武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

おおつごもり!

f0182920_17453186.jpg


辰年も残すところ、あと6じかん甘利となりもうした。

本年の厚きご愛顧に感謝する共に、

新年の皆様のご多幸をお祈りしております。

    リューザキ弾正056.gif
[PR]
by salieri777 | 2012-12-31 17:58 | 徒然なるままに一言

この期に及んで(泣笑)

風邪ひきました (;_;)

クリスマス寒波のあとは、穏やかな年末年始の気候、という定番に慣れすぎました。

修業が足りませんなぁ。。。

明日、いちおう大晦日恒例(?)更新いたしますです(〃∇〃)

はあああああ!大掃除どうしよう(泣)
[PR]
by salieri777 | 2012-12-30 14:34
視聴者「我らが眼前に 
 低視聴率戦犯の首を供えよ!」

製作陣「お待ちどうさま~☆」ど~ん!!(爆)066.gif
・・・みたいな、ラストカットでしたけど(泣笑) 056.gif


冗談はともかく、最終回の感想のみ書きます。
全体の感想は書くかもしれないし、これを総括にして終わりかもしれない・・・(笑)


最終回「遊びをせんとや生まれけむ」感想です。
「ナレ朝さん無双」と覚悟しておりましたが・・・
やはり、前回が最終回で、今週は、「清盛紀行」拡大版でした。
ざーーーーっと流れゆく平家没落。 あ゛ーーーー!!この一年の総決算ガーーー!(惜)  

生霊となった清盛入道を上手いこと言ってなだめて元の肉体に戻す霊媒師・西行。
終盤になって大活躍(^^;)ですな。
西行をやっぱりナレーターにしておいた方が・・・終盤湧いた、民草の斯様な声を聞いて、
「頼朝にナレーションをというのは、最初から脚本家の考えでした」
ツイを保身に使うP (大仏では、墓穴を掘ったけど)

西行の言葉に自分の人生にある程度、納得して(志半ば&一族没落を悟りながら)、
最後に、「頼朝が首、我が墓前に供えよ!」と激を飛ばして、死にゆく清盛入道。
「巨木が倒れるように」は、良い表現だったと思いますが、
主役様、渾身の「仏倒し」で、フォ~ゴ~!と意味不明な効果音が。
(ネットでは、「パオ~ン」と表現されておりますが)
役者さんの熱演のクライマックス。音楽も最終回オンリーの「決意」新バージョンで
盛り上がって来たところを台無しにする音響さん&演出の仕事でした (-"-)

イタコ西行。まぁいいけどね。
(でも、どうせなら、崇徳院に対しての落とし前をきちんと、どこかでつけて欲しかったです)
変なチャンチャンコを着ている平家一門。
フツーに鈍色(にびいろ)の喪の装いでは駄目だったのか?
(誰が誰だか、ますます分からなくなる?
分かるようにしておくのが、ドラマというものだと思うのだけど)
このあとも、西行さん。ミラクル魔法瓶をかかえて鎌倉へ。銀の猫はいらないそうです。

エア義仲に都落ちさせられ、エア義経に敗れ去る平家。。。
ここで、義経&弁慶使わずにどうする!(ー_ー)!!
なんのため、わざわざ義経主従をを出したのか…(視聴率テコ入れのためです)
腰越状と主従の最期を無理やり加えても、物語の流れを破たんさせただけでした。
鬼若/弁慶は・・・ボリス計測器として、ボリス値の高い方へなびいた生涯ということでしょう。

頼盛さんの「その後」は、納得できる描写でしたが・・・、盛国が、ちょっと、もったいない!
終始、上川さんの使い方がもったいない一年でした。
(途中、舞台の仕事で抜けた時期があったそうだけど、そのまま盛国浮上せずとなっちゃった)
最後ぐらいは、佐殿に対面した盛国に、清盛に黙って追走した人生の想いの結晶を
何か思いっきり、ぶちまけてもらってから、沈黙・断食に入って欲しかった。
いや、これは好き好きでしょうけど。
あと、三十年ぶりの上洛を普段着で迎えた、佐殿(爆) 
一張羅とか着ません?せめて、こういう時・・・(涙目)
人物監修さん、終始、的外れな働きでした。

ラストは、タイタニック終わりですけど(笑)、小松殿も笑顔で臨席ですけど(涙)
平家一門散華までの4年間、無頼の高平太の魂はどこをうろついていたんだ。
ふつう、先の方が迎えに来ない?(泣笑) まったくもう、甘えん坊さんなんだから!

