武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

まるで夏休み終了前夜に慌てて宿題を片付けるが如く!(笑)
3本立てになる前に(^^;)、2本続けて、ど~~ん(爆)


第32回「百日の太政大臣」
ボリス、覚醒!@伊豆にて 今回はこれが主眼です(違っ!)
第3部から、京の都と関東と二次元中継ドラマとなりましたが。
今回の「太政大臣」について、便利屋・盛国が、平家の公達&視聴者に
懇切丁寧に解説してくれます。
(上川さん@盛国という存在を使いこなせなかったのが、このドラマの惜しいとこだなぁ・・・)

八重姫懐妊&出産に涙を流す佐殿。。。
家族がいないって、全滅って(全滅とは言ってないけど)
常盤の生んだ弟たちはともかく、同母弟妹の存在まで今回は完全抹殺(;ω;)
青盛が清太(重盛)誕生に、初めて自分と同じ血が流れた存在が生まれた喜びと
対比させようとしたのでしょうけど・・・シエ三姉妹の存在消滅の兄を想起させます。
(使用感には個人差がございます)
貴種を引き取って育てた状態の清盛の孤立感と正室由来の嫡男・佐殿では、
そもそも、根本的な立場も違うでしょうし(このドラマ内において)

オカモトノブト&ミネリュウタ。
絶対、盛子に遺産継承という裏技を考案したのはアナタではありませんね
   VS
絶対、佐殿&八重姫のカップルは不幸な結末だろうね。
 ↑ この分かりやすいフラグ立てまくりキャスト(笑)

そして、藤原摂関家ブラザーズの小物感がハンパなく素晴らしい(感涙)
ほも長さん親子の時代が、本当にロウソクの炎が消える前の最後の輝きでしたね。
藤原氏長者の朱器台盤継承も、ほも長さんが最後だったし。(まぁ、強奪でしたけど)

相変わらず、フリーダムなゴッシー(後白河上皇)
ま、彼は、このままでいいか。数少ないキャラが確立された存在です(^^;)
セイコ・マツダについては・・・こっちも放置で、じゃ、次行きます(爆)

第33回 「五十の宴」
えええっ (゜∀゜;ノ)ノ 清盛50歳? 見えん。50年間何やったっけ?
甘利に覚えてなくて、「誰の五十の祝いじゃ?」と清盛じゃなくても聞き返しますよ(笑)
一方、伊豆の佐殿は・・・はあああああ!ボリス因子完全覚醒状態。
ですので、武士の情けで、このままにしておきます(おいっ!)

宴シーン自体は面白く見れました。
忠度さん登場&和歌合戦、ほとんど反則だろ!(爆笑)
少なくとも、メレブより役に立つ存在です(笑)
注:メレブとは、ドラマ「勇者ヨシヒコ」で、ムロツヨシさん(忠度役)が演じた、
意味のない魔法しか使えない魔法使いのことです。


さて、次週は、・・・白昼夢シークエンス???
なんか、清盛が「敦盛」を舞いそうな予告画像でしたが(← 超矛盾している表現)


More 先週と今週のリュー弾のツボ(汗)
[PR]
by salieri777 | 2012-08-30 22:21 | ドラマでほっこり
f0182920_1028351.jpg

この暑さは、あと二週間続き、秋の訪れは遅いそうですが(気象庁発表)皆々様、どうぞ御自愛下さい。

ブログは、明日には、なんとかしたいと思っております(気象庁発表 ← 嘘)

ちなみに、写真は、フクイサウルスくんです。

けっして、リューザキ弾正「近影」ではございません (゜∀゜;ノ)ノ
[PR]
by salieri777 | 2012-08-25 10:28 | 未分類

エネルギー充填中!

f0182920_21425853.jpg

すみません(汗)

コメレス遅れてます。

皆様方のところの訪問も滞っております。

記事アップ、順調に遅れております(爆)

具体的にどこか悪い訳ではないのですが、ダルオモ。

ちと、いっぱいいっぱい状態であります。

エネルギー充填120%
耐ショック耐閃光防御が完備したら、ちゃんと、戻って来ます。

まずは、菊川のうなぎを注入(笑)

奢りだと、なおさら、力がつきます(^。^;)

何とか、今週中には、浮上いたしまする。

不義理の段、切にお詫び申し上げます m(_ _)m
[PR]
by salieri777 | 2012-08-22 21:42 | 未分類
いつもお世話になっている、Step by Step の、カタリーナさんの記事の

