武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

関東地方、平年より、10日早く梅雨入り致しました057.gif

梅雨入り直前の6月最初の休みに攻城を予定していたのに・・・(;ω;) 054.gif

早めの梅雨入りでしたので、梅雨明けも早いのかと思うたら、明けるのは平年並み。

つまり、長梅雨になりそうとのこと。

攻城は出来ないし、洗濯物も乾かない。。。(武田軍は原則、天日干しです)
f0182920_23231167.jpg 





天日干し参照図 →


では、気分転換に、武田軍のテーマ、「こっぺぱん」を聞こうとしたら、

こんなものを見つけてしまいました!そうか、地球防衛軍も「こっぺぱん」か・・・(爆)

一度聞くと、もはや頭の中で こっぺぱーん、ここここっぺぱーん
嗚呼、リフレインが止まらない(笑)
これからは、孫子の旗だけでなく、宇宙戦艦ヤマトを見るたびに、
こっぺぱーん、となるのか・・・(^^;)


一応、本家(?)の、「こっぺぱーん」も御賞味くだされ。

[PR]
by salieri777 | 2013-05-30 23:42 | 徒然なるままに一言
皆さん、5月27日、何の日だったかご存知ですか?
・・・って、記事タイトルに書いてありますが(^^;)
巳年巳の月巳の日だったのです(旧暦換算)
び~へ~、と言えば、金運財運065.gif
そこで、鎌倉で金運アップと言えば、ここ!の、銭洗い弁天に行ってまいりました!
どうせなら、と巳の刻(午前10時)に行きました(笑)
f0182920_2141934.jpg

f0182920_21143877.jpg

朝早いと、参拝者もまばらで、写真も撮りやすいです。
この銭洗い弁天付近の住宅街の一部道路は、巳の日には交通禁止となっております。

前回訪れた時は、青息吐息での参拝だったのですが、今回さほどに非ず。
何故かな?と思ったら、前回は北鎌倉の東慶寺→円覚寺を回った後の参拝でした。
無茶だったな~(^^;)

f0182920_21234391.jpg
象のドアップでは、ありませんよ~
隧道の壁面です。昔の人の息遣いが感じられます。


f0182920_2134171.jpg
参拝のあとは、糖分補給(笑)
お目当ての店は、11時開店でしたので、ちと、間に合わず(拠無き事情あり ^^;)
まっつぐ帰る予定が・・・気まぐれに立ち寄った店で抹茶あんみつをいただきました。
白玉が温かくて、思わず、ほっこりしました。035.gif

f0182920_21594517.jpg
前回購入した御守りを有り難く返納して、今回は、このような物を購入しました。
玄関に盛り塩しました。
霊験あらたかであることを祈る(^^;)
[PR]
by salieri777 | 2013-05-28 22:06 | 鎌倉へめぐり
いつも[お世話になっている、 「Step by Step」 のカタリーナさんが挑戦していた、
戦国人物100人ソート をやってみました066.gif


順位名前
1武田信玄
2山本勘助
3武田勝頼
4高坂昌信
5馬場信房
6結城秀康
7立花宗茂
7伊達成実
9諏訪御寮人
10高橋紹運
11徳川秀忠
12板垣信方
13豊臣秀長
14上杉謙信
15北条早雲
16上杉景勝
17北条氏康
18今川義元


上記の結果と相成りました。
最初のチャレンジは、画像を保存を忘れ(爆)
2度目、イマイチ、クッリックがうまくいかなかったのか、
19位以下は、あいうえうお順になっていました。(連爆)
あけちぃ~、あさいぃ~、あさくらぁ~、あらきぃ~、あんこくじぃ~みたいな(^^;)
しかも、画像保存に失敗し~て~る~しぃ~

二択で、迷った時は、引き分けにしていたのですが、伊達成美の時、うっかりポチ。
何故か、7位入賞と相成りました(^^;;;)

[PR]
by salieri777 | 2013-05-25 23:12 | 戦国つれづれ
「妻は、くノ一」第7話感想記事です。
切なさもアップ(;_;)いよいよラス前にございます。
彦馬の機転で西洋書の件は片付きますが・・・
その写本に、織江に向けた彦馬のイラストがあったことから、
事態は、混迷方向に(まぁ、彦馬は責めますまい・・・)
あの、月の下の舟に乗るの二人のイラスト。
人の部分が、「双」、つまり雙星を表しているように思えます。
分かりやすいメッセージだったのですが、一瞬、織江は気づかず、かわさまに報告・・・

