武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー

<   2014年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

夏越しの祓えなう

f0182920_14225752.jpg

鎌倉八幡宮なう、でござーるF37E.gifF37E.gif
[PR]
by salieri777 | 2014-06-30 14:22 | 徒然なるままに一言
必殺シリーズ200回記念「あんたこの替玉どう思う」再放送されました!
「必殺仕掛人」(33回)、「必殺仕置人」(26回)
「助け人走る」(36回)、「暗闇仕留人」(27回)
「必殺必中仕事屋稼業」(26回)、「必殺仕置屋稼業」(28回)
そして、必殺シリーズ第7弾「必殺仕業人」(全28回)の第24話で、
必殺は、通算200回となりました。

そこで、200回記念作「あんたこの替玉をどう思う」です。
嬉しいことに、傑作回でございます(感涙)

小耳にはさんだ噂によると、200回に傑作脚本を取っておいた訳ではなく、
たまたま誰かが、「200回じゃね?」と気づいただけだったとか。
ちなみに、100回記念は、気づかれずに終わりました(笑)
そして、慌てて過去のレギュラー陣に声を掛け、カメオ出演を頼みました。


中村玉緒(「必殺仕掛人」「必殺仕置屋稼業」)
沖雅也(「必殺仕置人」「必殺仕置屋稼業」)
草笛光子(「必殺必中仕事屋稼業」)、中谷一郎(「助け人走る」)
野川由美子(「必殺仕掛人」「必殺仕置人」「助け人走る」「暗闇仕留人」)
田村高廣(「助け人走る」、大塚五郎(「必殺必中仕事屋稼業」)
緒形拳(「必殺仕掛人」「必殺仕事屋稼業」)、三島ゆり子「暗闇仕留人」)
石坂浩二(「暗闇仕留人」)

            *・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

もう、「銀河英雄伝説」状態(笑)

各自の登場シーンに、過去のBGMが流れたり、
ドラマの折りの人気セリフを言ったりして、ニヤリとさせます。
沖さんの通り過ぎるだけのシジミ売りは、もったいなさすぎ(泣笑) 056.gif

ちなみに、エンディングテロップは、通常枠の後の、
「特別出演」枠で、アイウエオ順です(^^:;) 揉めないように(爆)
ですので、主題歌も、ロングバージョンで流されました。

上記のとおり、この回、「必殺仕業人」の中で、傑作回であります。

女盗賊と田舎娘が瓜二つ。悪事を重ねすぎて手配がまわった女盗賊は、
町で出会った、自分に瓜二つの田舎娘を替玉にして奉行所に捕縛させます。
三日後、打ち首になる田舎娘を、小伝馬町の牢屋敷で、女盗賊とすり替え、
救出させるのが、今回のミッション。人気の高い、難攻突破ものです。

周到な、中村主水の無実の田舎娘救出計画。ちょっと愉快な各自の自主練。
そして当日。綿密な主水の計画は、予定外の臨時の宿直の若い役人の登場で、
危機を迎え、臨機応変な対応を求められます。

脚本も面白いし、カメオ出演は豪華だし。
女盗賊と田舎娘二役演じた夏純子さん好演だし。
ある意味、不幸な目に合う若い同心役の長谷川明男さんには大笑いだし。
今回の頼み人である、田舎娘とは幼馴染だった捨三(渡辺篤史)の
情けないというか、哀れなラストも笑える。
今回の仕事の頼み料の巻き上げられっぷりといい、捨三の受難回でもあります。

このあと、あのように、悲惨な最終回を迎えるかと思うと・・・
まさに一夜の夢でございました(;_;)


「必殺仕事人2014」 7月27日放送決定!
必殺の歴史が、また1ページ(^^;)v

[PR]
by salieri777 | 2014-06-29 21:26 | 時代劇よもやま噺
湯島天神に行って参りました。
いつもお世話になっている、「己鏡」びびんばさんから御本を種々御借りしております。
そのうちの一冊が、「妻は、くノ一 謎解き散歩」
原作には、ドラマと違い、迷子の太郎吉は出てきませんが、
関連場所を訪ねる第一弾として赴きました。・・・・が。

ぬぁんと。 デジカメが壊れた 080.gif
雨が降ってきた 057.gif

そこで、今回の本丸。妻戀稲荷→桜田御用屋敷跡の訪問は断念いたしました。050.gif

湯島天神。ちょうど、結婚式をしておりました。
ここは、「お蔦、別れてくれ」
「別れろ切れろは、芸者の時に言う言葉。
今の私には、いっそ死ねとおっしゃって下さい」のやりとりで有名な場所。
(泉鏡花作「湯島の白梅」より)
・・・・・お幸せに(爆) 056.gif

f0182920_10283035.jpg
夏越しの祓えの季節です。
私も、茅の輪くぐりを致しました(^^)