料理が、甘利にも美味しそうだったので、作ってみました035.gif
f0182920_2148247.jpg

マッシュルームソース添えにしてみました(^^)

パセリがなかったので、水菜を代用(笑) あ~、日本だなぁ~(爆)

美味しかったです(^0^) 我が母・弾正にも大好評(〃∇〃)
[PR]
by salieri777 | 2012-08-18 21:54 | 美味しいものにほっこり
タイガドラマ「タイラノキヨモリ」
まさか、大河ワースト記録・成田屋親子を凌駕する数字が出るとは。。。
(ちなみに、「花の乱」「武蔵」でーす♪)
何が理由か分かりませんが、というか、想像はつきますが。
ま、前置きはここまでにして。

今週と来週の土曜日の午後3時から、朝ドラ「ちりとてちん」総集編が、
何故かこの時期、BSプレミアムで再放送。

18日㈯ 前編「笑う門には福井来る」
25日㈯ 後編「笑う一門には福来る」

ドラマの不調を脚本家のせいにした向きもあり、
私も脚本家さんに、力足らずなトコロがあったことは認識しております。
しかし、あれだけ、藤原摂関家について書いたのが編集で丸々カット(ーー;)
現場での、演出によるシーン改ざん。(ーー;;)
 ※注:少なくとも、「もののけの涙」以降、青盛の青春パンチは本には描写がない。

NHKのドラマは、PとDとWのコラボで土台が出来上がります。
ま、今回は、相性が悪かったということで(^^;;)


f0182920_9195178.jpg




あ、大河ドラマ「平清盛」の方は、やがて、
 「笑えない一門が福原来る」という展開となります(笑)


[追記] 母・弾正が、総集編(今日は前編でした)見終わって、
 「だめえええええ!色々なシーンがカットされてるじゃないの!
  全部見なきゃ、見たことにならないわ!(プンスカ)」
 ま、総集編って、そういうものなのですけど(汗)
 未見の方には、是非、全話151回を見てもらいたいそうです(^^;;)

[PR]
by salieri777 | 2012-08-18 09:28 | ドラマでほっこり
いささか、くどうございますが(笑)

観劇レポ、最終回でございます。


f0182920_2372922.jpg


さて、新猿之助さんの真価が問われる、御家芸「黒塚」です。

先代猿之助時代、NYの演劇週間に招待され、高評価。

翌年も続けて招聘を受けたのですが、前年度の劇場と違い、

2年目の舞台は、メトロポリタン歌劇場!

「黒塚」には、主役・岩手が、糸紡ぎ歌を歌うシーンがあるので、

先代猿之助丈は、METで歌った2人目の日本人となりました(^^;)



という、数々の伝説の舞台に、新猿之助さんが初役で挑みました!

鬼女物(^^;;)なら、紅葉狩りの方が、御姫様姿が見れるし・・・という声もありましたが、

やはり、澤瀉屋ですから。いや、旧亀ちゃんの姫姿見たかったですけどね。

「決して見てはなりませぬ」 老女にしては、しなやかすぎる物腰で立ち去る岩手。

見てはならぬと言えば見たくなるのが、人ってもの。東屋を覗くと・・・

一幕目の歌と佇まい。二幕目の舞踊。三幕目の鬼の本性を現してのスペクタクル。

やはり、見応えのある作品です。花道で、体をまっすぐにしたまま倒れる「仏倒し」も見事でした。



さて、最後の演目は「楼門五三桐」

澤瀉屋唯一のブロガー、市川猿三郎さんのブログで知りましたが、

通常のバージョンと違い、まず花道での連なり台詞がありました。

光秀を倒してから「八年」(ここで観客は、8年ぶりに舞台に立つ猿翁のために拍手)

