武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー

<   2012年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

第二十一回 「保元の乱」の感想記事です。
まず、良い出来の回だったことが嬉しいです(胸熱)
後白河帝、崇徳上皇両陣営に、様々な思いを胸に秘め、平氏・源氏の武士が集います。
左馬頭サマに先を越された感のある安芸守(;ω;)
昇殿を許された左馬頭様は、夜討ちを献策します。
時同じくして、上皇側の鎮西八郎為朝も夜討ちを献策。
この二人のシーンが交互に映され、それぞれに対する両陣営の反応の
テンポ良い挟み方も小気味よいシークエンスでした。
信西、悪左府、二人そろって、「夜討ち」という、公家からしたら、
いわば、「綺麗でない戦術」に対しての判断に持ち出したのが、
ともに、「孫子」(^-^)
しかし、「孫子」のまったく同じ件を引用しながら真逆な結論を出す、当代一の切れ者二人。

ちなみに、この「孫子」のところ、脚本家の藤本由紀女史が、自分で見つけて、
考証の先生に、「これ、使えませんか!」と言ってきたそうな。
解釈は、無論、悪左府ドノの方が正解です。
信西の屁理屈(^^;)をひねり出すのに苦労したそうです。
ま、いわば、「兵は、詭道也!」、ですな~

勢いで昇殿を許され、夜討ちの献策を採用してもらって意気揚々の下野守の左馬頭サマ。
「お手並み拝見」とすげなく扱われる清盛(焦)
見送る信西に、「あれでは、甘利にも気の毒ではありませぬか、下野守に」
ブラック・ペア御両人、おひとが悪い・・・・

信西と違い、正論で判断した、悪左府サマ。「理を重んじる」だけのことの限界に、
まだ気が付かず、それは彼の悲劇的結末へ・・・(次週、乞うご期待!紅涙必至!)

先を越され、気負った清盛。
鎮西八郎為朝が守るであろう南門に主力を投入。
初陣の重盛・基盛もそちらに回します。そして頼盛に戦力外通告。
こうして、頼盛は、平家主流の枠外に追いやられる人生を歩むことに・・・

為義・通清主従のシーン。ほろりとしました。
「殿は、ここに。御子らが戦うのを見るものではございませぬ」
賀茂川縁で、すでに戦っている義朝と弟たち・・・

そして、清盛が攻めた北門で立ち塞がったのは・・・忠正伯父△でした(;ω;)
平氏一門を案じる時子。
もし、忠正殿と、殿が相対することになったら・・・
盛国の解説を交えながら(^^;)、
時子の懸念通りに、互いに、弓に矢を番え、打ち合う二人。
ともに、己が力を尽くしての戦い。
そして、盛国の解説通りに(^^;)、それは、武家に生まれた者の宿命。
戦う二人はお互いを認め合いながら笑顔すら浮かべております。
忠正にとっては、ここまで強うなりおって、という思い。
清盛にとっては、真っ向から受け止めてくれる叔父とのこの戦い。
悲劇ではありますが、ある意味、本望とも言えましょう。

でも、まわりは、いたく迷惑(笑)
矢尽き、剣での戦いになって、とうとう夜が明けちゃった。
「いつまで、やってるんや!つきあっとられんわ!」by兎丸。
でも、今回は、兎丸VS清盛@宋船の時よりは、いろいろなシーンを
織り交ぜ、さまざまな人の運命の交錯を描くことに成功していると思います。

平氏の戦いがある意味、深いコミュニケーションとなっている、爽快感すらあるのに対して、
源氏の戦いは悲惨です。兄と弟が血で血を洗う戦い。
鎮西八郎の前に進み出る鎌田正清。かばって、矢を受けたのは、父通清。
「武士としてやってはならぬことをしてしもうたわ。おぬしは父を真似るではないぞ」
瀕死の通清は為朝に「殿、殿の御育てになった源氏の若武者は、皆良く戦っております」と、報告して絶命。
初めて、実際の戦を目の当たりにして、鸚鵡の籠を抱えたまま狼狽する悪左府サマ。
政清の死を見届け、自分も戦場へ赴こうとする為義に、
「ど、どこへ行く!ここにいて、私を守れ!」と言って、一喝され、コクリと頷く情けなさ。
そして、討って出た為義の前には、義朝が・・・
「通清は死んだぞ!」剣を振るう為義。それを友切で受ける義朝。
清盛の戦いが爽快青春物語になっているのに対して、こちらは、ギリシャ悲劇。

