「ほっ」と。キャンペーン

武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2014年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

リメイク作品とオリジナル作品。どちらも面白い、昨今では稀有な例となっております。
オリジナル版を見終わっての最初の感想・・・
「十三人いる刺客さんの生存率高っ!」(爆)


池上金男(作家としては池宮彰一郎として知られる)は、作家としては不遇の顛末を
迎えましたが、脚本家としては、優れた時代劇作品を残しております。
そのうちのひとつが、この「十三人の刺客」です。
当時、時代劇が斜陽で、大御所御大を一気に登用できる、集団抗争時代劇という、
緊急回避措置として作られた本作。
私は、オリジナル版を見てから、三池監督作を見ておりました。
三池版の感想記事は コチラコチラ
久々に、オリジナル版を見たのですが、思いもかけずにこちらも面白かったです。
脚本がしっかりして、監督の腕が良く、役者が揃うと、
リメイクだろうと、オリジナルだろうと、傑作は傑作ですね。

冒頭の間宮図書の切腹は、オリジナル版では切腹し終えているところからスタート。
暴君を演じる、菅貫太郎さんは、元々は新劇の役者さんで寺山修二作品の主演をしている
役者さんです。この暴君役の好演(^^;)のお蔭で、その後、数多くの時代劇に出演。
時代劇スキーには、「スガカン」や、「マロ」の愛称で親しまれることになります。

明石藩家老鬼頭半兵衛は、もちろん相当の知恵者に描かれています。
やはり、敵役が強くて優れていると物語は俄然面白くなります。
参勤交代の最初の関門の渡河シーンで見事に島田たちを出し抜き、
島田(片岡知恵蔵)は、出直して、策を練り直すことになります。
(三池版には、この鬼頭の知恵の勝利「戸田の渡しシーン」自体がカット)
島田たちは、中山道落合宿で、松平斉韶一行を迎え討ち殲滅する作戦を打ち立てます。

鬼頭の必死の防御も暴君の暴走で、すべては滅びへと向かいます。
オリジナルとの大きな違いは、伊勢谷さん演ずる山の民の男が、落合宿の郷士であること。
もうひとつの大きな違いは、落合宿の世話役のキャラが岸部一徳さんほど強烈ではない。
・・・ではなく(^^;)、クライマックスです。
暴君、あっさり殺されます(爆) 片岡千恵蔵先生の敵ではなかった(^^;;)
もうひとつ、その片岡千恵蔵先生を流石に斬り殺させることは映画会社も、
出来なかったのか、自ら、鬼頭の刃を受け、「これで貴公の面目も立つだろう」と、
男気溢れる最期を迎えさせたところです。

暴君を討ち果たした合図の音が、落合宿に鳴り響きます。
既に目的を果たした、刺客のひとり、剣豪は、明石藩士に刀を納めるように言いますが、
悪夢のような修羅場を経験し、明石藩の侍は恐怖のあまりに混乱して襲い掛かります。
何人も斬り伏せた剣豪の刀は折れ、あちこちに藁をかぶせて隠していた、
予備の刀も、既に使い切っておりました。
呼びかけても、正気を失っている明石藩の侍は、耳を貸さず、
剣豪も、その弟子さえも、惨めに彼の狂気の刃に倒れます。
泥だらけの田において刀を振るい、助かった実感を漸く得たのか、それとも狂ったのか、
笑い転げる明石藩士の侍の光景で映画は終わります。
既に勝敗はついているのに、無残に散って行った剣豪とその弟子の犬死描写が、
世の無常を感じさせるとともに、工藤栄一監督の真骨頂を見ました。
リメイク版では、剣豪師匠と弟子の死は、戦闘中の過程として描かれており、
オリジナルの、こういった無常さは、まさに工藤監督作品。
アマゾンのレビューで、「必殺シリーズ」っぽいとありましたが、
確かに工藤カラーが、色濃く出た作品でした。

この作品は、興業的には思ったほどの結果を出せなかったそうです。
時代が早かったのか、当時としては、斬新過ぎたのか・・・
三池監督版を面白く観た御方に、是非、オリジナル版も見ていただきたいです。


             

More 新旧キャスト比較表&お・ま・け
[PR]
by salieri777 | 2014-03-30 16:32 | 映画観劇芸術鑑賞
ドラマ記事が続きましたので、こちらの映像で気分転換をどうぞ(^^;)
   
学生時代の古典の勉強を思い出して、「あなや~」となりました(^^;;)
[PR]
by salieri777 | 2014-03-28 09:28 | 徒然なるままに一言
 ※いきなり、冒頭に追記です。
この記事は、大河ドラマ「軍師官兵衛」の感想記事です。一応(^^;)

主人公の正室&父の継室。あんたたち、何?
私が見たいのは、戦国大河ドラマなんですけど?
登場する、ドラマ、間違っていませんか?