でも、一年間見てきた視聴者を驚愕させたのは、ソコではなく・・・ 

ナレ朝さんは、あの世の方だった! という衝撃の真実!!!
「かくいう私も、この九年後に」えええっ (゜∀゜;ノ)ノ
「清盛の臨む交易は、室町時代に」 え?鎌倉時代軽くスルー?  (゜∀゜;ノ)ノ

源頼朝ナレーション、無意味だったのでは?

それを言ったらあかん!>自分 ・・・でも言っちゃった(〃∇〃)

最後の平家一門のお出迎えシーンを見ても、「平家の世」≠「武士の世の先駆け」でした。
藤原摂関政治の復活を阻止し、院政を打ち破った、清盛の一生。
やはり、軍閥貴族の台頭のクライマックスが平清盛であって、
武士の世を作る!は、佐殿以降に任せた形の方がスッキリしたかも。


しかし、闇盛を描いたことだけでも、この大河は、「よくやった!」と言えると思います。
(逆に、青盛シーンは、やっぱり、イランかった)
最近の大河ドラマで定番の「無意味な主役age」が、まったく無かった訳ではありませんが、
ここ数年では、上出来大河だったと思います。
バサバサ、カットされた部分がちゃんと使われていれば、
「名作・力作になったかもしれない」と思えただけに、終始惜しかったです。
無論、脚本自体にも、納得しかねる描写・表現はありましたが、
それ以上に、省略された部分があれば・・・との思いを残しました。
まぁ、とりあえず、諸行無常です、皆様、一年間お疲れ様♪


More 最後のリュー弾のドツボ
[PR]
by salieri777 | 2012-12-27 14:17 | ドラマでほっこり
マヤ暦が、旧暦から新暦に変わりましたが、皆様如何お過ごしでしょうか?(笑)

ちょっと忙しかった懸案事項が終わりました…
この世は終わらなくても今年は終わります(^^;)

終わる前に、鎌倉記事をお届けしようと鋭意、睡眠・栄養をとって備えております(こら!)

f0182920_9474152.jpg

[PR]
by salieri777 | 2012-12-22 09:48 | 徒然なるままに一言
第49回 「双六が終わるとき」」感想記事です。

はあああああ!冒頭のアバン&OPを見逃したちゃったよおおお!(泣)
何かいつもと変わった部分って、ありました?(涙目)
とりあえず、土曜日の再放送を録画するよう、
叔父にエア矢ならぬ、矢文を放っておきました(^^;)


すっかり四面楚歌の平家。
ちゃくちゃくと「世界遺産(申請中)武家の都市ー鎌倉」の基盤造りを進める佐殿。
同じ沈み行く西の太陽を眺めても、落日の清盛とは、きっと違う思いが。
たったひとり溝口健二@「雨月物語」っぽい堀河局(^^;)と再会した西行から
源氏の話を聞いている清盛の後頭部に、その鎌倉から放たれた佐殿のエア矢が・・・
こら、ちゃんと、鳥羽ちゃん&佐殿みたいに、リアクション返さんかいっ!

清盛が言っていた武士が覇を争う世界が来るのは、まだまだ後、だと思うのですが。
実際は、まだ、しばらくゴッシーが武士と遊ぶ(^^;;)時代は続くと思いますけど、
清盛から、もう遊ばないっ…と言われてやはり寂しそう。
心配しないで、ララア 武士とは、いつでも遊べるから♪
立ち去るゴッシーに深々と礼をする清盛。これは、納得いくのだけど、
先週の小兎丸たちに頭を下げていた時は、釈然としない感じでした。
深々一礼は、今週にとっておけば良かったのに。エア矢に対するリアクションは、
鳥羽ちゃんだけにしておけば良かったのに。

西行庵に訪れる人あり。「これは…Hey!ショウ国入道様!なぜここに?」
「分からぬ…」
清盛の容態芳しからず。いよいよ次週、最終回!……となりました。 
いちおう、まんがいつのことを考えて、最終回も録画するように叔父に矢文を
放っておこっと。 
 

はた! ← 今、気づいた
平家は、何によって、誰によって、都落ちするのデスカーーー?
やっぱり、 エア義仲?(泣笑) 


More 今週のリュー弾のドツボ
[PR]
by salieri777 | 2012-12-21 10:38 | ドラマでほっこり
無沙汰するにもほどがある・・・(陳謝)

まとめて、2週分ど~ん047.gif 
第47回 「宿命の敗北」

富士川の戦い。甲斐源氏はほんの一瞬(;_;)
せめて、大河ドラマ「武田信玄」で、信玄公を演じた中井貴一さんを、
木村多江さん@仏御前みたいに、一瞬出演をさせるとかしてほしかった(を、をい!)