やがて、兎丸の「こっちの方が早いでえ~!」と丸太突入で門を撃破。
また、義朝の案の火攻めにより、崇徳院側は総崩れ。勝敗は喫します。
縁から転がり落ちる悪左府サマ。同じく逃げ延びようとする崇徳上皇から、
冷たい一言。
茫然とする悪左府サマに、鸚鵡は、かつて信西が左大臣を褒めちぎった言葉を
むなしく繰り返します。「だ、だまれ!」
悪左府サマ、鸚鵡をほおって、退去。
燃え盛る、白河北殿。それを見て、かつての白河院との苦い思い出を想起する清盛。
後白河のいうように、新しき世が来たかに見えて、
ナレ朝さまは、武士の世が来るのはまだまだ長い時間がかかると
この先の暗い道のりを案じさせて、次回へ。

この大河で、一番の盛り上がりだったのに、数字の上では今期ワースト更新。
(「花の乱」の大河史上最低記録は、首の皮一枚でつながりましたが)
でも、今週は、「乱」らしい「乱」をがっつり見せてもらったという気がします。
合戦らしい合戦がなかった、大河(と名乗る恕羅魔)が続きましたからね。

次週、次次週の、乱の結末編も大変楽しみです。
乱の後の方が、悲劇性が強いですからね・・・・(;ω;)


More 今週のリュー弾のツボ
[PR]
by salieri777 | 2012-05-30 16:05 | ドラマでほっこり

鉄に萌ゆる( ̄∀ ̄)

f0182920_2383819.jpg

特急レッドアロー。
(正確に言うと、ニュー・レッドアローですけど)

川越に行くために乗りましたが、名前を見て想起させられたのが・・・

武田赤備え&鳥羽ちゃんのエア・アロー(^_^;)

大河ドラマ「平清盛」の感想記事は、明日アップ予定。
河越へめぐり記事も、近日中にアップする予定です。
[PR]
by salieri777 | 2012-05-29 23:08 | 徒然なるままに一言

金環日蝕狂想曲

5月21日に、日本の三大都市圏で、932年ぶりに金環日蝕が観測されました。
・・・というニュース。
あれ、129年ぶりとか、いう数字は???と思われた方もお出ででしょう。

上記のように、東京・名古屋・大阪(京都)で、
同日に、金環日蝕が見れたのは、
前回は、1080年のことでした。
平安末期です。

ググってみると、松山ケンイチも中井貴一も生まれていない。
ぢゃなかった、清盛も忠盛も鳥羽ちゃんも生まれていない時代です。
その時代は・・・朕の世であるぞ by 白河帝
いや、実質、白河さんの権力掌握時代は長かったけど、
まさに、帝の折りに金環日蝕が、起きております。

当時は、庶民はビックリして、貴族は貴族で末法思想に拍車がかかったでしょうね~

ところで、今回、知ったのが、源平合戦の折りにも、金環日蝕があったことです。
富士川の合戦以降、平家ボロ負けの印象が強いのですが(源氏派としては)
唯一、勝利を収めた、水島の合戦。
現在の岡山県水島市を含む地域で、金環日蝕が起こりました。まさに合戦の最中に。
朝廷に近く、暦を知っていた平家は、日食が起きるのを知っていましたが、
源氏は知らず、動揺して、そのため敗退したといわれております。

さて、129年ぶりというのは、首都圏で観測される金環日蝕という意味です。
明治16年10月に記録されておりますが、
天変地異は人心の不安を招きます。
そこで、明治政府はあらかじめ、錦絵をつくり、「こういうことになりますよ~」と、
一般市民にお知らせしました。

f0182920_21391758.jpg
← その錦絵。
   ヤダ、光の部分と影の部分が逆になっている!ぷぷぷ。
   学者さんから理論だけ聞いてなんとなく絵にして
   配布したのでしょうね。
   事前に現象を知らせて安心させようとした錦絵が、
   今では、一服の香ばしい清涼剤に(^^;)


平安の時代の人は、明治の時代の人は、金環日蝕を見て、どう感じたのでしょうね。
056.gif
[PR]
by salieri777 | 2012-05-27 09:22 | ニホンのレキシ♪
第二十回 「前夜の決断」の感想記事です
先週の予告で、「平氏はどちらにもつかぬ!」と棟梁が申しておりましたが、
ま、まさか、「実の兄弟じゃなくて伯父と甥だったりするかもしれないけど(汗)、
兄と弟、仲良くなっていただきたいものだ」みたいなことを言い出したりしたら・・・

テレビ、投げますよ。星一徹父ちゃんのように
@「巨人の星」(^^;)