けなげな、松寿丸が、わずかな救いでした。

母・弾正が、岡田准一くん@姫路の「官兵衛トークショー」を録画していて、
それを見ましたが、
刀談義の岡田クン。観賞用と練習用の刀の違いについて熱く語っておりました。
好々爺然としていた松平定知アナは、とくに印象に残りませんでした(笑)
中村Pは、「戦国時代は、現代では理解しがたい部分がある。
 なんで、秀吉はあんなに側室がいるんだろうとか」

あ、やっぱり、この方か、元凶は・・・

4月から、喜び勇んで、戦国大河ドラマ「独眼竜政宗」再視聴感想記事を御送りいたします。
いや、前記事に書きましたけど、思い出補正が入っているので、
あの作品が「大河ドラマとは、かくありたい」ドラマかどうか分かりませんが、
本放送以来の再視聴だと思うので、楽しみにしたいと思います。
[PR]
by salieri777 | 2014-03-27 08:26 | ドラマでほっこり

時代劇やーい! その弐

4月から、NHKのBS時代劇と木曜時代劇が新しい作品が始まります。
BS時代劇「神谷玄次郎捕物控」 主演 高橋光臣
木曜時代劇「銀二貫」 主演 林遺都
で、「銀二貫」は、高田郁さんの作品ですが・・・

「みをつくし料理帖」 の続編を作るらしいという噂が流れております。emoticon-0152-heart.gif
必殺関係の情報を探していたら、必殺の撮影を終えている、松岡君が、
北川さんと太秦にいた、という目撃情報がありました。
まあ、だからと言って、「続編製作決定!」ではないのですけど。
たまたま、二人とも京都旅行なのかもしれないし(笑)

というか、「必殺仕事人2014」(仮)、いつ正式発表があるんデスカーーー(渇望)
ずっと、「軍師官兵衛」が落ち着いてから、キムタク武蔵の放送が終わったら、
タッキーの鼠が、終わったら・・・もおおおおおお(牛?) いつデスカーーー
たぶん、「仕事人2015」の製作前に発表になると思うのですが(^^;)

さて、新しい作品の他に、4月5日(土)から、
大河ドラマ「独眼竜政宗」 の再放送も始まります。
思い出補正がかかっているかもしれませんが、面白いドラマでした。
思い出補正がかかっていても、終盤は、甘利、記憶に残っていませんが(笑)

やはり、勝新秀吉は強烈でした。動画を拾ったので再放送が始まるまで、
これを見てお楽しみください。伝説のリハーサルなしの本番一発撮りのシーンです。
「何をされるか分からない」byナベケンの、緊張した面持ちが初々しい。

詳細:製作発表の折り、渡辺謙が勝新太郎に挨拶に行ったら、挨拶を拒否。
「小田原で会おう」とだけを言われた。既に役柄に入っていて吃驚したとコメント。
そして、小田原攻めに伊達政宗遅参お詫びのシーン。
勝新さん、リハーサルを拒否。軽い打ち合わせのみで、本番。
ナベケン、普段は眼帯装着の折りは、まぶたを塞ぐメイクをしないのですが、
勝新さんのアドリブ対応のため、念のために、メイクして本番に臨みました。
脚本では、首の辺りをポンポンと2、3回叩くとあったのに、
勝新のピシリ!という打擲がハンパない。もっとも痛くはなかったそうだけど、
周りの俳優は、音にビックリして、ガクブルだったらしい。




[PR]
by salieri777 | 2014-03-25 20:54 | 時代劇よもやま噺

時代劇やーい!

