武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

第41回「鹿ケ谷の陰謀」の感想シーンです。
ほた~るの、ひか~り、ま~どのゆ~~きぃ~
先週、キャストロールで「蛍雪次郎」さんの名前を見た(ような気がする)けど、
本編では分からなかった。名前を見たのはリュー弾の欲望の幻影?
・・・そう思ったのですが、出演しておりました。平康頼役です(〃∇〃)

平治の乱の折りのメンバー(塚地な信頼。サラリーマンneo、伝兵衛、嘘泣き成親)を見て、
「どう見ても、成功しない」感じがハンパなかったですけど(笑)
今回の、鹿ケ谷の陰謀も、どう見ても成功しないオーラが激しすぎる(笑)

長い経緯で清盛から心が離れた西光が、倒れた瓶子を執拗に叩き潰し、
宴でほろ酔い気分のメンバーをさすがにドン引きさせておりましたが、
終盤、キレ盛が西光を執拗に踏み潰すシーンに繋がっておりましたね。

西光は、最初から清盛に批判的な感情を持っていましたが、
信西の理想を唱えながら、結局、私怨の範疇で、清盛に反旗を翻しました。
西光の罵りに、プチッとキレて、猛ダッシュして西光を執拗に踏み下す、
年齢を感じさせない(^^;)精神もキレ盛だったけど、体もキレ盛さん。
こちらも、信西の理想の延長線上にいると標榜しながらも私怨の衝動で暴力。
この対比は良かったです。

そして、もうひとつの対比。
明日を見失ったキレ盛に対して、明日を見出した佐殿@伊豆。
爪切り もとい、「髭切」を手に佐殿を奮起。
ボリス色を色濃く出しつつ(^^;;)、佐殿、再起動完了(ですよね?・・・)056.gif
清盛のノロイの封印を政子が解いた的にも見えました(源氏贔屓目増量)


来週は・・・小松殿ガーーーー(;_;)
というか、まだ出るんだ、乙前&常盤・・・(・_・;)


More 今週のリュー弾のツボ
[PR]
by salieri777 | 2012-10-30 23:08 | ドラマでほっこり
すみませーん。気まぐれ更新が続いております056.gif

川越城跡を訪ねた折り、富士見櫓から本丸御殿に戻る途中で、気になったポイントです。
三芳野神社の裏手あたりでしょうか?

f0182920_10143164.jpg
なんか、気になりません?
この緑がこんもり、モフモフしているところ(爆) 


行って確かめたかったのですが、母・弾正と一緒で、
その日は、稀にみる過酷な本陽気(笑)058.gif058.gif058.gif
「ここで、待っててくれる?」と言って、大人しく待っていてくれる人ではないので、
今回は、あきらめて帰路に着きました。
まぁ、今回の「へめぐり」、親孝行も兼ねているので、無理は出来ませんでした。


次回を夢見つつ・・・
と、これだけでは、なんだこれは!と手抜きっぽいので、
萌え写真記事「明治期に撮られた日本の城」の写真をどうぞ。
うん、やっぱり、手抜きっているなあ~(笑)
  その御馳走写真コチラ
[PR]
by salieri777 | 2012-10-28 10:31 | 徒然なるままに一言
三谷幸喜脚本・監督作品「清須会議」の出演者が発表になりました。 
   記事は コチラ


一応、列挙しておくと・・・
   
  柴田勝家  役所広司
  羽柴秀吉  大泉洋
  丹羽長秀  小日向文世
  池田恒興  佐藤浩市
  
  織田信長  篠井英介
  織田信忠  中村勘九郎

  お市の方  鈴木京香
  織田信雄  妻夫木聡
  織田信孝  坂東巳太郎
  織田信包  伊勢谷友介

    寧    中谷美紀
  前田利家  浅野忠信
  黒田官兵衛 寺島進 
  滝川一益   阿南健治
  堀秀政   松山ケンイチ
  松姫     剛力彩芽
  森蘭丸   染谷将太
  前田玄以  でんでん
  明智光秀  浅野和之 
  更科六兵衛  西田敏行
  くノ一(女忍者) 天海祐希   他 (間違いないだろうな ^^;)