いよいよ、真柴久吉(羽柴秀吉)が、稀代の盗賊石川五右衛門を召し捕ると語ります。

ここで、本舞台の幕が開いてお馴染みの南禅寺の山門のシーン。

「絶景かな、絶景かな」意外と初役だった五右衛門@海老蔵丈。

そして、お待ちかねの、猿翁丈、巡礼に扮した久吉で、張り出し舞台で登場。

五右衛門の投げた小柄を柄杓で受け「巡礼に御報謝!」と受けます。

二人はいずれの決着の日を近い、見得を切って幕。

・・・ここで、終わりなのですが、「毎日していればサプライズじゃない(笑)」by猿三郎丈。

カーテンコールです。

幕が開くと、後見に支えながらもきりっと立った猿翁さんが万雷の拍手に応えます。

下手に控える海老蔵さんを呼び寄せると、海老蔵さん猿翁に腰を低くして握手。051.gif

そして、声援をおくる観客の方に向きます。

そのあと、猿翁は、黒子姿の後見に、前に出るよう促します。

黒子、並び立って深々とお辞儀。040.gif

猿翁、覆いを取るように仕草を見せると、後見は覆いを取って、中車さんだったことを披露します。

み~んな、知っているのですけど、やはり大盛り上がり。070.gif

(大千穐楽の時は、凄かったらしい。何度もカーテンコールが繰り返され、

うっかりと表彰に来た松竹関係者が、

また幕が上がったことに気づいて、慌てて舞台袖に駆け戻ったりとか)



華やかに観劇を終え、翌日は御江戸見物をしました。056.gif


おまけ 戦利品♪
f0182920_23104877.jpg

[PR]
by salieri777 | 2012-08-15 23:13 | 映画観劇芸術鑑賞
f0182920_6253848.jpg

はい、襲名公演記事その2でございます。035.gif

さて、陣中食を済ませたあとは、普通は厠でお色直し(笑)なのですが・・・
次が分かっているだけに、立てません。
お目当ては・・・定式幕のあと、頃合いを見計らって見参!
するするするっと御祝儀幕が。

f0182920_6274610.jpg


下手から上手へと流れるので、まず一番右端の 福山雅治より の文字で
どよめきが起こりました。
(ま、皆さん、もちろんご存知なのですけどね。やっぱり、実物の御祝儀幕を見ればテンション上がります)
そして、全体が現れると、みなさん一斉に撮影開始(^^;)


さて、「口上」です。「とざい、とーざい」の声と共に、幕が開きました。
緋毛氈で伏して畏まっているのが、五人。
右から、海老蔵丈、團十郎丈、猿之助丈、中車丈、團子丈と並んでおりました。
実は、私は、息を飲みました。澤瀉屋の置かれた難しい立場がありありと伺えます。

ある意味、澤瀉屋の難しい立場をものともせず、列座して御祝いの口上が出来るのは、
この成田屋の二人だったのでしょう。
というか、澤瀉屋と成田屋の悶着が当代の團十郎さんの時代に解決されていて良かった!

しかし、この口上を華やかに明るくしたのが、成田屋親子の爆笑スピーチ。
團十郎さんの「一段高うございますが」の決まり文句から始まって、
襲名された、二代目猿翁さん、四代目猿之助さん、九代目中車さん、七代目團子くん。
それぞれとの思い出やらエピソードを朗らかに語って、襲名を寿ぎます。
いわく、「パリ公演の時、フランス語で口上させていただいたが、実はチンプンカンプン。
カタカナをそのまま覚えて述べただけですが、拍手喝采だったので、まあいいか。
でも、実は自分が何を述べたのか、よく知らない(爆)
しかし、新猿之助さんは、フランス語はペラペラ。『オペラ座の怪人』についての
アドリブまで繰り出す教養の持ち主」場内、團十郎の愉快な語り口に終始爆笑モードでした。
中車さんに対しては、これから何度でも同じ舞台に立ちたいと思っております(場内拍手)
團子クンには、娘・市川ぼたんが、踊りの師匠をさせてもらってる。
将来が楽しみな聡明なお子さんと褒めておりました。

続く、海老蔵さんも、まずは、その場には不在(「五三桐」出演に備えて)の猿翁に対する
並々ならぬ尊敬と憧れを語ります。
続いて、猿之助さんとの歌舞伎ロンドン公演の思い出話で場内大爆笑に。
「亀治郎さんに、海老蔵くーん、『ライオン・キング』観に行こう!と誘われたのですが、
・・・興味ないんですけど」(爆) 注:もちろん誘われて断れないので行きました。
そして、中車さんとの御縁を語ります。
(海老蔵さんの映画で共演。カガテルの想いを知り、完成披露会を歌舞伎座で行うよう
松竹に掛け合いました。当時、カガテルは舞台上で「海老蔵君、ありがとう」と号泣。
ここまでは、有名な話ですけど、その後、カガテル親子に御稽古ごとの師匠の紹介など、
奔走しておりました。團子くんの踊りの師匠に妹・三代目市川ぼたんを紹介してます)