「大岡越前Ⅱ」 の製作発表が正式になりました 
ちなみに新聞の方に、東山さんのコメントがあります 
シーズンⅠより、一話増えてますね。しかし相変わらず謎の放映時期。
とにかく、楽しみです。

そして、楽しく見ていたタッキー主演の「鼠、江戸を疾る」 が、無事に終わりました。
大河の時みたいに、ちゅど~ん!とか、どか~みたいなクライマックスはなく、
(最後まで、すべてを台無しにする、「その瞬間」が来るのではと、ハラハラしました)
訳ありだったけど、絆の固い仲良し兄妹の次郎吉&小袖。
事件が解決して、じゃあ何か美味しいものを食べようか、と言う時に、
既に、小判が一枚も残っていないことが判明。
「馬鹿!間抜け!ごくつぶし!」と罵る妹。「そこまで言うか」と妹にむちゃむちゃ弱い兄。
この兄妹コンビ、最高でした。一回しか出なかったけど、「怪盗猫(妹)」最高でした。
娯楽時代劇として、とても良く出来ている作品で、続編を期待したいです!


さて、キムタクさんの「宮本武蔵」の折り、ネットで、「このドラマ、製作松竹
製作協力が映像京都だったらなあ」という声を聞いて、
ドラマ「忠臣蔵1/47」 をレンタルして見ました。 その感想をまとめて少し。

史実的なツッコミが散見されましたが、ドラマとして良く出来た時代劇でした。
若き日の(笑)、妻夫木クン(高田郡兵衛役)、岡田准一クン(大石主悦役)、
紅顔の美少年とはこういう子をいうのだな、と(^^;)
大石内蔵助に佐藤浩市さん。堀部弥兵衛に名優杉浦直樹さん。堀部ホリに深津絵里さん。
遥泉院に松たか子。適材適所でしたね。大石りく役の小林聡美さんにはびっくり。
吉良上野介に津川雅彦が、悪役まっしぐらに怪演しております。
山口馬木也、原田龍二の手堅い人たちもキャスティングされております。
ちなみに、上杉パートは、まるっとカットされて、
台詞で、「吉良が米沢の上杉に身を寄せたりしたら・・・」と出て来るのみです。
それに対して、妻夫木クンが「上杉!」となるのを見て、
あんた、かねたんだろっ!とツッコミをいれるのも一興かと(^^;)

この「忠臣蔵」や、映画「武士の一分」を見ると、
ちゃんとやらせれば、ちゃんと出来るのがキムタクさんだと思うのですが・・・(惜)

ドラマの背景で、ちゃんと四季がつづられているのが、良かったですね。
製作協力には「映像京都」のクレジット。
もともとは、大映という映画会社のスタッフでしたが、大映倒産時、
技術が廃れることを危惧して、監督・スタッフにより作られた会社組織でした。
「御家人斬九郎」シリーズ、「仕掛人・藤枝梅安」シリーズなどで名前を
見た方もおられるかもしれません。

ちなみに、「忠臣蔵1/47」には、映像京都のスタッフの褒め言葉を聞いた、
渡辺謙が、ノンクレジット、ノーギャラ、台詞なしで、出演しております。
その時のエピを渡辺謙自らが語っているのをテレビで見たことがあります。
渡辺「(「忠臣蔵」撮影中の)スタッフと京都で酒を飲んでいる時、
皆、木村君を褒めていてね。自分の最も信頼するスタッフたちが、
『木村君、素晴らしい』と口々に褒めている。それで、力になりたくて」

今回、このドラマを見るまで、↑ リップサービスだと思っていたのですが(無礼千万)
見て、納得しました。
ドラマ本体としても、「武士らしく如何に死ぬか」に重きをなす安兵衛に対して、
「良く死ぬためには、良く生ききらなければならない」の信条の大石内蔵助。
その二人の心が歩み寄ったところが良く描けていたと思います。