短時間に、写本を7冊書き上げた彦馬の報告を受ける静山。
静山と彦馬が一緒のシーンは、割りと少ないのですけど、
彦馬について語る静山のまなざしの優しさが、その分をカバーしていると思います。
彦馬の資質を愛で、彦馬の才能を認め、さりとて情に流され過ぎることもない大人な静山。
田中泯さんの魅力で、ますます奥の深い人物となっていると思います。

そして、いよいよオリエッティとマサエッティが抜け忍に・・・
幼馴染のお蝶。かわさまに、「彦馬を殺せば、織江のことは」と聞きただすところ。
身内は、織江と雅江だけみたいなもの・・・と語っている傍で、
彼女を置いて行った織江に対して、お蝶の織江に対する思いが表れておりました。
親子二人っきりになって、織江は、母が自分を厳しく仕込んだ理由と
一緒に抜け忍の道を選んだ理由をかいま聞くことになります。
20年前果たせなかったことを果たしたい。しかし、この母子もとても魅力的ですね。

彦馬を襲うお蝶。そのお蝶に立ち塞がる織江。
幼馴染が戦わなければならない過酷な定め。
どうみても、足を引っ張る彦馬(いや、彦馬は責めますまい・・・)
織江の忍び刀がお蝶に致命傷を与えた時・・・
織江は、彦馬に逢えた刹那より、お蝶の最期を見取る方を選びました。
親友二人が敵同士のままだったら、どうしよう・・・と思いましたが、
お蝶は、自分の見れない夢を、織江に託したのでしょうね。

しかし、その幼馴染を葬ることも出来ずに、その場から去りゆく織江。
織江が人を殺すところを見て、ショックの彦馬。
仲間内での殺し合いをする輩である織江をあきらめるよう諭す養子雁二郎。
その中で、雁二郎は、自分の身分を明かしました。
雁二郎自身の、彦馬に対する優しさでしょう。


そして、次回いよいよ最終回!
「織江!」はっと彦馬の方を見て斬られる織江。
戦闘中に声をかけるんじゃないぃ!(いや、彦馬は責め・・・まする!!もぅっ!)
御前も出動、どうやら総力戦となるようです。
さぁ、大団円か、大悲劇か、第二部へ、か。3つにひとつです!


今週の太郎吉クン☆
写本に精を出す、彦馬先生のために一輪挿しを差し入れ。けなげーーー056.gif
彦馬が花入れを倒して、写本台無し・・・という展開だったらどうしようと心配したら、
その一輪の白い花は、視聴者がお蝶を弔う気持ちにさせるアイテムとなっておりました(秀逸)
そのお蝶の飴売りから買った芋あめをクラスメートと分ゖ合うまでになった太郎吉クン。
長屋までも送ってもらうことにもなって、だいぶ打ち解けてきたようです。
さぁ、最終回!太郎吉クンの運命は如何に!(ドキドキドキ・・・)035.gif

[PR]
by salieri777 | 2013-05-21 23:47 | ドラマでほっこり
NHK BS時代劇「妻は、くノ一」第6話の感想記事です(ネタバレあり)

いよいよ、物語も終盤(ですか?)へ・・・
役目と彦馬との想いに揺れる織江。ひたすら織江ラブの彦馬。
雅江姐さんは、「その日」を予見して、筋トレ。
それぞれ、キャラクターに御贔屓ができ、思い入れもたっぷりとなって、
逆に、皆様とのお別れが辛い・・・
西洋書をめぐって、既に秘かな戦いが始まっている感じです。

ヘビっぽい(今年のトレンドですね)かわさま。カワサマスキー増殖中ですよ。
リュー弾イチオシの太郎吉クン。
天下御免、一騎当千の無敵の静山御前。それぞれ御贔屓が分かれているようです。
さて、オリエッティ&マサエッティ。
親子の相剋シーンがありましたが、自分の技の総てを教え込む。
厳しく(命がかかってますから)教える、それも愛情だと、織江が
気づく日は・・・もしかして?・・・ちょっと、悲劇の予感。。。

さて、前回の感想記事で、雁二郎役の梶原善さんと高麗屋の共演について、
書きました。(幸四郎、染五郎、金太郎との共演を確認)
調べると、キムタクさん主演・松たか子さんヒロインのドラマ「HERO」
この第4話に、梶原善さんゲスト出演されておりました。
(松たか子さんとの一緒のシーンがあるかは不明)
これで、梶原善さん、高麗屋リーチです(残るは、松本紀保さんのみ)

養父・彦馬が懸命に織江の素晴らしさを熱弁。
ふと、雁二郎は、彦馬を助ける行動が、逆にアチラにおける織江の立場を、
微妙にしている懸念があることを指摘し、彦馬は慄然(鈍感だなぁ~)
そのやりとりを表で聞いている、織江。
雁二郎は、織江を想いやっての言葉か、はたまた表に織江がいるのを知って、
わざと、そういう話をしたのか・・・
こちら(雁二郎の心底)が、明かされるのも楽しみです。


