武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2015年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地 に、行ってまいりました!
会期を延長してくれたので、なんとか間に合いました(^^;) 注:5月10日まで

f0182920_21105642.jpg

     前から見たかった、ジオコスモス。感涙です。寝転んでおりますが。
f0182920_21125592.jpg

     書道とCGのコラボ。
f0182920_2115878.jpg

     一番見たかった、映像作品。
     BSの美術館紹介番組では、「僕らには、既視感がある。
     これ、まさに『板野サーカス』だよね」(by山田五郎)

f0182920_2120882.jpg

      かなり、長いこと、この空間に留まって、飛行を楽しみました。     
      観客参加コーナー!
      自分の書いた絵が、作品に投影されます。

f0182920_21223827.jpg

      リュー弾の、絵です(^^;;;)
f0182920_21243350.jpg

      上記の平面のイラストが、このようになって、街を跳びます!
f0182920_2136915.jpg


f0182920_21383053.jpg

      おやつタイム! 地球もなかアイスです(〃∇〃)
      天気が良かったので、ランチ&おやつは、テラスでいただきました!

f0182920_21404540.jpg

      目の前には、ガンダム大地に立つ、です(首が動いているのを知った!)

f0182920_21443810.jpg

      新展示の中の母・弾正。
      不思議なことに、実際に目にすると、「ん・・・ただの釣り下がった花。。。」

f0182920_21472244.jpg

      しかし、こうして写真に撮ると、芸術作品。
      これは、なんなのでしょうかね。写真にした方が現実感があるというのは。


f0182920_21522296.jpg

      ユニキャブに乗りました!
      レクチャーを受けた後、係員の誘導&案内の元、館内をへめぐります。
      時速6キロ。走った方が早いです(笑)
      移動するバランスボールと思っていただければ(^^;)
      でも、このツアーでないと、入れない場所にも案内してもらえます。
      ただし、他の観客の注目をすっごく受けます。
      市中引き回しの感じです(爆)


      最後にこういうコーナーを発見!
f0182920_21592812.jpg

f0182920_222312.jpg

      リュー弾の 「ジェット・ビートルⅡ号」も、プリントしていただきました。
f0182920_2263441.jpg

      終了まであとすこしですが、お時間のある方、是非どうぞ056.gif

カラスの「板野サーカスごっこ」を見て、思い出したのが、コレ。
本家というか、元祖(笑) ↓ 
 注:一部、板野さんのクリエイトでない映像も含まれております。
 ちなみに、この映像には都市破壊描写はございません。
 M78星雲光の国が、ちょっと大変なことになっておりますが(^^;)


[PR]
by salieri777 | 2015-04-29 22:17 | 映画観劇芸術鑑賞

去年と同じ情景

一昨日、「肉肉ファイヤー」と東京駅ナカで叫んで帰宅してみると・・・

笠地蔵が我が家を訪問していてくれました。

毎年、この時期。筍を賜ります。

有り難いことに、皮をむき、糠で下茹でまでした状態で(感涙)

前日の猛禽類状態から打って変わって、精進料理三昧となりました。
f0182920_13481716.jpg


我が家では、去年と同じ情景をこのように迎えることが出来ました。

それが、とても貴重で、幸せなことであるのか、ニュースを見て、実感しました。

母・弾正は、ネパールへ行ったことがあるので、特に心を痛めております。

せめて、救助活動が迅速に行えるように、余震が収まりますように。
[PR]
by salieri777 | 2015-04-26 13:53 | 徒然なるままに一言
甘利、黄金週間の[休み]には縁がございません*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ということで、エネルギー注入で、頑張ります066.gif
f0182920_522385.jpg

[PR]
by salieri777 | 2015-04-25 05:23 | 美味しいものにほっこり
いつもお世話になっている 「STEP by STEP」 のカタリーナ様に
かなり長いことお借りしておりました(汗)
恐縮しつつ、感想記事をお送りいたします。

f0182920_18494259.jpg


「ベルサイユのばら」第11巻
作 池田理代子



リュー弾は、熱烈な「ベルばら」ファンではありません。直撃世代でもありません。
週マでの連載が完結し、全話単行本化も終了し、宝塚の舞台が話題になりだした時代に、
まとめて全巻読破を果たした、セカンド・インパクト世代と言いましょうか(笑)
ですので、連載から胸熱く追いかけた方々とは、受ける感慨は、ややちがうと思います。

この外伝は、4話の新作短編が収められております。
出て来る登場人物に、一瞬誰のことだっけとなりつつも(汗)
すぐさまフラッシュバック(^^;)