團子くんに対しては、六月公演の襲名口上で、「猿翁のおじい様より立派な役者になりたい」と、挨拶しているのを地方公演先のテレビで見て、「何やら大それたことを申したようですが」と語ると、場内またまた大爆笑。
最初に、猿翁に対する尊敬の念を熱く語っているだけに観客全員もはや腹痛状態(^^;)

対して、襲名を迎えた猿之助さんも、中車さんも、通常の「関係者筋」に加えて、
「市川宗家の御理解を得て」と必ず、申し添えておりました。
あー良かった。溝が埋まっていて。ある意味、絶妙なタイミングでした。
(まさに、ここも「恩讐を越えてありがとう」でしたから!)
新たな名を得た三人は精進を誓い、皆々様の御指導御鞭撻&御贔屓を請い、
團十郎丈が、「いささか諄う(くどう)ございますが」と、澤瀉屋の繁栄を祈り、
皆々様の澤瀉屋への益々の御贔屓を願う、締めの挨拶を行い、
幕が閉じるときは、温かい雰囲気に包まれて終了しました。
目出度し目出度し(^^)058.gif



あれぇ!思わず長くなったので、
後半戦を次回まとめて!(爆)

ちゃんと、三回で記事を終わらせますよ~(御約束) 070.gif

[PR]
by salieri777 | 2012-08-12 06:59 | 映画観劇芸術鑑賞
観劇レポをお届けする時刻ですが、予定を変更してお送りします(^^;)

ラピュタは、甲斐國にあり!(爆)

甲府駅前と言えば、もう信玄公銅像しかないと思うていたら、

こげなレポを発見しました(涙目)

甲府にラピュタ出現? 記事はコチラ → 

ジブリ作品では「天空の城 ラピュタ」が一番好きなので、
リュー弾的にオオウケにございます035.gif

どなたか、リュー弾と一緒に 「バルス!」と唱えませんか(笑)
[PR]
by salieri777 | 2012-08-10 21:56 | 武田軍劇場(笑)
ええ、行ってきたんですよ。澤瀉屋襲名公演@七月・夜の部
f0182920_954895.jpg

イッシュウキ前だから・・・と、躊躇があったのですが、襲名公演は、やはり・・・ね056.gif
びびんばサンをお誘いして、乗って下さったことも後押しとなって、馳せ参じることに!
御屋形サマァァァァ!053.gif

暑さ厳しき折り、万全の暑さ対策の饗応支度をしていたら・・・涼しくなってしまった!
(びびんばサンが帰陣された翌日に暑さがぶり返し、猿翁休演に・・・一日のみでしたが)
空模様が怪しかったので、早めに演舞場に到着し、
「一番槍の功名は我らぞ!」とかやっていたら、
マジに激しい雨が!057.gif ひさしのある中にいて良かったーーー(^^)
背後の超有名料亭「金田中」から御出ましのセレブも
お店の方から番傘対応を受けてました。


開場前に、兵糧と兵法書(お弁当と筋書きとも言う)を購入。いざ!出陣じゃ!066.gif

1.将軍江戸を去る
   徳川慶喜 市川團十郎
   山岡鉄太郎 九代目市川中車
   高橋伊勢守 市川海老蔵

幕末スキーには、ツッコミどころ満載な内容なのですが、
過ぎゆく、江戸時代に愛惜の念を感じる作品です。
初めて見る、新・中車さん。あぁ・・・二ヶ月公演の中日過ぎとあって、酷い声枯れ。。。
台詞を謡うことにかけては、ことに、成田屋の旦那の前では、その差、歴然。
しかし、役者は汗をかき、恥をかいて、育つもの。これからです!

「天正18年8月1日徳川家康江戸入府、慶応4年4月11日徳川慶喜江戸を去る。
たった二行だが、この間には・・・」江戸の地を去り際での、慶喜公の述懐。
万感の思いが込められたくだりです。

途中、目通りを拒まれた山岡鉄太郎の台詞、
「上様、にわかの病なら、医者を呼べ!松本良順を呼べ!伊東玄朴を呼べ!
南方仁を呼べ!」(三人目は嘘です)とか、
名前のみでも、榎本武揚、大鳥圭介なんて、台詞の中にあると涙が出ますね。
いや、高橋伊勢守が出てくるだけで、充分、お宝物の演目ですけど。


さて、歌舞伎の幕間は、短い。そのあいだに陣中食をかっこまなくてはなりません(汗)
襲名グッズを買うことを想定して、食の費用を削りました(笑)
一番安価でなおかつ新橋演舞場ならではが・・・これ ↓↓↓ 

f0182920_10242662.jpg
がび~ん!
ブレブレだわ!