織江によって盗まれた、マズイ書き込みのある西洋書をめぐって、
いよいよ、話はクライマックスへ行きそうですね。
ところで、ドラマは、文政8年ですが、天保時代まで、どのくらいあるのだろう・・・
と、、調べたら、意外な人物の名前を発見!
「天保」のいう年号は、平安時代、一度却下されておりました。
ホモ長さんに(爆) 注:左大臣藤原頼長(^^;)
「天保」を「一大人只十」(付き従う臣民がたった10人)と読めるので縁起が悪いと猛反対。
・・・という感じで理屈をこねている之図が、山本耕史クンで脳内再生されました(^^;;)
ほも長さん、あまみんもそうですけど、どうぞお大事に・・・役者は体が資本です063.gif 


今週の太郎吉クン☆035.gif
・・・出番少ない(爆)
先週、大活躍でしたもんね。
肩をいからせ仁王立ちして彦馬先生をかばった、太郎吉クン。
最終回、彼の行く末も気になります。
ところで、番組スタッフ・ブログで見つけた、このオフショット。(©NHK)
f0182920_15155796.jpg
染五郎さんのバースデーに、
寺子屋生徒役の子供たちが、
染五郎さんにプレゼント♪
子供たち、現代っ子らしく、
み~んなピースサインなのに、
山崎掌クンだけ、何故に揉み手なんだぁー(爆)
かわええーーーーー!

[PR]
by salieri777 | 2013-05-17 15:55 | ドラマでほっこり
御屋形サマから、 「まったりお茶など飲んでおる場合かーーー!」 と御叱りを受け
慌てて甲斐國・躑躅ヶ崎館に赴いた、リューザキ弾正であった。(^^;)


駒井クン「リュー弾、まもなく御屋形サマが見えられる、控えているように」
リュー弾「駒井サマ!此度の呼び出し、駒井サマからも、
  どうぞ御屋形サマにお取りなしをして下さいませ!」
駒井クン「さぁ・・・て」
リュー弾「え?温厚篤実な駒井サマらしからぬ御言葉・・・」
駒井クン「前回の武田劇場は、『小山田くまもん』で、盛り上がったようだが・・・
 私は、その場に居合わせなかったので、知りませぬが」 該当記事 コチラ
リュー弾「あわわわ!久々の武田劇場にて、駒井サマと諸ジイなど一部を忘れて
 おりましたが・・・どうか、どうか、平に御容赦を!」
駒井クン「さぁて。ちなみに、今日の御屋形サマは苛烈な方だぞ。
 ブログ停滞のおしかりをとっぷり受けるがよい」
リュー弾「そ、そんな・・・誰バージョン?高橋幸治さん?(1969年「天と地と」)」

そこへ、武田信玄公が見えられた。
信玄公「おう、リュー弾、よく参った」
リュー弾「ぬぉぉぉぉぉ!(顔芸付き)、まさかの萬屋錦之介!(映画「「風林火山」より)」
信玄公「たまには、いいだろう。ところで、おめぇよ。ブログ、ひどく御無沙汰なようだが。
 皆々様のところの訪問も滞っているみたいだし。納得いくよう説明してみやがれ」
リュー弾「・・・御屋形サマ、江戸弁になっておられまするが」
信玄公「こまけぇことはいいんだ!」

リュー弾、改めて一礼すると、くどくど説明を始めた。
「4月に仕事を変え、あたふたしておりました。
 GW頃には、落ち着くと算段しておりました。・・・なれど、なれど」
 ふと、気づくと、Gyaoで「必殺仕置人」全話無料視聴が行われていたのに気づき、
 26話を連続視聴しておりました(爆)期間限定なので、これを優先事項とし(^^;)
 かかる不義理の数々・・・」

信玄公「おめえさん、あきれたねえ。このままじゃ、武田軍の名折れもいいとこだ」
リュー弾「お、お許しを!『新・必殺仕置人』は傑作揃い、いずれポチリとしようと
 思うておりまするが、『仕置人』は、ぶっちゃけ第1話さえあれば十分。
 なれど、全話無料視聴となれば、見たくなりました(泣)」
信玄公「気持ちは分からなくもない。おいら、仕掛人だからね(東映映画)
 ちなみに、弟は、仕掛人でもあり、仕置人でもあるがな。甥っ子も仕事人だし。
 あ、弟って、嘉葎雄のことね(中村嘉葎雄、「新・必殺仕置人」)
 別な弟・ちいのぶクン(信玄公次弟信廉サマ)は、仕置人だがな」