しかし、そうではなかった。
前回終盤で、法皇&上皇の仲直り < 平氏一門の繁栄を、突然選んだ主人公(唐突)
確変後ブラック化が始まっているようです。

しかし、まだまだ、甘い。平氏一門は一蓮托生♪とか言っているけど、
平氏の若きクールな突っ込み担当の弟・頼盛の視線に気づけ!
で、その後、平氏一門は、清盛の意図に反して分裂を余儀なくされるんですが・・・
忠正伯父△
頼盛の離反を察して、それを押しとどめ(棟梁に逆らった者として、戦に勝っても
その後、軽んじられるであろうと、現実路線で説得)
すべてを背負って、自分が離反します。
どちらが勝っても、伊勢平氏の血脈は保たれるように。
そして、万が一の場合、弟が離反するより、伯父が離反する方が、
清盛の棟梁の面目は保たれるでしょう。
なおかつ、自分の離反だったら、清盛の心も一門全体の動揺も軽減されるかもしれない。
「わしとお前。絆など、はなっからなかったわ!」
上皇方についた忠正伯父さんのフッとした渋い笑みにその言葉が、再度流れます。
絆があったからこそ、一番は平氏のためとはいえ、清盛を思う情があればこそ、
忠正はこの選択を選んだのだろうという描写になっておりますね。

実は、ここで、清盛のシーンが大きくカットされているようです。
頼盛から、忠正伯父さん離反の知らせと伯父さんの言伝を聞いた後、
清盛は慟哭し、なおかつ泣き崩れるのですが、
家令・家貞が、「それでも、平氏の棟梁ですか!忠清、棟梁に喝を入れてあげなさい」
「えええっ (゜∀゜;ノ)ノ 忠清に殴らたりしたら、壊れちゃ・・・ブギャ(殴られてる)」
吹っ飛んだあと、ようやく決意を固め、出陣へ。

まぁ、その分、源氏パートがガッツリ描かれていたことを思うと、ま、いいか(笑)
ふじもっさんの出番がカットされたのは気の毒だけど。

一門の動静。平氏がイマイチ甘さを残しているのに対して、源氏は、
峻烈苛烈厳しさ、修羅道ハンパないです。
義朝と、為義と愉快な子供たち(^^;)は、それぞれ別々の道へ。
鬼若が、ピンポンダッシュをする小学生のように現れ去りますが、
どうも、彼なりに、源氏に親しみを感じているようです。
ボリスに対して悪態ついているけど、好きな子をいぢめて、それで、
「今日も、お話ができた☆」みたいな(笑)

鬼若@小学生は、置いておいて、気になるのは義朝の元を離れた乳兄弟・正清が、
どういった、タイミングで義朝のもとに戻るか。
このくだりは、絶品でした。
上皇&悪左府に忠義を誓った後、そなたはわが子ではない義朝の乳兄弟。
戻っていいよ。と言うボリス(泣)
断る正清。いよいよ出陣。しかし、ひとり立ち上がらない正清。
「今、厩は混んでおる、そなたたちは、後から来るがよい」 ボ、ボリース!(号泣)
親子二人だけになって、「しょうがない殿に離れられぬは我らの血であろう」と、
鎌田父は息子を理解し、「自分の殿」と敵となった若殿の元に送り出します。
「遅いではないか、ミッターマイヤー
来ると信じ切っていた義朝の笑顔。最高でした。
(ちなみに、ピンポンダッシュが、脇からこの様子を覗き見て、もらい泣きするシーンが、
あったそうな。やっぱり、源氏側が好きなようです)
武家の正室由良の格式と常盤の対比も見事でした。

順番は前後しますが、鳥羽チャン亡きあとも、朝廷シーンは大丈夫!
信西の暗躍ぶりも今回、なかなかでしたし、
とにかく、曲者の権化・日本一の大天狗、ゴッシーのキャラは最高ですね。
キレている切れ者・ゴッシー(^^;) 武士は犬と言い切り、
さぁ、好きな方にさっさと付くがよい。
それを聞いて清盛は、今、武士の存在の重要さを分かっているのはゴッシーだと、
悟ります。・・・って、いつから、そんなに暗黒面を培ったの?清盛クン。
しかし、それが頼盛を説得できるほどではなく、清盛の危ない独断が、
頼盛一派の動きとなり、それが、ひとつの悲劇を生み出すのですが・・・
そもそも、頼盛が上皇方につこうとしたのは、崇徳の息子・重仁親王の乳母を
母・宗子(池ノ禅尼)が勤めていた事情もあるのですが、今回は割愛されてます(不満)

清盛の脇の甘さと脳内補填が必要なドラマ描写等々、問題点はまだまだありますが、
ようやく、大河ドラマとして、盛り上がってまいりました♪


平氏と源氏。それぞれが一門の中で敵味方となって争う保元の乱、いよいよです!