エピソード1 そりゃないよ、アンドレ…編
(以下、エピタイトルはリュー弾が勝手につけております)

アンドレの幼少時代を含めた逸話。
ジャルジェ家の「お嬢様」の遊び相手になるべく祖母のもとに行くのを見送った幼馴染の
その後の流転の人生。
思わず、オルレアン公のその後について、自分の知識(うろ覚え)が正確か、
ググってしまいましたよ。
ほら、オルレアン公って、複数いるでしょ。
こうやって、興味をと知識を深め、ひろげられることは、楽しいものです。

ただ、エピソードの出来としては、四編中一番ビミョーです(涙)
確か、宝塚歌劇団からの依頼で製作された作品なのですよね?
アンドレの「オスカル一筋」は分かりますが、
せめて幼馴染がいたことぐらいは覚えていて欲しかった。
リボンも結局、ばあやが大切に保管していただけで、アンドレ自身が、
そのことを思う描写はないし(たぶん絶対覚えていない。←断言)

ところで、往時以来の読者の方には、
この、ばあやさんの登場がツッコミ材料だったようです。
たしかアンドレの訃報で寝こみ、バスティーユ陥落直後ぐらいに亡くなったのでしたっけ?
ですので、このように、マリー・クリスティーヌを秘かに革命の混乱に堕ちいっている状況下で
訊ねていけるはずはない、と。

まあ、解釈としては。
1.具合が悪く、オスカル編ラストに、オスカルの主治医が見舞いに来た時に
絶命しているっぽいが、死んだとは明確に言及されていない。ですので、セーフ。

2.具合は確かに悪く、上記の折り亡くなっているが、
その前になんとか最後の気力を振り絞ってたずねた。
公爵の寵姫の御前で伯爵家の使用人(平民のばあや)が椅子に座っているのは、
具合の悪そうな彼女をクリスティーヌが気遣った。

3.このエピの主役であるクリスティーヌの、すべては妄想であった(爆)

エピソードの後のFAN ROOMで、アンドレが、
 「身分さえあれば…その悔しさは、草をむしってしまうほど」と、
紹介されていたのには笑いましたww

エピソード2 生意気ジェローデル少年編
そのショコラが熱くないのを幸いに思ったかどうかは不明の男(爆)
目つきの悪い幼少時代(笑)
少々シニカルだけど一番の現実主義者だったな、ジェローデル。
その後の、「FAN ROOM」コーナーでの、WE LOVE オスカル様053.gif
ロザリーが、オスカルに恋していたくだりは、すっかり失念しておりました。

「ベルばら」が、円谷プロ製作なら、4月1日の円谷世界で、
「同人誌で妄想しまくりのロザリー」というキャラが出来ていたかも(笑)
「ベルサイユのばら」が円谷製作でなかったことを幸いに思え!063.gif

エピソード3 革命後のそれぞれ
オスカルの父ジャルジェ将軍、フェルゼン。ベルギーでの再会が描かれております。
フェルゼンについての「その後」は、本編でもふれられております。
何気に、オペラネタとなった「仮面舞踏会」で暗殺されたグスタフ国王亡き後、
政治的にもいろいろ苦労した人でもありました。
巻末に収録されている池田理代子先生のインタビューで、
「フェルゼンは恋愛においては勝組」ああ、そういう見方もあるのかと、括目。

そして、直系の唯一の生き残りマリー・テレーズ王女。
少々居心地の悪い亡命生活を穏やかに過ごしております。
母親の愛人と再会した時の彼女の心境や如何に。
ところで、誰か、マリー・テレーズの人生周辺を描く人はいないでしょうか。
「タンブル塔からウィーンへ送られたマリー・テレーズは偽者だった」説とともに。

エピソード4 一番熱いアラン編
一瞬、アランとベルナールがごっちゃになっていたことを告白しておきます(笑)
あと、アランの妹の名前って、ジャンヌだっけ? ←次頁で悔恨。
ぼろぼろと忘れつつも、読み出すと、まざまざと当時の話が甦ってきます。
アランが熱い代わりに、影の薄いベルナール(笑)
ロザリーと結婚したのはアランだったっけ?まあ、オスカル様失恋組同士だし。
で、この6行目前の文章に戻る訳です(爆)

「黒衣の伯爵夫人」が描かれた時から、皆の話題になっていた、
「あの革命の時、ル・ルーちゃんは、どうなったのだろう」
それに、明確な答えが出ております。
まあ、当時から、「彼女なら大丈夫」と、誰もまったく疑いなく思っておりましたが。
ル・ルー人形(中に色々な物が入っている)の健在も嬉しい。