信廉サマ「私が巷で噂の仕置人です」
控えの間から、信玄公の次弟・逍遥軒信廉サマが姿を現した。
リュー弾「あ゛――――!!まさかの、山崎努!(映画「影武者」)」
信廉サマ「リュー弾、この仕儀、許されないぞ。兄上とも相談したのだが、
お前は、侍大将から足軽大将に降格決定」
リュー弾「えええっ (゜∀゜;ノ)ノ そ、そんな・・・足軽って、
 『槍をもたせりゃ重たがり、弁当もたせりゃ食いたがる』っていうアレですか?」
信玄公「そう。おめぇは今日から、その、足軽の大将サマだ」
信廉サマ「兄上の温情だ。グダグダぬかすと背骨外すぞ!」
リュー弾「いえ、リュー弾からは、一言もありませぬ(汗)謹んで、足軽大将を
 お受けさせていただきまする。」

信玄公「さて、沙汰が決まったところで、お開きとするか。誰ぞ、山本勘助を呼べ」
 御屋形サマの声に応えて、控えの間から人が現れた。
勘助「御屋形サマ、山本勘助にございます」
リュー弾「はああああ!まさかの三船敏郎!(映画「風林火山」)」
勘助「うっちーは、まだ、セントヘレナ島から戻っておらん。櫓を漕いで帰参途中じゃ。
 おのれ、なぽれおん!」
リュー弾「酔うておられまするか?」
勘助「悪いか。さぁ、これから、ひと戦参らん!」
 勘助が、槍を抱えたのを見て、皆慌てた。
信玄公「おいおい、また酔って石原裕次郎のトコに討ち入るつもりじゃねぇだろうな」
 (注:映画「風林火山」撮影の前後、上杉謙信役の石原裕次郎宅に、酔った三船敏郎が、
槍を持って 押し入ったという恐ろしい実話があります ^^;;)

板垣サマ「・・・このグダグダな状況を如何いたす、リューザキ弾正!」
リュー弾「やはり、この一言で、締めるのが寛容かと。」


武田軍一同
「今宵はここまでにいたしとうございます」040.gif040.gif040.gif

どうか、どうか、これからもよろしくお願い致します(平身低頭)


f0182920_2013151.jpg

映画「風林火山」
出演:三船敏郎(山本勘助)、萬屋錦之介(武田信玄)
 石原裕次郎(上杉謙信) 他


板垣サマ「末筆ながら、『戦国自衛隊』で長尾景虎を演じた夏八木勲さんの 
 ご冥福をお祈り致しまする。三國連太郎さんの訃報もショックでしたけど。。。
 夏八木氏は、日テレとTBSのドラマで2回、板垣信方を演じたこともあるのじゃ」

[PR]
by salieri777 | 2013-05-14 21:01 | 武田軍劇場(笑)
f0182920_6231779.jpg

はああああ!
滞ってしまったあーーーー!

5月に入ったら、状況が落ち着くと思うたら、なんのなんの(^_^;)

「つまくの」が3回り目の周回遅れにならぬうちに・・・と思うてはおります ( ̄∀ ̄)


「あまちゃん」にいたっては、溜まりまくっているし。。。

「軍師 官兵衛」のキャストも、一部発表になったし (*_*)

武田劇場も予定はしていたのですが・・・

とりあえず・・・茶でも飲んで、平常心を取り戻します(爆)

皆様のところにも、近日中、参上予定 m(_ _)m
[PR]
by salieri777 | 2013-05-13 06:23 | 徒然なるままに一言
いや、休みなかったのですけど・・・(泣)

しかも、その休みは・・・

何をしていたかというと、皆様に「ま~た~か~!」と言われそうです (゜∀゜;ノ)ノ

とは言っても、忙中閑あり・・・(^^;)
f0182920_2371631.jpg


新橋の、カレッタ汐留の茶寮都路里、6月30日をもって、閉店だそうです。

ぬぉぉぉぉぉ!(顔芸付き)
[PR]
by salieri777 | 2013-05-07 23:11 | 徒然なるままに一言
スミマセン!いただいたコメントのレス、
近日中にいたします(平伏)

・・・ということで、先に、傑作時代劇、感想記事、二話まとめて、ど~ん!


