武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー

<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

大河ドラマ「平清盛」の4月1日の新キャスト発表の前に、
鬼若(後の武蔵坊弁慶)役の、青木嵩高さんが発表されました。 コチラ

青木さんのドラマ出演におけるコメントは、演じる弁慶宛ての手紙という体裁。
役柄に真摯に取り組む姿勢が感じられます。

ところで、青木嵩高さんは、公開前から原作ファンの絶賛不評を食らっている、
実写版「るろうに剣心」で、相楽左之助役を演じるのですが(汗)
その時の、コメントがこれ ↓
   「さらし姿に惡の文字
   のがれられぬ世の運命(さだめ)
   すすむは己のこの拳(こぶし)
   けんかの道を独りゆく」
原作を御存じの方に伺ったら、左之助そのものを表した言葉になっているそうです。
役柄に入れ込んでいるな~と、思ったら・・・
上のコメント。タテ読みが、「さのすけ」になっておりました!
ぬぉぉぉぉ!(顔芸付き)、技アリだわ070.gif

さぁ、弁慶役のコメント、こちらはどうだっ!
ただのピュアな思いを綴っただけだったら、ゴメンナサイ>青木クン040.gif
[PR]
by salieri777 | 2012-03-30 23:44 | 徒然なるままに一言
大河ドラマ「平清盛」 第12回「宿命の再会」の感想記事です。

妻・明子の死の痛手から立ち上がれない清盛。
それは、よーーーーっく、わかるよ。
でも、弟の晴れの元服式で、ぶちまけるとはナンダ!
君は、どうして、そこいらをグッと自分の腹の中に収めておけないんだ!

目の前で、舞子を殺された中井貴一とリューザキ弾正は、
それを耐えて、己の軸としたぞ!(注:第1回の該当シーンの撮影を目撃しております)
あの時、君は、人形だったじゃないか!(誤爆)

さて、院でも、ひとつの愛が終わりを告げます。
璋子サマ、御危篤。
鳥羽院、必死の水仙探し命令!
曲がりなりにもこの二人の想いが最期にようやく通じ合って、ホッとしました。
常に予想の斜め上の反応を示していた璋子サマ。
この人に、結局は、何もかも勝てなかったのですね、得子サマは・・・(哀)

水仙の花を手に凱旋の、我らが左馬頭サマ。
鳥羽院からも御褒めの言葉。
(左馬頭サマが東国に地盤固めをしていたことが、
あとで賽の目をひっくり返す結果になるのですね・・・)
しみじみしてたら・・・って、廊下で、乱闘しているんじゃないっ!そこの御曹司ズ!
君たちは、徒然亭草々と小草若かっ!

そして、双方、怒りに駆られたまま、プロポーズ(爆)
「そなたも俺の子を産むか?」by義朝
「もう、そなたで良い!」by清盛

この結果・・・一足早く、佐殿誕生053.gif
再び、平穏な暮らしが戻りかけた清盛の前には、嵐が・・・・

まぁ、今回は、「光らない君~!!」035.gifとダイビングしちゃった、
深キョンが軸でしたね。
このダイビングが、やがて壇ノ浦へ??繋がって来る?・・・(^^;;)
算木を並べながらいかにも、損得勘定の計算づくキャラの弟・時忠も登場。

ん?深キョン、ジャニーズ、成海璃子ちゃんの、お父さんが蛭子さん?
どんな遺伝子しているんだ、堂上平家!(泣笑)


そして、4月1日に、新キャストの発表があるそうです!

ぬぅわんと、渡辺謙、役所広司、仲代達矢、加藤剛、出演けってーい!
で、歓喜したら・・・エイプリルフールだよ~ん、てオチはないだろうな?
(BBCじゃあるまいし、その懸念は無用かな?)


More 今週のリュー弾のツボ
[PR]
by salieri777 | 2012-03-29 21:23 | ドラマでほっこり

まあ、遅くてよ!

f0182920_0162430.jpg

はい!お蝶夫人!

水曜日中に、「平清盛」感想記事を必ずアップします!

そして、近々、このコラーゲンたっぶり美麗白湯鍋の素を使って、今年ファイナルの鍋料理をいただきます♪

リュー弾、ウケをねらえ!(爆)by武田軍の軍師
[PR]
by salieri777 | 2012-03-29 00:16 | 徒然なるままに一言
自分の好きな漫画が、アニメ化とか実写化される時、ドキドキします。

アノ世界観が、壊されるのなら、やだなぁ(親心)

でも、良作あるいは傑作に仕上がっていれば、嬉しい。原作もいいぞ!と自慢出来るし(下心)

ところで、大好きな漫画「宇宙兄弟」、4月からアニメ化。5月に実写版の映画が公開されます。

そんなこんなで、ちっくと楽しみにしていたら・・・
ぬをををを〜!(顔芸付き)
アニメ版の放送は、日本テレビ系列ではありませんか!