まあ、手柄がすべて、主役の堀部安兵衛なのは、御愛嬌としても、
キムタクのぶっちゃけ口調も多少見受けられるので、そこがイヤな人はイヤかも。

件の「武蔵」の時、某巨大掲示板の「殺陣の名人について語るスレ」で、
「キムタクは刀振いが早い」と書かれていましたが、
このドラマでも、堪能できます。


f0182920_929353.jpg
「忠臣蔵1/47」
木村拓哉 佐藤浩市 堤真一 
松たか子 深津絵里 津川雅彦 他
脚本 井上由美子
監督 河毛俊一
 

そう言えば、まだ、ウッチー忠臣蔵を見てない・・・
[PR]
by salieri777 | 2014-03-23 22:57 | 時代劇よもやま噺
暦の上では、もう春ですけどね。こちらでもまだまだ肌寒いです。
暑さ寒さも彼岸まで。へめぐりに適したシーズンもそこまで来ていることでしょう。
去る、2月に、このような企画展を見に参りました。
神奈川県立金沢文庫の「武州金沢みちしるべ」展です。
f0182920_8453235.jpg


神奈川県は、ほぼ相模國なのですが、リュー弾のいる所は、武蔵國となります。
ここには、金沢北条氏の領地であり、今でも、金沢区として地名が残っております。

江戸時代、鎌倉・江の島・金沢八景を訪れることは、身近な行楽のひとつでした。
企画展の資料によると、ほぼ、2泊三日か、三泊四日の旅行だったようです。
もっとも、鎌倉・江の島と違い、金沢は、称名寺もその時代には跡しかなく、
往時をしのぶ場所でした。
それでも、鎌倉観光の折り、立ち寄るコースだったそうです。
展示資料には、その時代の観光マップ。浮世絵、宿屋の記録。地図等展示されておりました。


近江八景と並ぶ、金沢八景とは・・・
小泉夜雨(こずみ の やう) - 手子神社(小泉弁財天)
称名晩鐘(しょうみょう の ばんしょう) - 称名寺
乙艫帰帆(おっとも の きはん) - 海の公園より内陸の寺前地区の旧海岸線
洲崎晴嵐(すさき の せいらん) - 洲崎神社
瀬戸秋月(せと の しゅうげつ) - 瀬戸神社
平潟落雁(ひらがた の らくがん) - 平潟湾
野島夕照(のじま の せきしょう) - 野島夕照橋付近
内川暮雪(うちかわ の ぼせつ) - 内川入江(能見堂の解釈)



そのうち内川入江は、嘉永年間に始まった、干拓事業で、
景観が損なわれてしましました。

安政年間、幕末に暗躍もとい、活躍する清河八郎が、日本一周に近い旅行を
御母堂と敢行。その折り、能見堂の筆捨ての松に寄りますが、
何も見るものがなく、がっかりしたことを紀行に綴っているそうです(^^;)


f0182920_19464998.jpg
「西遊草」
清河八郎 著


「西遊記」じゃないよ~

[PR]
by salieri777 | 2014-03-22 22:33 | 徒然なるままに一言

実は、このドラマを観る前に、NHKで、まとめて放送があったので、
萬屋錦之介(当時は中村錦之助)主演版の映画「宮本武蔵」
五部作&外伝、全6作を見てからの、
二夜視聴となりました(^^;)
ドSなのか、ドMなのか、判断に迷いますが・・・@自分

時代劇黄金時代末期の錦兄ぃ主演の作品を見た後ですと、
逆に、今の時代にしては、良く頑張ったなと肯定できる面もありました。
結論としては、思ったほど酷くはなかったけど、二夜目は、ないよなあ。

キムタク節は、ある程度は覚悟して見ましたが。
チャイナ・ファンタジー剣法は、メインどころのジャンプ→横回転が
なくなったのは、日本の剣法にだいぶ近寄って来たように思えます()
(NHK時代劇「塚原卜伝」とかを思うと・・・涙)

関ヶ原の敗退から巌流島の決闘までの物語を約7時間ぐらいで、
まとめるのですから、
多少は整合性のなさは目をつぶるつもりでおりました。

しかし、いきなり、お甲&朱美セクションがない!これは、まだいいとして、
よくないけど。
般若坂の決闘が割愛されたのも致し方がないとして、よくないけど。
吉岡一門との因縁で、蓮台寺野の決闘(VS吉岡清十郎)と三十三間堂の決闘(VS吉岡伝七郎)が、一緒くたにされたのには吃驚(´・ω・`)
しかも二夜目の冒頭10分で吉岡ブラザーズの出番終了とか・・・ありえん!
伝七郎が原作と違って兄上想いなのは、ほろりでしたけど。
(伝七郎登場シーンのあの船のCG合成は酷かった・・・) 