そして、アランと言えば、忘れがたい妹ディアンヌ事件(名前、忘れていたけど)
「妹が結婚するんだ」(←普通だったら、アランの死亡フラグ)
貴族の男が金持ちの娘に乗りかえたことで、横死でしたっけ?
娘の死を受け入れられない母親が、彼女の亡骸をベッドに横たえたままだったので、
さらに悲劇の人生は悲惨な終幕を迎えました。
その仇敵ともいえる、かつての妹の婚約者と再会。憎しみを燃えあがらせるアラン。
このエピソードの帰結が、今回一番の見どころだったと思います。

「フランス革命」は様々なドラマを生み出しているので、池田先生の人生が続く限り、
こういったエピソード集を書き綴って欲しいですね。
というか、原稿はなくさないでね(笑)自分で点描も書いたとか、泣ける(笑)
   いや、笑っているけど(^^;) ← こら!

個人的に読みたいエピは、ジャルジェ将軍かな。
おっさんエピは望まれないかもしれないけれど。

カタリーナ様、コミックをお貸しくださり、ありがとうございました!040.gif040.gif040.gif
[PR]
by salieri777 | 2015-04-19 19:06 | 乱読積読文庫
・・・といっても、また(まだ)アチラ関連の話題です。

悪の巣窟である、酒場が用心棒を雇う。

雇われ用心棒の連中の思惑は様々だったりする。

普段は、あてがわれた飯を食らい。盃をあおる。

手入れ!店主あわてる→「先生、お願いします(焦)」

白刃を少し抜いて、「今宵の星斬丸は、血に飢えておるわ」

この演出、嫌いじゃない(笑)

祝!060.gif轟く叫びを耳にして・・・「帰ってきた怪獣酒場」オープン!



[PR]
by salieri777 | 2015-04-18 08:46 | シュワシュワ関連
母屋に入れたので、気分転換に時代劇をと思い、NHK「神谷玄次郎捕物控2」を見ました。

松竹の仕事は相変わらず、渋くていいなぁ~(〃∇〃)
(東映の、ここぞの時の華やぎも好きですけどね)

メインゲストが、篠田三郎さんでした(爆)
しかも、相対するのが石橋蓮司さん(連爆、いや蓮爆)

ウルトラマンタロウの変身者(篠田さん)と、ウルトラマンマックスの変身者(石橋さん)が、
揉めたすえ、お互いを思いやっている(涙)
蓮司さんは、1話のみとは言え、しかも特殊な状況というか設定下ですけど、
ちゃんと隊員服を着て、変身アイテム掲げての変身ですからね。一応、最年長変身者?


それにしても、時代劇の世界を愛する者として、高橋光臣という逸材が出て来てくれたのは、
本当に嬉しい。

この日曜日、初めて(今更?)「花燃え」を見ました。
母・弾正が、OPは、板野一郎さんだっ、と言い張ったので、試しに見てみたのです。
結果⇒板野サーカスに影響を受けた、チーム・ラボの仕事でした。
えっと、内容は、、、、とにかくヒガシさんが手紙を届けるシーンまでは見ました(〃∇〃)
そういえば、池田秀一さんのナレ、聞いたはずなのに印象に残っていない(涙目)

いよいよ、来週の「江戸の激斗」に、沖雅也さん出演回ガーーー(歓喜)

やっと、お借りしたマンガを読破。同じくお借りした本を読みつつ、
録画した「仕置屋」を消化しながら・・・「雲霧2」まで、なかなか行き着かないな。

相変わらず、ウルトラな世界に浸り込んでいたら、昨晩、Yahoo!ニューストップに、
「アンヌ隊員」の記事が。
一瞬、煩悩が過ぎて、幻覚かと思いました(笑)
実際に、ちゃんと、ニュースがありました(安堵)
ウルトラセブン幻のアンヌ隊員と再会-芸能-デイリースポーツ online

最初に決まっていたキャスト降板は、よくあることですが、その方の判断が良いか悪いか、
軽々に他人が言えることではありませんが、
今となっては、イデ隊員は、二瓶さんしか考えられない。
(元祖「こんなこともあろうかと」と秘かに開発していた発明品を取り出すシーンが無いのは寂しい)
そして、アンヌ隊員は、菱見(現・ひし見)さんしかありえない。
中村主水が藤田まことさんしか考えられないように。
ヒガシ演ずる渡辺小五郎(コゴロウぢゃなくて、ショウゴロウと読みます)も、
主水にこだわらず、独自性を出してほしい。あの芝居狂の設定好きだったのに。
とにかく、「必殺仕事人2015」楽しみです。