横濱・海津城には、日テレは、入らない (T_T)

ご覧になる方、レポをよろしく♪(くすん)

コメレス&大河ドラマ「平清盛」感想記事、明日アップ予定です (^_^)v
[PR]
by salieri777 | 2012-03-27 23:20 | 徒然なるままに一言

裏稼業の集い(笑)

f0182920_23252129.jpg

昨年、裏稼業(笑)で、ご一緒した二人とランチをしました。

その後、ぷらっと立ち寄った、アロマ関連のショップで、
3個で1050円のお買い得エアフレッシュナーを発見!

フツーに買うのは、面白くないので、
ひとりのエアフレッシュナーを他の2人が決めることにしました♪

2人が、私に選んでくれたのは、オーキッド。

裏稼業の仲間よ、また、会おうぜ!
[PR]
by salieri777 | 2012-03-25 23:25 | 徒然なるままに一言

出羽國からの賜り物(^^)

今年、関東地方では、「春一番」が観測されなかったことが発表されました。

「春一番」とは、 1976年のキャンディーズのヒット曲 立春から春分の日までに吹く
 強い南風のことを言います。

今シーズンの冬は、寒さが身に染みました。
というか、一か月に1回は、風邪をひいていたような・・・
(それは、ただ単に、リュー弾が、ぶったるんでいるからかな?)

さて、いつもお世話になっている、 「己鏡」 の、びびんば様から、
素敵な物を戴きました。
f0182920_21555351.jpg

嗚呼、カメラがハレーションを起こしている(スミマセン!!)

「JAうご」さんの 美少女米「あきたこまち」でございます053.gif
これが、噂のアキタ系か・・・誰でも食べれるアイドルというものですね。056.gif
(ん?リューザキ弾正の情報回線に一部不具合が・・・・笑)

この他、由利本庄のお雛様祭壇クラフトを頂き、また武田軍関連の書物もお借り致しました。
びびんばサン、いつも有難うございまする
040.gif040.gif040.gif

我が家に、春一番がやってきた様に感じました058.gif



ちなみに・・・賜り物と聞いて、母・弾正は、
「え?何?塩?」と聞き返しました(実話)
それは、武田軍のDNAが
言わしめるのデスカーーー!(泣笑)

[PR]
by salieri777 | 2012-03-24 22:23 | ほっこり、まったり♪
役者さんの中には、御自分の出演された過去作品は見ないという方がおられます。
阿部寛さんとか、モニターチェックもされない俳優さんもいるとか。
音楽家の中にも、過去の演奏のテープ、映像を見ない主義の方がおられます。
自分の「過去」の演技や、演奏に捕らわれたくないと思いのようです。

それとは、たぶん違った意味合いで・・・リュー弾にも、
買ったけど、観てないディスクが一枚あります。
f0182920_9131100.jpg 
ヴェルディー作曲 
歌劇「オテロ」
主演 プラシド・ドミンゴ 
指揮 リッカルド・ムーティー
ミラノ・スカラ座にて2001年収録
  


イタリア・オペラの最高傑作と言われる、ヴェルディ作曲の「オテロ」
ヴェルディは、過去何作かシェークスピアの戯曲のオペラを手掛けていますが、
それが、どれも傑作。修業時代、本人も好きでシェークスピアを研究していました。

歌劇「アイーダ」が大成功し (サッカー関連で、「アイーダ行進曲」が有名ですね)
直後、レクイエムを作曲し、これまた大傑作。
(モーツァルト、フォーレ作曲のレクイエムと共に「三大レクイエム」と称されております)
自分の音楽家人生、これでいいかぁ~。と思いかけた巨匠が、
周りに説得され、シェークスピアの「オセロー」のオペラを発表した時、74歳。
前作「アイーダ」とは5年のあいーだが、空いていました(駄洒落陳謝)

隠居していても、おかしくない年齢。本人も隠居する気満々。
ところが、出来上がった作品は、本人の一大傑作どころか、
イタリア・オペラを代表する傑作となりました。

さて、2001年12月。
9.11の余波が冷めやらぬ中、リュー弾は、
ミラノスカラ座での久々の「オテロ」上演を聞き、観劇のために機上の人となりました。

「オテロ」の名演は、数々ありますが、そして、それを記録したディスクもありますが、
この公演自体も、この時代の総力を結集したものだったと思います。

実は、リュー弾が、平土間の観客となった夜は、大問題が発生した日でした。
主役のプラシド・ドミンゴが、二幕目。歌の途中で、「すみません。歌えません」と、
詫びて舞台をから降りました。彼の歌っていた部分の直後に高いb音があるのですが、
自分で、その音が出せないと判断したのでしょう。