全体的に見ての感想は・・・

大泉さん、秀吉、くると思っていました。もしくは、丹羽長秀か玄以かなとも思いました。
(つまり、どれでも、いけそうな雰囲気がありました ^^;)
お市の方に、常連組の京香さんか、出ると噂だった中谷さんどちらかと。
結論は、上記のとおりでした。
ツケッ鼻をしてくれるんでしょうか?京香さま(注※織田一族は、全員ツケッ鼻らしいです)
では、中谷さんがツケ耳?(秀吉正室であって、秀吉の血筋じゃないからナシか?)

意外なトコに、伊勢谷さん@織田信包。
某ドラマで、秀吉という秀吉史上かつてないイケメン秀吉を演じますが、
この映画では、織田一族の数少ない常識人役というのも一興かと思います。
(某「シエ」では、小林隆さんが演じていた役です)

一番驚いたのは、織田信雄@妻夫木くんかな?
あんなの演じさせて大丈夫なの?(笑)
実は、ひそかに、ここに松ケンだと思っていましたけど(をい!)
その松ケン。今年初めは、かなりふくよかで、
実写版「オバQ」出来そうだと思いましたが、(←さらに失礼)
まさか、名人Q太郎になるとは・・・(久太郎だってば!)

あと、小日向さんは、原作を読んだ感じでは、滝川一益だと思ってました。
年齢的に、こちらか・・・(出番も多いしね)
勘九郎さんが三七信孝と思ったら、織田信忠役で、
信孝役には、坂東巳之助さん(坂東三津五郎丈の御子息)
三谷さんが、勘九郎さんに訊ねて「やれば出来る子」と推したそうです。
クロカンには、寺島進さん。
三谷さんいわく「コチラの方が(岡田くんより)ピッタリだ」・・・た、たしかに(笑)

情けない滝川一益(だから、コヒさんだと思った ←ををい!)を、
たぶん、追いかける役として、(← 推測です)
処刑される前(^^;)の更科六兵衛@西田さん。
(注:北条家の家臣。小田原の陣の最中に謀反の疑いで処刑)
(注2;三谷映画「ステキな金縛り」の登場人物で、架空です。↑六兵衛さん)

そして、てっきり、戸田恵子さんと思った(爆)、くノ一は天海祐希さん(笑)
武田の松姫は、ノーコメントで(^^;;)

あと、名前がなくて意外だったのは、市村さんと唐沢さん。
特に市村正親さんは来ると思っていましたけど・・・(カメオ出演かな?)
同じく、来るかと思った和久井映見サマは、舞台の方でした(ナベケン妻役)


全体的な感想が、(ほぼ)全員の感想になっちまいました(汗)
11月からクランクインだそうです。061.gif
織田信雄セクションが悪ノリ冗長にならなければ、結構面白いと思います。
松姫の存在が、武田軍としては、面白くありませんけど(^^;)
来年秋・公開予定035.gif
 


 

  
[PR]
by salieri777 | 2012-10-22 20:57 | 映画観劇芸術鑑賞
 ↑ 記事タイトル、映画「桐島、部活やめるってよ」の感じでお読みください。
このネタ、考えておいて、「あぁ、使い損ねた!」と思っていたら、
まだ、間に合うとは・・・(^^;)


じゃあ、母・弾正が最初の方から主張していたけど、
やはり、記事に盛り込みそこねた、ネタもついでに・・・(笑)
 「ОPで、最初の方で、サイコロが題字に吸い込まれるところ、
  画面左下のフレアが、清浄歓喜団の形をしている!」(爆)
   いかがでしょうか?056.gif


あれ、本当に、41回のサブタイ忘れちゃった。。。
とりあえず、感想だけ、ど~ん!(爆)