あと、夏の新作「ウルトラマンX」も。
ウルトラマンの外観も気になりますが、
防衛隊の隊長役をどなたが演じられるかも楽しみです。

特撮と時代劇。虚構の世界に心惹かれながら、
選挙に投票に行った折り(地元の小学校)、大地震が起きた際の、連絡方法を母・弾正と、
再確認したりしました。









[PR]
by salieri777 | 2015-04-13 21:09 | 徒然なるままに一言
より深く、突き進んでいきます(爆)

初めて、特許局の検索ページを使いました。
商標番号照会(入力画面)|J-PlatPat

新番組製作の折りは、色々事前に、商標登録します。
そこから、情報を得る訳です。

出願番号 2015-25834

「ウルトラマンX」かぁ~

サブトラマンとして、ウルトラマンY(ボディは、銀色に豹柄/人間体は関西弁使用)がいて、
最終的に合体して、来年の50周年に「ウルトラマンZ」になるんですね(テキトー)

実際には、防衛チームの名前やら、機体名やら、光線技名(っぽいもの)やら、
怪獣名らしき物も同じ日付で登録されております。


商標登録バレの前に、玩具カタログバレがありました。
間違いなく「ウルトラマンペケ」(笑)ではなく「ウルトラマンエックス」
リアル・チビッ子の折りは、ネットがなかったので、
初めて、こういう事柄に接しております(新鮮)

4月10日あたり、発表かな?053.gif







当初は、「ウルトラA」になるはずでした。
(既に製薬会社だったかな。商標登録済み名称でした。故に変更)
f0182920_21542527.jpg
おかげで、「ウルトラセブン」だけ、微妙な存在になりました。
時々、ウルトラマンセブン、と間違われるし(笑)
現在のテレビ東京の放送字幕が↑だったらしい(涙目)








[PR]
by salieri777 | 2015-04-09 22:08 | シュワシュワ関連
近頃の私は、何処を目指しているのだろう(笑)

さて、4月5日(日)に、銀座へ行ったのですが、何をしに行ったいうと、

こちらです(〃∇〃)
f0182920_21133169.jpg
銀座博品館劇場の、「ウルトラヒーローバトル劇場~第23弾」
劇場空間が苦手になりつつある、リュー弾ですが、
ウルトラマン関連は、チビッ子制約で、第1部、第2部と分かれ、それぞれの時間が短い。
それで、なんとはなしに、大丈夫です。
(そのうち、歌舞伎の一幕見にもチャレンジしてみたいなぁ・・・)
f0182920_21171787.jpg
ロビーでの撮影会。今回は、ウルトラマンアグルさんです。ロビー担当は、直前発表されます。

さて、ステージが始まる前に、ウルトラマンナイスさんの前説があります(笑)
f0182920_21183607.jpg
撮影はいいけど、フラッシュはだめだよ。動画も禁止ね。
静かなシーンでは、シャッターの音、気をつけてね。等々。
あと、休憩時間の前後、博品館でのステージ10周年記念で、送られた
ネタ披露 メッセージを朗読。
・・・お祝いメッセージではなく、やっぱりただのネタ披露でした。
純粋な(?)ネタとしては、超獣アリブンタと菅原文太をもじったネタを披露。
「わしゃ、アリブンンタじゃけんのう」 って、チビッ子、置いてきぼりだよーーーー(^^;)
ウルトラマンナイスさんは、今回は、劇本編にも登場。
「10年に一度の奇跡」の必殺光線を放って、ウルトラ戦士を助けたりと大活躍。
光線名は「ベリー・ナイス・コスモミラクル・エスペシャリー(中略かなり中略)ダイナマイト」
・・・長い!寿限無光線でした(笑)

f0182920_21224682.jpg
暗闇に映える、ウルトラマンギンガさんとウルトラマンビクトリーさん

f0182920_21245154.jpg
座席は、やはり通路側に限ります(〃∇〃) 至近距離のウルトラマンネクサスさん。

f0182920_21263006.jpg
今回は、ショウ役の宇治清高さんも、参戦です。
多次元宇宙では、何処の「地球」でも、肖像権というものがあって(以下略)
「新ウルトラマン列伝」での撮影も既に終わっており、
地底人ビクトリアンのショウとしては、これが最後の勇姿になります。
フィナーレ最後に、ステージに呼ばれて、感慨無量の表情でした。