この緊急事態に劇場騒然。
観客は、拍手をし、ドミンゴの再登場を促します。
指揮者は、オケピからすぐさま走って、主役のテノール歌手の元へ。
舞台に残された、敵役ヤーゴも、観客と一緒に拍手し、オテロを待ちます。
やがて、指揮者が戻り、ドミンゴ氏の体調についての事情説明の後に
「主役はドミンゴ氏のままで、公演続行」と宣言。
劇場から歓声が沸き、あちこちから、「グラッツェ!(ありがとう)」の声。

再登場したドミンゴ氏が、客席に一礼したのちに、公演は継続されました。

こうして、オテロは戻り、ヤーゴの奸計に引っ掛かり、デズデーモナを絞殺し、
無事に(?)オペラは終了しました。
二幕目のハプニング以外(それ以降、b音は、すべて飛ばしましたが)
素晴らしい演奏でした。と、思っております。
音楽も歌も、各人の演技も演出も。

翌日、イタリア恒例のスト突入により、次の公演は中止。
結局、私がミラノで見た、オペラは、この伝説の夜の「オテロ」一度きりでした。

その後、上記のように、ディスク化され、購入したのですが・・・見れない。

生で観た感動をディスクの視聴で再びえられるのか?・・・
思い出は、とかく美化されます。
記憶の中で真実以上に名演と書き換えられたものが、あるかもしれない。

観て、ガッカリしたら、どうしよう・・・057.gif


うだうだしているうちに、10年の歳月が流れました(笑)
そろそろ、封印を解いてもいいかなぁ~と思い始めてます056.gif
10年も経っていれば、美化の澱も底深く沈殿し、影響しないかもしれません。
・・・であることを祈る(^^;)

[PR]
by salieri777 | 2012-03-22 20:59 | 映画観劇芸術鑑賞
地方局製作のコアな番組で話題になった、
「戦国鍋TV」が、半年の沈黙を破って帰って参ります! 

中盤まで、史実に基づいた徹底的なエンターテーメントが楽しかったのですけど、
終盤ネタ切れ感があり、なんとなく離れていたら、いつのまにか(^^;)
終わってしまいました(爆)

その「戦国鍋TV」が、4月21日(テレビ神奈川、他)より、順次、新装開店070.gif
戦国から、江戸時代、幕末まで網羅し、時には、鎌倉・室町時代も・・・・って(^^;)
すっげー、ストライクゾーンの広げ方 (゜∀゜;ノ)ノ

もはや、「戦国鍋TV」ではない(笑)
「歴史鍋TV」とか、名前変えた方が良くないですか?(誰に言っている?)

・・・絶対、清盛の時代もも取り上げるでしょう?
(取り上げてもらえるうちが、花かな・・・)

「戦国サポートセンター」とか、「うつけバー」とか、
完璧にエンディングを迎えたコーナーは、変に復活させて欲しくないなぁ・・・
逆に、「足利十五代将軍の統べっていない話」とか、希望(笑)

怒られるかもしれないけど、時代を超えたトンがった二人組ロック・デュオ、
「西行&東行」が、音楽番組ミュージック・トゥナイト出演!とか。
(注:西行は説明不要だと思いますが、東行は、幕末の高杉晋作さんの雅号です)

ありゃ、こうしてみると、結構楽しみかも(^^;)056.gif

妄想せむとや生まれけむ(///∇//)
[PR]
by salieri777 | 2012-03-21 08:53 | のほほんとブツクサ(^^;)
第11回 「もののけの涙」の感想記事でございます。

まず、コチラの記事を 
清盛=ルパン、盛国=次元 言い当てて妙だと思います。
(ま、実際の次元は、時にはルパンを突き放したりしますけどね)


今回は、清盛の最初の正室・明子との永訣。
得子サマに謀られた崇徳帝がメインだったと思います。

前々から、明子一途な清盛は描いていあったし、
前回の義清の一連の行動(^^;)よりは、唐突感はありませんでした。
伊勢平氏一門の新年祝賀の宴の風景も良かったと思います。
約一名があくびをするトコを除けば(^^;;)
な~んで、きみは、いつまでもお子ちゃまなんだよーーーー!
朝廷に、信ずるに足るべき人がいない、人材がいないって、君たちのチャンスだろーーー!
「乱世はチャンス」だろーーー(笑)
それから、二児の父なんだから、顔は、ちゃんと洗ってくれ。
やんちゃなままで、いいのか?
まぁ、宗子・明子・秀子の演奏と忠盛の総括で上手くまとまりましたが。