さて、ドラマに出てきた、「迷子石」こと「奇縁氷人石」です
f0182920_10311522.jpg
人口の多い江戸では、人とはぐれてしまうことが、ままあります。
f0182920_10483271.jpg
こちら側は、「たつぬるかた」(尋ねる方)
「こんな子、知りませぬか?探しております」という張り紙をします。
f0182920_10500745.jpg
                        
そして、こちら側は、「をしふるかた」(教える方)
「こんな子、預かっております」という張り紙をします。

実は、湯島天神の「迷子石」は、幕府の許可がなかなか下りず、
設置されたのは、嘉永3年。ドラマの時代には合いません(^^;)

次には、妻戀稲荷ほか、訪ねる予定です。

f0182920_10554654.jpg
Amazon.co.jp: 『妻は、くノ一』謎解き散歩 (新人物文庫) 




[PR]
by salieri777 | 2014-06-28 23:16 | お江戸へめぐり

最近見た、ドラマの感想をまとめて、お送りします。

NHKBS時代劇「神谷玄次郎捕物控」

最初は、「神谷玄次郎を山本耕史君でみたかった」という声があったのですが、

・・・・って、中越典子さんが情婦役ですけど(笑)

2回目ぐらいから、高橋光臣さんの評価が高まりました。

はまり役だったと思います。ドラマ全体も丁寧に作られておりました。

1話が、予告編ナシの時間いっぱい終わりだったので

もしかして、撮って出しだったのでしょうか?(汗)

高橋さんは、京都で刑事ものの撮影の合間に、
東映剣会で殺陣の勉強をしていたそうです。

この作品は、松竹製作ですが、「教え子が時代劇の主役になったのだから」と、

福本清三さんや峰蘭太郎さんなどの東映剣会メンバーが花を添えました。

  そのことを語った本人のブログは コチラ

巷には、「中村主水」を演じられる人がようやく出てきたと言われております。

神谷玄次郎は、本人が言う程、怠け者でも昼行灯でもありませんけど(^^;)

最終回、霧の果てで明らかにされた真実は、虚しいものでしかなかった。

静謐な、余韻の残る作品でした。

動の会心作「鼠、江戸を疾る」に対して、
静の佳品といえる、傑作ドラマでした。

NHK木曜時代劇「銀二貫」

浪花の商人のええ話でおます。

前半は面白かったです。脱藩した父が仇討として斬られた時、
居合わせた商人が、
彼らとその仇討を「銀二貫」で買った。

天涯孤独になった武士の子供が、商家の丁稚として生きていく。

温かく時には厳しく、松吉の成長を見守る、井川屋の主人と番頭。

津川さんが好演しており、氏の晩年の代表作だと思います(コラ)

琥珀の勉さんこと塩見三省さんの番頭はんも、絶品でした。

武士としての父の教えが抜けない松吉の繊細さを、
林遣都が巧みに演じておりました。

天才子役芦田愛菜を初めて連ドラで見て、
「天才子役」と呼ばれるのを納得しました。

中だるみした脚本が、チト残念でした。

塩見さん演じる番頭さんが、琥珀色に染まって(^^;)
このドラマは終わります。ええ話でおましたな~

テレビ朝日スペシャルドラマ「みをつくし料理帖 2」

高田郁さんのドラマが続きます。

楽しみにしていた作品でした。キャスト再結集なのも嬉しい。

しかし、筋立てがやや単調に思えました。

事件勃発。怒る澪。突き飛ばされ、転がっている之図が、
繰り返されておりました。

前作は、大阪から江戸へ出てきた、女料理人が、
好まれる味の違う食文化圏の中で、

自分の道を見つけていくという明快さがありました。

今回の澪は、江戸にも慣れて来て、店も安定したところで、慢心する。

それは、製作スタッフも同様だったように思えます。

原作は、この8月で完結するそうです。

次は、是非、連ドラで見たい作品です。

「必殺仕業人」朝日放送製作/再放送(第23回分まで視聴しての感想です)

萌えない(爆)

この作品の前作が、超イケメンでクールな殺し屋&明るい怪力男の組み合わせ。

仕業人は、地味。何もかも地味。ストーリーも地味連発。

地味なメンバーの地味な殺し。
その分、映像でダイナミズムを出しておりますが、

殺しのシーンの工夫は、この作品ばかりではありませんし。

次回、6月27日の再放送分は、楽しみにしている、200回記念作です。067.gif069.gif053.gif

そして、西瓜主水回、最終回へと怒涛の顛末を迎えます。

最終回が終わったところで、改めて感想をまとめたいと思います。

f0182920_08280549.jpg

       これで ↑ どうやって萌えろと?(笑)
           中村敦夫@「必殺仕業人」



[PR]
by salieri777 | 2014-06-26 19:57 | 時代劇よもやま噺

く・・・(;∇;)/~~

f0182920_20394987.jpg

かんべえ、感想、後ろ向き過ぎF65B.gif

とりあえず、短かったかなF65B.gif

宇喜多直家、お疲れさま〜(;∇;)/~~
[PR]
by salieri777 | 2014-06-25 20:39 | 徒然なるままに一言
照明協力 キャンドル・ジュン ですか?(^^;)