えっと、一夜目は、思ったより楽しめましたよ、念のため。
エピの取捨選択。いろいろあると思いますが、現代風に作り替えるのも、

たとえば、吉岡清十郎がそこそこ強かったのは面白かったですけど
(今様を歌っていそうな、お耽美な感じ、後白河院の生まれ変わりみたいな)
「ただの名門の子・・・戦う相手ではなかった!」by原作ですもの
名門というだけで、実は、滅茶苦茶弱かった吉岡ブラザーズ(^^;)
一番、納得しかねた表現が、「76人も斬って(非難)」@一乗寺下がり松の決闘

え?一応、まだ戦国時代なのですけど。江戸時代初期でもありますけどね。
100人以下の戦闘なんて、「小競り合い」ですよ。
一番の問題は、少年の壬生源次郎を斬ったことです。
叡山の僧兵の非難も、そこの一点であったわけですし。

武蔵は、「少年を名目人にしたことこそが問題。
三軍の旗斬らずに武蔵の勝利はない!
我ことにおいて後悔せず!」
と叫びつつも、堀りかけの観音像を持つ手が
力が入っていて、
(↑めっちゃ後悔している)その後も、心を苛む出来事な訳です。

76人(原作では73人)斬ったことは武士同士の果し合いの結果でしかなく、名目人とはいえ、少年を斬ること如何が、武士の戦いとしては致し方なくても、人間としては、やはり羅刹の所業、と非難された訳です。 

それが、「人をたくさん斬ることは嫌にゴザイマス」「戦は嫌にゴザイマス」のおなじみの展開っぽいのが、「大河ドラマに迫る出来!」でしょうか(毒) 

というか、あの一乗寺下がり松の決闘、
キムタク討ち死にしていません?(^^;)
致命傷を負っていたような・・・()

あと、「新選組!」「華麗なる一族」「半沢直樹」の音楽を手掛けた、
服部隆之さんの音楽というか、BGMも、なんというか・・・(絶句)
緊迫したシーンに多用された、ピロピロピロピロ。あれ、何?(五言絶句)
 

ラストシーンもないなあ・・・
鮮やかな幕切れを狙ったのでしょうが、時間切れ?にしか思えなかった。
何か、放送事故を思わせました(爆)
原作も、ある意味、小次郎敗れる→即行で終わりと言えば、
確かに、そうなのですが・・・
 

映像美術が、(皆さんの変な髪型と共に)やっぱり、イマイチだったのが、
一番大きい疵でしたね。
背景がずーーーーっと、冬でした(戦国時代は、小氷河期と言われるけど)
蓮台寺野&三十三間堂は、確かに正月設定で、冬で正解ですけど、
八千草薫さんの若菜摘みは、春に見えんかった・・・
同じ人主役の「忠臣蔵47/1」を見て、つくづく、美術監修の大切さを感じました。

こちらも、ドラマは、思わぬエンディングを迎えるのですが、
雲泥の差の出来となったのは、
製作陣の力量の差だと思います。
ま、エンディングにいきなり、渡辺謙が登場しますが(@0@)
(スタッフから良いと、聞いて、馳せ参じて、急遽ノンクレジット出演)

力量の差というか、題材の得手不得手の問題と言えるかもしれませんね。
未だに夢に出て来る、爆笑毘沙門天の「天と地と」とか、思うと、
今の東映さんは、テレビ時代劇では、
この手の作品は、手を出さずに、地道に、「大岡越前」とか、
ちょっと、トリッキーに「信長のシェフ」こういった、方向性で行った方がいいですね・・・(@テレビ時代劇において、ですよ) 

誤解の無いよう、言っておきたいのですが、全体的に、意欲は買うし、
スタッフ&キャストの頑張りも分かりますし、
娯楽時代劇として楽しめる部分も
多々ありましけど、
もっとなんとかならなかったかな、
もっとなんとかなったのにな、という感想です。
 

emoticon-0160-movie.gif ちなみに、東映の映画版「宮本武蔵」(主演中村錦之助)
全部は面倒という方は(笑)
第4作「一乗寺下がり松の決闘」編だけでもご覧ください。
映像美が素晴らしい。


