兄・亘理死後、臼井家に戻り、幼い六郎に代わり臼井家当主になります。
ドラマでは、彼が、事なかれ主義的な描写に思われる部分もありました。
秋月の臼井家は、鎌倉時代に功を成し、筑前に所領を得たとされています。
家を存続させるのも重要な責務ですので、そういう理由で穏便な人物となったと思ったら、
実際、助太夫は、臼井家に対する一方的な裁定にかなり抗議の活動をしていたようです。
また、亘理の妻・清の弟は、福岡藩への抗議から廃藩置県まで軟禁状態とされました。
臼井家の無念はいかばかりでしょう。


原作ともうひとつ大きく違うのは、山岡鉄舟の扱いです。
一之瀬の妻と息子がドラマにおける現代人の共感分子だとしたら、
鉄舟は、過ぎ行く武士の象徴として取り扱われていたと思います。
薩摩の西郷の自刃を知り、黙して六郎に仇討の剣を体得させる鉄舟。
それでいて、ドラマ内では、やはり遠まわしに負の連鎖を断ち切る手も打ってくる。
臼井六郎は、鉄舟に弟子入りしていた。その事実と、
山岡鉄舟という歴史上の人物の特性を上手く融合させていた、と思います。

恩赦のあとの六郎の慰労会は、山岡夫人の肝煎りだったわけですが、
その場に出席した、星亨。その宴席で撃剣を披露した伊庭想太郎門人。
個人の人生は、歴史の大局に関わりあわないようで、歴史と無関係ではいられないと
改めて、思わせられました。


原作では、その後の臼井六郎の人生にも触れられている訳ですが、
結婚して穏やかに暮らす妹に会いに行くのですが、六郎は妹には何も語れませんが、
ただ妹に会えたことの安堵感が窺い知れました。
六郎のその後は、静かでそれなりに恵まれた人生であったことにホッとしました。



f0182920_14335496.jpg

新潮文庫
「敵討」
作:吉村昭
 一時的に(?)品切れのようです。



もう一篇の作品も佳作で、オススメです。
敵討が非日常であることが判ります。
臼井家の場合と違い、藩をあげて応援しているところが微笑ましいです。
(それは、プレッシャーにもなる訳ですが)
事件の真相と、敵討後の主人公のやりきれない人生がまた悲しい。

[PR]
by salieri777 | 2011-04-19 14:57 | 乱読積読文庫

たか丸くん見参!の巻

f0182920_122998.jpg

大変、ご無沙汰しております。
「甦る大河ドラマリマスター」第二回を視聴&録画しそこねた、リューザキ弾正にございます。
(形容詞、長過ぎ!)

落ち込んだ心を懸命に奮い立たせ、旧ネタ投入です。

家人が、震災の一週間ほど前に、法事で津軽に行きました。
その折り、買い求めてくれたものです。

曰わく、「ためのぶクンは探している時間がなかったー!」だそうです。いや、法事ですから。

しかし、ためのぶクンはそれほど、奥まったところに・・・(落涙)
それより、たか丸くん。やっぱり、頭重そう(笑)

この先の更新ですが、怒涛のドラマ感想記事連発かもしれません。
かんにんしておくれなんし。(どのドラマの感想記事があるか、お楽しみに~♪)

って、バレバレですか?(笑)
[PR]
by salieri777 | 2011-04-18 12:29 | 徒然なるままに一言
大震災から、今日で一ヶ月経ちました。
大きな余震が、今日もあり、また犠牲になられた方々が…
心よりお見舞い申し上げます。

さて、芸能活動されている方のボランティア関連のことは、甘利、このブログでは取り上げておりませんでした。

しかし、これは取り上げさせていただきます。

『天地人』で共演した俳優10人が、「何かをせねばと持ち寄った寸志」として2000万円寄付したそうです。

妻夫木聡、小栗旬、阿部寛、角田信朗、北村一輝、小泉孝太郎、高嶋政伸、高島礼子、常盤貴子、パパイヤ鈴木の計10名。いずれも今回の義援金以外にも、何らかの形で支援活動をしていきたいとのこと。

さすがは、上杉でござ~る!
ドラマ自体は、アレ(汗)だったけど。

泥沼の中に咲く気高く可憐な蓮の花。
これが上杉の義なのでござろうな。

ま、ひとり石田三成もいるけど(笑)

武田軍としては、見事ぢゃ!ぬをををを~!(顔芸付き)
このような反応するのみ

[追記]
上記10名の方の名前のあとの (敬称略)を、略してしまいました(^^;;)
呼び捨て御免!(陳謝)
[PR]
by salieri777 | 2011-04-11 22:02 | 戦国つれづれ

葛笠村・農事通信

f0182920_14274278.jpg

地震の騒ぎで、ほったらかしにしていた、畑。

最起動ずら。

地面を掘り返した所に、昨日ジャガイモを植えましたでごいす。

ちなみに、手前のシートが、収穫を終えた後のキャベツ。の、残骸。

奥のシートが、大根でごいす。
[PR]
by salieri777 | 2011-04-09 14:27 | 徒然なるままに一言