今回の一大クライマックス。忠清渾身の諫言。剣の重さで尻餅をついてしまう老盛。
剣サビサビの水玉模様じゃまいかーーーー(爆)


でも、一番は、 「稲!」 by佐殿でした(笑)
「天空の城 ラピュタ」の「バルス」並みの破壊力でした(^^)

                 

第48回「幻の都」
怒涛の回想攻撃(*_*;)
南都を焼いちゃいました、重衡クン。出番が来たら超天然キャラ(^^;)
「今ふたたびの、キックシーン」ではなくて、「ようやった」(諸行無常)描写。
少し、ホッとしました。キックでなくて・・・
ごめんなさい。告白すると、南都焼討の時間割(をい!)を誤解してました。
以仁王討伐の時だと思い込んでいました。
心は関東とはいえ、こっぱずかしいずら!(猛省)

それにしても、佐殿がエアーアローdeパントマイムをやっちゃうなんて!
弁慶は、史跡によくいる(^^;)、故事来歴を自分が見たように話す、
ボランティアのおじさんみたいでしたね~(^^;;)
先の大殿(ボリス一世^^;;)に思いを馳せるところは、ちとジーン。

来週も、回想シーンが多そうです(^^;)
で、最終回は45分確定です(;_;)

「狩衣姿deかめかめ波」は、明日49回で見納めです(;_;)


More 今週のリュー弾のドツボ
[PR]
by salieri777 | 2012-12-15 17:12 | ドラマでほっこり
昨日の地震、皆様のところは、大丈夫でしたか?

リュー弾は、たまたま、家にいて晩ご飯を作っていたのですが、まずテレビで警報が発令され、その後、揺れました。

そのわずかの時間に、フライパンの火を止めて備えることが出来ました。

お怪我をされた方々が早く快癒されますように。

さて、またもや停滞しまくっております(汗)

勘三郎さんの訃報に茫然自失。
元気なお姿の勘三郎の印象を崩したくなくて、追悼番組等は見ておりません。

で、茫然自失してたら、明日はもう日曜日。
「平清盛」感想記事は、2週まとめてお送り致します(平伏)
[PR]
by salieri777 | 2012-12-08 17:37 | 徒然なるままに一言
歌舞伎俳優の18代目中村勘三郎さんが今朝亡くなられました。享年57歳。

歌舞伎界の頂点に立ち、牽引役で、歌舞伎界を背負っている人でした。
梨園のど真中にいながら、自ら最前線へ赴く、俳優さんでした。
古典・新作、アバンギャルド、常に挑戦者であり続けました。
実力もあり、人気もあり、華もある稀有な存在でした。

歌舞伎俳優らしい数々の豪放磊落伝説も御茶目で、許せちゃう感じでした。
「勘三郎」の名を18代目として、まだまだ極めて行ってほしかったです。

まだ、57歳・・・早すぎる。

心からご冥福をお祈りします。
[PR]
by salieri777 | 2012-12-05 19:44 | 徒然なるままに一言
世界のCMフェスティバルの紹介番組がありました。
その中で、衝撃を受けたのが、エジプトのパンダ・チーズのCM



軽く、犯罪だろう、いや病院編は、軽くどころかマズイだろ!(泣笑)

紹介していた報道情報番組のコメンテーターも、
「中国の人、怒らないのでしょうか?」
「中国とエジプトは、周恩来とナセルの頃から良好な関係があったのですが・・・」
ちなみに、エジプトにはパンダはおりません(当たり前だけど)

ちなみに、パンダに関しては、神奈川県民には、トラウマが・・・
「のびる子きょうしつ」という子供番組での着ぐるみのパンダ、ブキミでした。
キモカワゆるキャラの先駆者でした(良く言えば)
半笑いに空いた口が撮影ライトの加減で、くまに見えるし。

いや、熊だけど(爆)
[PR]
by salieri777 | 2012-12-02 23:20 | 徒然なるままに一言