来週の予告を見ると、「長政初陣」
うわ~! 官兵衛の初恋並みに興味が持ていない中身だっ!(汗)

[PR]
by salieri777 | 2014-06-24 09:20 | ドラマでほっこり


ドラマとしてみると、佳作時代劇ではありますけど、

これが、私の見たかった「妻くの完結編」かと言われると・・・その・・・

好評で、急遽製作がきまったものの、彦馬役の染五郎さんのスケジュール確保など、

他のキャストもそれぞれ、スケジュールのすり合せが大変だったようです。

織江役の瀧本さんは、京都で撮影→アカデミー賞授賞式出席→また京都でしたし。

梶原善さんの早期離脱が、やはり痛い。

太郎吉セクションは、上手くまとまっており、
静湖姫セクションもオリジナル展開ですが、マイコさんのはまりっぷりといい、

あのドラマの中では、うまくはまっていたように思えます。

クライマックスの戦闘が、なんだか寂しいですね。

(前作が凄すぎたとも言えますが)

全員揃わないのだから、分散して戦闘が行われる脚本になったのは、察せられます。

浜路+回想の雅江。織江+回想の雅江、ここは良かったです。
織江渾身の、母伝授の手裏剣技。母・雅江の映像とのオーバーラップ、泣けました。

でも、最後まで、雁二郎参上!の、微かな望みを抱いておりました。

映画「蝉しぐれ」の予告が始まっても(笑)

こうなったら、一回リセットして、

061.gif 劇場版「妻は、くノ一」を製作しませんか?

キャストはそのままで。寺子屋セクションは代替わりせざるを得ないでしょうけど。

鳥居耀蔵をしっかり出して。

最終回を見て思ったのは、敵の数をもう少し増やして、織江無双を見たかった。056.gif

(こう見ると、やはり前作で、尺の都合で切った部分が、弊害となったと言えますね)

雁二郎&カワサマは、
原作展開でよろしくお願いします(ここ、マストです)


無理なら、木曜時代劇「妻は、くノ一 ~蛇の巻~」を・・・

長州大河(と言っていいのか)への橋渡しにもなりますし(^^;)

あと、もちろん、木曜時代劇・・・BS時代劇でもいいけど、
「姫は、三十一」製作も、どうぞ、よろしく。

f0182920_17433878.jpg

           「さらば、ムコ殿」・・・じゃなかった、←マチガイ(^^;)
                    「いつの日か」



[PR]
by salieri777 | 2014-06-23 07:15 | ドラマでほっこり

オワッテタ (ToT)

f0182920_2216491.jpg

「俺たちの戦いは、これからだ!」でしょうけれど。

決勝リーグ辺りから、時間が取れるだろうと思うていたら・・・F641.gifF641.gifF641.gif

我が家の戦いは、終わっておりましたF6BF.gif
[PR]
by salieri777 | 2014-06-19 22:16 | 徒然なるままに一言
すっかり、ドラマブログだわ!

2016年大河ドラマ「真田丸」の主役、堺雅人さんが正式発表されました!
NHKの記事は、
コチラ
 

チーフ・ディレクターは、「梅ちゃん先生」や「ごちそうさん」を担当。
一抹の不安が・・・(笑)
製作統括が、「シエ」の人だし。

最近の三谷さんの作風にも、個人的にはなじめないし。

記事を読むと、「真田十勇士」ではない的なことが書かれておりますが、
もしかして、出さない?
大河名物の架空キャラ枠が、「十勇士」だと思っておりましたけど。
普通に、草の者として、登場するのでしょうか。

同時発表かと思いましたが、音楽担当は、どなたなのでしょうね。
服部三世(隆之)さんかと思いましたが、別の人かな?

なんだかんだ、言いつつ、楽しみにしているようです(^^;)

パパとお兄ちゃん人事も気になりますが、
徳川親子キャストも気になります。

西田敏行さんか、中村梅雀さんか、山本耕史くんか、西田敏行さんか、
中村梅雀さんか、山本耕史くんか  ・・・以下、無限ループ




[PR]
by salieri777 | 2014-06-19 17:08 | ドラマでほっこり
f0182920_2237844.png

なかなか、洗濯物が、翩翻とたなびいて干せる日が来ませぬな。

武田軍が、「軍師 官兵衛」第24回?の感想をお送り致します。

「此度も、安定の無味乾燥ドラマであったのう」 BY 御屋形サマ

「今回が、中締めだったようだな。回想シーンの出演もやぶさかではなかったのにな。甘利に無情…」BY 甘利サマ

「泣いて詫びる小寺の殿様に、熱々のおでんを突きつける、我が殿。しかし、最後は情けをかけられたか」BY 諸角サマ

「そのおでんは、私が作りました(爆)
みをつくし料理帖。次は、ぜひ連ドラでF7EE.gif」BY 駒井クン

「今宵は、ここまでにしとうございます」BY リュー弾
[PR]
by salieri777 | 2014-06-18 22:37 | 徒然なるままに一言