[ 追記 ]
映画版の、伊織少年が、往年の人気テレビ時代劇「仮面の忍者赤影」の、
青影クンだったのには、ちょっと胸熱でした。@「巌流島の決闘」編

鈴木福クンも達者に演じていました。
しかし、真木よう子さん&鈴木福クンでは、実の姉弟には見えない(笑)

見えないと言えば、中谷さんは、野風さんにしか見えなかった。
柳生石舟斎は、緒形洪庵にしか見えなかった。

あと、真木よう子さんが、終始「武蔵さま!」を「むさっさま!」
あるいは、「むさすさま!」と言っているのが気になりました。
(寒くて、口がまわらなかったのかな?)

個人的には、映画版で三國さんが沢庵なので、佐藤浩市さんに
沢庵を演じて欲しかったと今にしては思います。
あ、外伝で、三國さん、宍戸梅軒で登場しちゃったのには吃驚(^^;)





[PR]
by salieri777 | 2014-03-19 20:59 | ドラマでほっこり
安土城が、センスいまいちな高級中華料理店(VIP用個室)みたい。

鬱陶しい主人公。
さらに鬱陶しい主人公正室でありんした。

佐々木道誉登場。
あと、高山右近登場。
生田君のNHKドラマ出演って、朝ドラ「あぐり」以来?

あと、言ってはいけないとは思うけど・・・
官兵衛&善助って、やっぱり、フロドとサムだよな。

で、来週は、初恋エピぐらい要らない感満載っぽい、
松寿丸の人質差し出しの件ね~(´・ω・`)

でも、映像を観ると、腐っても大河なのだよな・・・
某2夜連続ドラマ感想は、別記事でお送りします。

びびんばサン、後白河法皇が降臨してましたよ!>私信
(ところで、>の方向ってあってます? ^^;)





[PR]
by salieri777 | 2014-03-18 07:53 | ドラマでほっこり
f0182920_21511525.jpg NHK時代劇「妻は、くノ一 ~最終章~」撮影好調なようです。 瀧本美織さんのブログ 
織江、スゲーーーー!(@0@) 
さて、その「妻は、くノ一」の文字通り(笑)の姉妹編が、
「姫は、三十一」でございます。

「姫は、三十一」第5巻
作 風野真知雄




平戸藩先の藩主松浦静山の娘、静湖姫は、見合い相手の不慮の死が続き、
その見合い話もぱったり途絶えた三十一歳(爆)
開明的な御父上が、まだまだ健在とはいえ、居心地が悪い。
唯一、心ひかれた男性は、(以下、妻くのネタバレになるので、省略)

そのようなある正月。占ってもらたら、38万4000年に一度のモテ期が巡って来たという。
そんなこんなで、持ち前の行動力と英明さを武器に「謎解き屋」を始める。
やはり、モテ期?彼女の前に、様々に彼女に惚れた男たちが集まってくる・・・

「妻くの」同様に、江戸の街に起きた不思議事件を解決していきますが、
「妻くの」にあった、織江と彦馬の運命や如何にという物語の核が、
こちらには、ないわけで、そこが弱いです。
しかし、相変わらずの御前。
多士済々な、姫様の周りに現れる男どもの描写は、なかなか面白いです。
ただ、甘利にも集まり過ぎだな。。。と、思っていたら、
この5巻。根底を覆すような展開が(^^;)

行き遅れ同士(をい!)の、多歌子姫が、第5巻に、満を持しての登場です(今まで噂話のみ)
早く、この女性を出すべきでしたね。
彼女が、静湖姫に思いを寄せる男どもを斬って斬って斬りまくるところは爽快です(笑)

御前の怪しげな貿易計画はどうなるのか、
静湖姫に幸せは訪れるのか、雁二郎の再登場はあるのか(^^;)
続きが楽しみです。

[PR]
by salieri777 | 2014-03-14 23:59 | 乱読積読文庫

なるたけ平常心で

平常心で参ります。
ブログも平常運転に戻ります。

f0182920_2024339.jpg

「鼠、江戸を疾る」まもなく時差で見ます。
やっべー、平常心でいられない(笑)

[PR]
by salieri777 | 2014-03-13 20:26