f0182920_21285574.jpg
フィナーレ。無数に飛び交うバルーンを皆でパンチング。
ウルトラ戦士の皆さんも、客席に降り立って、参加。
時間となり、MCのお姉さんが「ウルトラ戦士の皆さん、ステージに戻ってください」
ステージで、最後の・・・ ん?ひとり足りない。。。
「最強最速」のウルトラマンマックスさんが、まだ客席に。
「どうしたの!『最強最速』」byお姉さん。
ジュワワ!とばかりに、慌ててステージに戻る、ウルトラマンマックスさん。
ステージに戻ったところで、「セーフ」のジェスチャー(いや、完全にアウトだよw)
ステージ上のウルトラ戦士の皆さんも含めて、場内大爆笑の一コマがありました。

さて、その後は、ステージでの撮影会です(誰が担当かは、幕が上がるまでのお楽しみ)
カーテンが開けられると、そこには、ウルトラマンゼロさんとウルトラマンビクトリーナイトさん
f0182920_21340494.jpg
f0182920_20424445.jpg
隊員服を身に包んだ、お子さんがビクトリーナイトに大喜びで、ハグ(^^)

楽しいひとときをありがとうございました056.gif





おまけの写真

f0182920_21443477.jpg
ウルトラマンゼロ、2度目の補導!?
(注:ウルトラマンゼロさんは、地球人換算で、高校生ぐらいです)
実は、撮影会の合間、お兄さんが、手首から流れ落ちる汗を拭っております。
地球は、蒸し暑いんです。本当です、信じて下さい!(北斗星司風)




おまけ

これが、アリブンタじゃけんのう(右側ね)
f0182920_20593752.jpg


おまけ・・・というと無礼討ち?050.gif
今回のベリアル陛下
f0182920_21022157.jpg


ベリアルとは・・・ウルトラマンベリアル (べりあるへいか)とは【ピクシブ百科事典】














[PR]
by salieri777 | 2015-04-09 21:12 | シュワシュワ関連

心に、アーンパーンチ!

数日前に、4月4日は、「あんぱんの日」であることを知りました。

また、今年の4月4日は、皆既月食。

しかし、4日には、あんぱんを買う時間もなく。

夜は、残念ながら、曇り空で、皆既月食も見られず。。。

ネットの生中継に飛びましたが、こちらも曇りorz

翌日、銀座に行きましたので、木村屋さんで、あんぱんを買いました。

今回は、「けし(こしあん)」を3個。

日本手ぬぐいも意味なく買いました(勢いってヤツです)

ひさびさの、銀座の歩行者天国でした(@_@)

ちなみに、私は、あんこは、「漉し餡」一択の人間です。
f0182920_20061503.jpg

[PR]
by salieri777 | 2015-04-08 20:08 | 美味しいものにほっこり

一方、横浜では・・・

横浜駅近くの、日産ショールームに行きました@花見の後に。

いた!
f0182920_06000900.jpg
これ(笑)
f0182920_06013379.jpg
日産リーフを基にした、「ウルトラマンギンガS」の地球防衛隊UPGの車両シュナイザー
3月31日まで、展示されておりました。

昔は、防衛チームの車両は、アルファロメオだったよね(遠い目)

ケン「それは、いわない約束だろう」
マリー「あなた、おかゆが炊けましたよ」
     注:突然付けられたウルトラの父の名前「ケン」と「マリー」は、
       日産の往年のCM「ケンとメリーの日産スカイライン」から取られた。
       ケンとメリーじゃ露骨すぎるだろうということで、「マリー」になった。
f0182920_06063676.jpg
日産ショールームは、スタバもあるし、綺麗で、アロマも良い香りだし。
トイレも綺麗だし、車も見れるし、時間を潰す時に困ったら、寄れる(笑)というか、住める(笑)
f0182920_06085027.jpg
親子連れがいらっしゃるので、他を見ながら、時折り寄って、別アングルを撮る。

f0182920_06102942.jpg
でも、やっぱり、親子連れは不可避。

f0182920_06113523.jpg
嬉しそうな、子供の笑顔が見れるのは、心が癒されます。



f0182920_06123088.jpg
往年の名車 ダットサンシリーズ。
他にも、日産フェアレディー乙、、、ぢゃなかった、フェアレディーZもあって、
何度か、撮影しようと思ったのですが、
ずーーーーーーーーーーっと、男の方が嬉しそうに運転席にいたので、
写せませんでした(ま、気持ちは分かる)

このあと、モニターのF1グランプリを少し見て帰りました。








[PR]
by salieri777 | 2015-04-05 06:18 | シュワシュワ関連