 第5話 「忍びの宿命」
このドラマは、すごーーーーく、「必殺」ごころを刺激します。
今までも、NHKの時代劇で、松竹京都撮影所協力はありましたけど、
このドラマは、必殺含有率が異常に高い(当社比)
彦馬と静山が海を眺める寺のロケは、大徳寺ですし(海は合成)
オリエッティの指先映像は、まんま山崎努@「仕置人」そのままですっ!
いや、ヲタ発言は、おいておいて・・・(^^;)
平戸藩桜田屋敷に潜入中のオリエッティ。くノ一の辛い任務に耐えます。
その事態を察しながら、「織江なら役目を果たす」と動じない、かわさま(^^;)
かわさまファンの皆様、萌えました?(爆)

彦馬の江戸暮らしも軌道に乗ってきました。平戸では、「変人」扱いでしたが、
「分かる人」静山の傍では、「際立つ人」になってしまう彦馬。
オリエッテイの仕事に不審がもたれ、彦馬自身も疑念を抱かれてしまいます。

今回の、「井戸の落し物」盗人が井戸に投じた物が、「象の置物」だったのですね。
動物関連で、アノ太郎吉くんでさえ、興奮気味でした(^^)
太郎吉クン役の子、本当に良い雰囲気の味のある顔ですね。
台詞が無くても、その存在だけで、すべてが語れています。
初めて、子役を検索しましたよ(爆)

山崎掌くん(やまざき つかさ) プロフィール
さて、今回からいきなり、始まる、
今週の太郎吉クン☆
寺子屋でも、いつも離れた場所にいる太郎吉クン。
彦馬先生の南蛮の動物の説明に、珍しくリアクションが大きかった太郎吉クン。
かわいいーーーー!


第5話「いのちのお守り」

彦馬にかわさま(御庭番川村様)が疑念を抱くころ、彦馬の寺小屋生徒に生活の危機が。
とても、池田鉄洋の子供に見えず、御曹司オーラ満開だった松本金太郎君(笑)
そういえば、彦馬・養子雁二郎は、高麗屋三代と共演を果たしたことに・・・
「・・・それは、また別の話」 by 森本レオ(ドラマ「王様のレストラン」より)

彦馬が考えた「商売」で、どうみても来世も再来世も再々来世も女運がなさそうな(^^;;)
浪人に乱暴狼藉を受ける、彦馬。彼が手に取ったのは、小刀ではなく守り袋。
織江は、改めて、彦馬が織江のことを深く思っていることを確認し、
なおかつ、かわさまの警戒マークが、彦馬から外されました(収穫)
浪人が刀を抜き、はっと顔を挙げる彦馬が見たのは・・・
仁王立ちして、彦馬先生を守ろうとしている、お嬢様・御曹司・太郎吉クン。
太郎吉クンの姿に目が潤み、ごめん、隣り二人は甘利気づかなかった。
斬られそうなところを、かわさまに助けられる彦馬は、生徒を守るために、
今まで、自分には無縁だった、剣術修行を始めます。
織江は、岐路に・・・どうする、織江!そして、本格軌道を始めた、母・マサエッティ。


本当に、続きが楽しみなドラマです(^^)

今週の太郎吉クン☆
しっかり者の、2人が、藁の盾(違っ!)になることは予想できましたが、
太郎吉クンも、ともに彦馬のために、かばういじらしい姿は泣けました。
相変わらずいぶし銀の存在感で魅せる太郎吉くん。
今回のとっさの行動もきちんと彦馬との描写を積み重ねたことが生きていました。
ところで、太郎吉クンは、原作にも出てくるキャラなのですか?
(誰に聞いている。。笑)

[PR]
by salieri777 | 2013-05-05 21:21 | ドラマでほっこり
富士山が、世界文化遺産に登録されることになりました。 記事は コチラ

「自然遺産」ではなく、「文化遺産」です。

ゴミ問題、入山者の規制、対処しなくてはならない問題がたくさんあります。

さて、それと同時に、「武家の古都・鎌倉」は、落選の方向へ。。。

「いざ、鎌倉」、なんて記事を書いていたら、「嗚呼、鎌倉」な事態です(;_;)

「奥州・平泉」が、一度、はねられた時は、「登録見送り」ですが、
今回は、(諮問機関段階ですが)「不登録」という、もうちょっと厳しい言葉。
ぬぉぉぉぉぉ!(顔芸付き)・・・

本会議が始まる前に、いったん、推薦を取り下げ、
作戦を練り直すか、このまま本会議で、散るのを任せるのか・・・

ちなみに、鎌倉市の市長の会見は、コチラ

リュー弾としては、捲土重来を狙ってほしいと思っております。035.gif
(横濱市民としては、朝夷奈の切通しはいいと思うけど、称名寺はやっぱりビミョーだな。。。)

[PR]
by salieri777 | 2013-05-02 20:33 | 徒然なるままに一言