時間ないし早く、食べなきゃ!
と焦ってたら、この始末 (ーー;)

 中身は、こんな感じ035.gif
f0182920_10442994.jpg

え?キャプションが変?ど~こ~が~?(お惚け)
最上級米100%使用の、鮭のおにぎりと焼きおにぎり&煮物・卵焼き063.gif


あら?食べていたら、時間!・・・059.gif
ということで、続きは次回(爆) 

[PR]
by salieri777 | 2012-08-09 17:00 | 映画観劇芸術鑑賞
7.8%か・・・数字がすべてではないけれど、これまでの失策の表れと言えなくもない。
詳しい、内容分析は年末にするつもりですが(年末まで、放送しているよね?)


地、地上波総合での本盛が見れない・・
ま、もともとBS視聴がメインですけど。
(でも、受信料は払わなくちゃならないんだよな、映らなくても)
ということで、早盛(BS放送)で視聴した、
第31回「伊豆の流人」の感想記事です。
19歳の佐殿(感涙)静かに流刑暮らし。
藤九郎のにぎやかさが心の慰めでしょうか?
都では、ついに青盛が大納言に・・・
軍事力と財力で、いよいよここまで。。。
正盛が搗き、忠盛がこねた天下餅。座って食べるは平青盛。
まぁ、大納言であって、徳川家康さんみたいに内大臣ではありませんけど。
もともとの伊勢平氏一門の力あればこそ、この隆盛が可能だったと思います。
軍閥貴族が、代々をかけて上り詰めてきたのが彼らだと思います。
もちろん、清盛の功績もありますが。
皆さん(主にP)が、イメージする武士って、坂東武者のことでは?と思うのですが。

清濁併せのむ黒盛のやり方に、重盛は、同意しかねる表情。
帝と上皇の仲を取り持とうと差し出口をして父から叱られる。
「俺はあのように青臭くなかった」by青盛@40代
全銀河から、ツッコミを受けたことでしょう。
正論重盛VS父のブレ盛の苦しい心の葛藤が本格的に始まりました。

親政を執り行う賢帝・二条帝。キレ者ゴッシーに出番なし。
蓮華王院を建てて(貰って)自分の権勢をみせつけてやりたいが、帝は無視。
しかし、にわかに二条帝危篤。すぐさま生まれたばかりの皇子に譲位して、
六条帝誕生。激怒するゴッシー。しかし、二条上皇(となります?)は安堵して
とうとう、声変りをしないまま、崩御。
大喪の儀の折り、ゴッシー乱入。
「千対の観音を参拝していれば、守ってもらえたものを・・・」
いつものキレ笑いが出るまで、少し間が。父としての寂しさがあったのかもしれません。
そして、神聖青臭い(青盛)が、日本一の大かまってちゃんの起こした騒ぎを治めます。
それは傍から見ていた、伊東祐親。こりゃ、大納言に逆らうと怖いことにとガクブル。
嗚呼、それだのに、伊豆では、家臣の久坂玄瑞@「龍馬伝」が、馬の前にニンジンを
ぶる下げるようなことを・・・・!(馬の例えは、佐殿にはNGか・・・)
佐殿と八重姫、もちろん、ふぉーりんらぶ。
第3部の初回としては、なかなか良い出来だと思うのですがねえ。

さて、来週は、一週休みです。序盤で日本人選手が、後方になったら、(必ずそうなる)
この期をとらえて、今までのダイジェスト版を放送するんだっ!
上層部から、枠を貰えなくても、電波ジャックするんだっ!(良い子はマネをしないでね)
兵は、詭道也!(笑)


今週のリュー弾のツボ

一部で物議を醸している、藤九郎の頭巾もしくは烏帽子ナシ姿。
それより、気になったのが、五年も経って、今更、笙を見つけ出したこと。
今まで、荷解きしていなかったのか・・・五年間も。。。
いかにも、近くまで来ている八重姫をおびき寄せるアイテム(笑)としての唐突さ。
由良御前が笙を奏しているシーンって、ありましたっけ?

番組最後、平清盛と源頼朝が、日の丸の扇子を持って、
「ガンバレ!ニッポン!」と笑顔で声援して次週の休みの告知をしている、
という夢をみました(爆)
妄想せむとや生まれけむ(お、おい!)

[PR]
by salieri777 | 2012-08-08 07:14 | ドラマでほっこり