鹿ケ谷の陰謀前夜祭(ををい!)、なわけですが・・・
ゴッシー・エステ・ハウスは、最強だな(^^;;)
エイジングケア、バッチリです。
思い出した、「賽の目の行方」でしたね、サブタイ(〃∇〃)

今回のビックリ大賞。
弁慶・・・産婆もやっていたとは(驚愕)
常盤「うっ!」
弁慶「え?・・・救急車!」(大股で小屋を出て行く)
 ↑ 確かに、平安時代では、こうはいきませんものね。

一方、佐殿。セイラさんに「軟弱者!それでも男ですか!」とぶたれます。
違った、ベラ政子に、「たちあがれ、た・ち・あ・が・れ、ガンダム」とたきつけられます。

そして、兄弟揃って、亜空間通信で演奏会。

西光が、人生サイコウのピンチを迎え、
重盛クンは、またもやおいてけぼり。

ゴッシーを加えての鹿ケ谷の陰謀へとなだれこみます。


More 今週のリュー弾のツボ
[PR]
by salieri777 | 2012-10-22 16:59 | ドラマでほっこり
またまたまた、御無沙汰しております。。。035.gif

   秋バテと 目にはさやかに見えるでしょ?(爆)

「秋バテ」という言葉、いつ誕生したのでしょうか?

過酷な夏を過ぎ、心地よい季節になったはずなのに、

つ~か~れ~が~と~れ~な~い~ (゜∀゜;ノ)ノ

そんな、ある日、武田関連の本を見ていて、

ぬぉぉぉぉぉ!(顔芸付き) 

・・・いや、顔芸するほどではないですけど(^^;)

戦国時代に、「元亀」という元号があります。

元・亀・・・元・亀治郎・・・!

二代目・亀治郎さんが、今年、四代目・猿之助に名前が変わって、

まさに、「元・亀」となっているではないですか(笑)

つまり、今年は、「元亀元年」 って、あと2ヶ月ちょっとで終わりますが(^^;)

なんとか、気力をふりしぼって、元亀に過ごしたいと思います056.gif

皆々様も、お元亀に日々を過ごされますよう・・・070.gif070.gif070.gif

[PR]
by salieri777 | 2012-10-19 19:42 | 徒然なるままに一言
本当に、くまった・・・035.gif

感想・・・バリ島ラグジュアリーエステみたいだった寝間(^^;)
趣味わるっ!と思った刹那に、健春門院さまがはかなくなられ・・・(^^;;)
あの花はなぁ。。。なんだかな。。。
ある意味、清盛入道の死ぬシーンの演出が怖い。
さっらっと、流した演出で次に移って欲しい( ← ををい!一応主人公だよっ!)

今週の佐殿観察日記058.gif
やっと、双葉がでました056.gif

あ、あと、西光がデレ、西光がキレな、回でした。

一夜明けたら、思い出すのに苦労することが判明。
そうだ、厳島神社が出ていたっけ。


More 今週のリュー弾のツボ
[PR]
by salieri777 | 2012-10-15 21:08 | ドラマでほっこり
~前回までのおはなし~
晴天に恵まれた5月某日、リュー弾と母・弾正は、川越をへめぐったのであった。
 最初の記事  その続きの記事 


f0182920_21265284.jpg中ノ門堀跡からてくてく歩いて、本丸御殿に到着!
本丸御殿HPは、コチラ 
実は、この写真。
本丸御殿付近周辺探索の最後に撮りました。
到着時は、日差しが強すぎて、
映しても真っ黒け(^^;)
この日は、天気が良すぎて、
すっかり干からびましたよ~
(当日、川越27℃)
058.gif058.gif058.gif 

f0182920_2132967.jpg
本丸御殿之絵図。
図の右側の赤い枠線部分が現存していたところです。
川越城は、太田道灌が最初に築城し、後北条(嗚呼、河越夜戦)
そして徳川の世に移り、知恵伊豆@三代将軍家光の時代。
引っ越しの酒井さん&柳沢吉保さん。やがて、越前松平家。
その後の川越藩の栄華が感じ取れます。
 