得子サマが、策謀を巡らすところは、大好きです(爆)
義清の出家が、璋子サマ&崇徳帝に波紋を及ぼすのは、
ドラマとしては、あると思いますが、
この二人のピュアさは、見ていて気の毒。
清盛が自分の出自を帝に明かして、己の思うままに生きる強さを促し、
重仁親王を得た、崇徳帝が、己を押し出そうと、反撃に出たら、
見事に足元をすくわれたのは、もののあわれを感じますが・・・

さて、加持祈祷の甲斐なく、清盛の妻・明子は病死します。
重篤の知らせに、平氏一門が駆けつけますが・・・
怒りにまかせて、僧侶たちに殴る蹴るの乱暴三昧な清盛。
・・・フツーな反応でしょう?愛する者が死んだら、悲しみますよね?
行き場のない悲しみは怒りとなり、当たり散らす。
よくある情景(?)ですよね?

何故、貴一忠盛は、慄然とした表情をみせるんでしょう?

答え:僧侶の中に、アクション担当の方が混じっていて、
 その方たちのみ相手に、松ケンは立ち回りをしていたのですが、
 (本職の僧侶は、端に逃げ、松ケンを避けた)
 事前に、貴一さんには知らせてなく、
 「本物の御坊様を蹴らはった!(|||゜Д゜) 」と内心動揺していたから。

ドラマ上では、「白河院のもののけの血」を感じたから、らしいですけど。
はぁ?ですよね。
しかも、それが、何故君に分かるんだ>佐殿・・・

白河帝が寵愛していた中宮賢子を病気で失ったとき、
亡骸をかき抱き、悲しむこと限りなかった。というエピがあります。
「病」が、「穢れ」とされた時代、重篤の中宮の部屋を退出することを拒み、
最期を看取り、亡骸を抱きしめ嘆いた。
宮中の慣例をことごとく破ったのですが・・・
(白河院のその後を考えると、同じ人物と思えない純情エピだなぁ)


貴一忠盛が、 ↑ を思い出して、二人を重ね合わせたのなら、
それを、台詞として、視聴者に知らせるべきだったと思います。
あの忠盛、清盛に対して、明らかにひいてましたよね?
その後の「揉めごと」の際、伊勢平氏の棟梁の後継者は家盛に・・・
との一族全体の雰囲気の前触れですよね?

だったら、 「亡き白河院が中宮崩御の際の取り乱しようは尋常でなかったという。
それは、かく有様であったのか・・・(やっぱり、俺の息子ではないなぁ@今更)」
こういう、セリフひとことあれば、親切だったと思います。説明台詞と非難されようと。

それより、問題だったのは、盛国の「恨むなら朝廷を恨みなさい」発言だと思います。
万座の席で、しかも一族外の僧侶たちもいる場で、その言葉はないよ>盛国!
事あれば陥れようとする存在が、跋扈する状態の中で、
格好の材料ではありませんか!
忠盛か家人の家貞が、「盛国、言葉を慎め!」と叱って然るべきところです。
このドラマは、こういう部分が甘いのですよね・・・

新年の宴の清盛のやんちゃ行動は、賢弟・家盛を光らせました。
平氏一門の一角を成す自覚の出た、規格通りの期待に応える存在・家盛と、
常に、規格外の主人公・清盛。
二人のコントラストを出したいと意図は分かるのですが・・・

コントラストと言えば、平氏に対する、源氏パート(泣笑)
義朝主従がいるのは、「プラネット・飯富・エイプス」ですかーーーー(叫)

来週、無事に地球に帰還できることをお祈り申し上げておりまする。
為義パパの(珍しい)反撃を食らって、シュンとなった由良姫と共に(^^;)

さて、来週は、源平の御曹司それぞれの結婚編です。
ひとりは、継室を迎えるという形。で、2人とも既に二児の父ではありますが(^^;)


More 先週のリュー弾のツボ(え?)
[PR]
by salieri777 | 2012-03-20 17:41 | ドラマでほっこり
・・・風邪ひいた(爆)
本日、ついに早引け弾正と相成りました(-_-;)
で、周りも、のきなみインフルエンザ&風邪で総崩れなんですけど。。。。

コメレス、皆様のところへの訪問、滞っております。040.gif040.gif040.gif
大きな余震、雪解け土砂災害、いろいろありますが・・・
取り敢えず、皆様、どうぞ御自愛ください。
[PR]
by salieri777 | 2012-03-16 20:58