More 今週のリュー弾のツボ
[PR]
by salieri777 | 2012-05-25 14:55 | ドラマでほっこり

近日中に・・・

f0182920_21271825.jpg

近日中に、大河ドラマ「平清盛」の感想記事をアップします。

それまで、山梨銘菓「信玄桃」の画像をお楽しみ下さい(笑)
母・弾正が、入手♪

味は、甘利・・・以下自主規制(爆)

来週の「平清盛」は、マストですよ、Akiさん > 私信(^_^;)
[PR]
by salieri777 | 2012-05-22 21:27 | 未分類
f0182920_1032156.jpg

f0182920_1032122.jpg

長篠合戦の日ゆえか、曇り空どころか、小雨模様(ToT)

しかし、雲が時折り切れ、金環日蝕の時は、薄い雲越しですが、ハッキリ見えました!

「宇宙兄弟」コラボ日蝕観測メガネをかけた、宇宙親子(笑)
[PR]
by salieri777 | 2012-05-21 10:03 | ほっこり、まったり♪

只今、謀略中(^_^;)

f0182920_16122447.jpg

はあああああ!

明日、金環日蝕なのに、関東地方は曇り空だって! (゜∀゜;ノ)ノ

炎天下の日に、嬉々として、謀略を練っていた報いでしょうか(汗)

昨日の気温27℃の晴天を半分でもいいから分けたい(ToT)

特急れっどあろー「小江戸」号にて。
功城前の謀略中之図(笑)
[PR]
by salieri777 | 2012-05-20 16:12 | 徒然なるままに一言

腹が減っては・・・

f0182920_16482512.jpg

晴らせぬ恨み、晴らします。

あ、間違えた(爆)

日頃の憂さを晴らします(笑)

陣中飯、食べます♪
[PR]
by salieri777 | 2012-05-19 16:48 | ほっこり道中記(^^;)

武田軍、出陣!

f0182920_1003767.jpg

突然でございますが、
武田軍、出陣します!

いざ、参る!(〃∇〃)
[PR]
by salieri777 | 2012-05-19 10:00 | ほっこり道中記(^^;)
鳥羽チャン逝く・・・(;ω;)
近年になく、濃いキャラでした。

 「青筋血管芸」
 「朕、痛恨の花畑ヘッド・スライディング」
 「エアーアローdeパントマイム」 
「常に宴でフルボッコ」


その鳥羽チャンとも、お別れの由にございます。


では、「鳥羽院の遺言」の感想でございます。(え、↑ ぢゃ、コレ何?)
近衛帝崩御、後白河帝即位。
冒頭は、鳥羽チャン/崇徳院のデュエット「許せ・許さぬ」
後白河帝の即位の祝いの宴に崇徳院からのお祝いの御歌が差し入れ。
上の文字を縦読みすると、「あなにくし(とても憎い)」
折句をすぐに察した、後白河帝、烈火のごとく怒り、大暴れ。
心乱れた、鳥羽法皇は、また話を蒸し返して、やっぱり宴でフルボッコ(^^;)

鳥羽院と崇徳院の亀裂が深まる中、平氏には、お客が訪問。
時子・時忠の異母妹・滋子登場。。。
あ・・・・不細工だ。。。@フツーの平安美人規定

しかし、平氏の男ども色めき立ちます。
忠正おじちゃんや、家貞、基盛まで。
というか、基盛、何、「おいしそう~♪」、という反応しているんだ(笑)
成海璃子チャンが、唐揚げの山か、ハンバーグに見えたのか?
それに対して、滋子の反応、「アッカンベー」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 古典的なリアクションですね @ 平成
 ないないないない @ 平安


人物デザインも製作陣も、何を考えているのだか。
まぁ、このメンバーの平氏一門が、ほのぼのしていられるのは、今回がラスト。
そう思うと、ちと、感慨が・・・(涙)


こちらが、先でしたっけ「大蔵合戦」066.gif
悪源太・源義平見参!父・美朝の弟・義賢を討ちます。
ちなみに、義賢の息子・駒若丸(後の木曽義仲)が落ち延びるシーンはカット(泣)
磯Pも、木曽義仲を出すかどうか、ビミョーと言っていたっけ・・・(;ω;)
そうこうしているうちに、悪左府サマ失脚。
鳥羽チャン重体。崇徳院の見舞い拒否。
雨の中、「ちちうえ・・・」の言葉が、ついに今生で和解することのなかった
二人の境遇の悲しさを引き出しておりました。
その雨の中、彷徨った、崇徳院の前に立つ、
ブラックティース・ホワイトドラゴン(悪左府サマ)

いよいよ、保元の乱へと歴史はうねっていきます。


More 今週のリュー弾のツボ
[PR]
by salieri777 | 2012-05-18 21:17 | ドラマでほっこり