玄関と大広間、家老詰所が現存する部分なのですが。。。
玄関が日差しで1枚目の写真のとおり。
そして、大広間は、当日、観光協会みたいな方たちの軍議が
車座で開かれておりました。(大広間は元々、撮影禁止です)
その隣の物頭詰所の、そのまた隣では、子供たちの茶道体験会が開かれておりました。
つまり、ゆっくり見られませんでした(笑)


f0182920_21382320.jpg

越前松平家の威信を見せつける葵の紋の入った瓦。
そういえば、本丸御殿の一部で、「JIN~仁~」の撮影が行われたのでした。
(パート2の方です)
 
f0182920_21435984.jpg
この先の記事の配分を考えている、御家老衆@家老詰所(現存部分)
 「おい、上の、<ざっくり川越城史>で、秋元さんの名前忘れておるぞ!」
 「御成御殿の意味合いがあったこととか、書けば良いものを・・・」
 「嘉永元年、藩主が暮らしていたけど燃えちゃった二の丸の替わりに建てたこと、
 三間ある大唐破風が見えにくいガッカリ写真なことも述べるべきじゃな」
はいはい、家老さんに責められつつ、More機能へ いざ!(^^;;) 


More カラボリーナ・ドルイスキーの部屋(ヲタク拝見)
[PR]
by salieri777 | 2012-10-11 21:02 | ほっこり道中記(^^;)
再来年の大河ドラマの、御題と主演が発表されました!
おおかたの事前予想が外れ、真田(幸村)でもなく、明智でもなく、
フタを開けたらまさかのクロカンでした。

大河ドラマ「軍師官兵衛」 主演:岡田准一 脚本:前川洋一

記事は、コチラ 

クロカンかぁ~ てっきり、姫路城の改修工事が終わってからだと思いましたが・・・

とりあえず、どす黒い人物像を・・・って、無理だろうな(^^;)

竹中半兵衛に、ほも長サマを推薦しておきます(笑)

続報: 製作統括 中村高志(「風林火山」プロデューサー担当)
     プロデューサー 勝田夏子(「華岡青洲の妻」ディレクター担当)

 なんとなく、谷原章介さんと和久井映見さんは来そうな気がする(笑)
 何気に、青木嵩高クンと加藤虎ノ介さんもいそう(^^;)
 (注:勝田さんは、「ちりとてちん」Dのひとり)

訂正:
はあああああ!慌てて記事にしたら、クロカンの漢字を間違えていたよおおおお!(爆)
てっきり、「明智光秀」だと思っていたのに、違って、虚を突かれたとはいえ・・・(恥)
もぉぉぉ!「明智煕子」を単語登録していたのに・・・(笑)
こっそり、「管」を「官」に直しました・・・(///∇//)


追記:
製作統括の中村高志さんのコメント 
我は月影・・・秀吉様は燃ゆる日輪の如く、みたいな?(期待してしまうではないか)
でも、最初のリンクをはった番組コンセプトを読むと、萎えるのですけど(笑)

脚本家と製作統括の下のPは、「浪花の華~緒方洪庵事件帖~」を担当してますね。
窪田正孝クンも出るかな?(胃痛で悩む、石田治部に1票!← ^^;)

「八重の桜」の残り主要キャストも今日(11日)正式発表されましたし、
やはり、この時期が一番楽しいですね~(^^;;;)

・・・「八重の桜」、ミッチー&ジョーか。
陣容を見ると、「利家とまつ」&「天地人」出演者が多いですね~
こちらは、やっぱり、アチラの路線のようです(^^;;)
[PR]
by salieri777 | 2012-10-10 20:23 | ドラマでほっこり
 いよいよ、この時がやってまいりました!
 壇ノ浦で平家一門滅亡!清盛の死後僅か、四年・・・
 一年観てきて、やはり感慨もひとしお(;_;)
 \                                    /                                          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
            □
           □
           □

は!、夢か・・・・(爆)

いかん、いかん!まだ2ヶ月あるではないか。
まずは、38回「平家にあらずんば人にあらず」&39回「兎丸無念」の感想記事、
行きまーす


38回「平家にあらずんば人にあらず」
サブタイトル、長っ!
「袖振り合うも師匠の縁」(朝ドラ「ちりとてちん」第8週より)より、長いでないか!
コレを溜めてしまったがために、二週続けての感想記事の前に上の小芝居を(笑)
カムロ、行きまーすの回でありました。
それより、佐殿まだ、再起動してなかった!
回想エピのみで出演もなかった (゜∀゜;ノ)ノ
いや、左馬頭義朝サマの回想は美味しかったけど。。。

39回「兎丸無念」
アバンで五条大橋での遮那王と武蔵坊弁慶の出会い。
遮那王「清盛様は、我が父と親しんだお方にございます。しかし五つの折り、
 母の常盤が、実の父は別におると申して、私を鞍馬寺に・・・」
弁慶「母が・・・常盤?・・・おんしは、今若か!」
遮那王「違います」
弁慶「おんしは、乙若か!」
遮那王「違いますっ!」
弁慶「おんしは…牛若か!」
遮那王「正解!」
 このような出会いがありました(笑)
何故、「母が常盤」で、牛若ストレート正解だったんだ?
さすが、源氏ウォッチャー弁慶様じゃ!
・・・源氏ストーカーでないことのために(^^;)
義朝&正清主従のシーンを目撃、貰い泣きの場面をカットしなければと・・・
今更ですが、ちっくと思うぜよ。

大輪田の泊の建設の過程での黒盛と兎丸の決裂&悲劇
手違いの暗殺に平家一門鎮痛の面持ち。
対して、禿のリーダー羅刹の「褒めてくれるでしょう?」の期待の笑顔が怖かった。
そのあと、抹殺殲滅されたっぽい、禿の衣装始末も怖かったけど。
兎丸の死、元海賊たちの離反によって、屋島&壇ノ浦の布石は張りましたね。
気づかず、黒盛は、経文石を配置しましたが・・・
ここいらの、実際とのズレが平家滅亡となるのですね。。。
この回、ゲキバンの使い方は良かったと思います。
今までの、三曲ぐらいの使い回しっぽさが、なかった(笑)

次回、チュー@大河ドラマだよ!
記憶によれば、千代&一豊@「功名が辻」最終回以来?(^^;)


More 今週のリュー弾のツボ
[PR]
by salieri777 | 2012-10-08 10:18 | ドラマでほっこり

コロモガエーーー♪

f0182920_6113235.jpg


衣替えの時季だというのに、暑かったり寒かったり、台風が来たり。。。
日曜日、大河ドラマの放送に(本盛)にも、間に合わなんだ057.gif
土曜日の再放送見れるかしら(笑)

さて、上記の着物とは・・・お別れです。
これは、一度も着る機会がありませんでした。
いえいえ、着物の劣化ではなく、着る側の老化が(爆)
f0182920_624195.jpg

ちょっと、敦盛を舞うのが適切な(?)年頃が視界にチラホラし出した私に、
この柄は・・・キツイ(^^;)
f0182920_617323.jpg

この、八百屋お七みたいな帯も無理かな~
こちらの帯は黄八丈との組み合わせでよく使いました。
おきゃんな江戸の町娘みたいになりました(^^;;)056.gif

※あくまでも個人の使用感であり効能を保証するものではありません(^^;;;)

ところで・・・一枚目の写真。。。フツーの情景ですが、今年限定で、ある言葉が浮かびました。
      朕を射よ!(爆)
今年、限定であることを祈る(笑)
[PR]
by salieri777 | 2012-10-05 06:31 | 徒然なるままに一言