武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

謹賀新年(^^)

f0182920_924188.jpg

新年明けましたが、
 おめでとうございましたか?(^^;;)


旧年中はお世話になりましたm(__)m
今年もよろしくお願いします♪

さて、我が家の年末年始、病院で新年を迎えた去年と違い(^^;)穏やかでございました。
大晦日、年越しカウントダウンのため、西の丸から本丸御殿に移動してみると・・・
母・弾正が、顔パックを終了して、脱皮しているところでした(爆)
大掃除で見つかったので、どうせならと使ってみたとのこと(-_-;)
1月2日現在、母の皮膚に変化はないようです(^^;)

新年は、港に停泊している船が一斉に汽笛を鳴らすのが、横濱の風物詩です。
 「今は百舟百千舟~♪」(森鴎外作詞・「横浜市歌」より^^;)
最近では、時代が変わり、聞こえる汽笛も寂しくなっております。

歳が改まり、正月は、ごくフツーに過ごしました。
御屠蘇がわりに、↓姫武者をいただきました♪
ウォーキングを兼ねて、町内の八幡様に初詣・・・と思ったら、凄い人で、参らず帰宅。
我が町の八幡様は、源頼朝起源の海難除けの八幡様です。

夕方、NHKで「万葉集への招待」を見ました。
番組内で濁酒が饗されていて、刺激を受けた母が「酒もって来~い!」(爆)

こうして、明治・戦国・鎌倉・万葉の時代が行き交う正月になっております。
f0182920_9255660.jpg

 元旦の朝に飲みましたが、それ以降、母が盗み飲みをしていたことが発覚(^^;)
 チビチビがグビグビ→ガーッとなる前に、置き場所を変えなくては・・・(^^;;)
[PR]
# by salieri777 | 2009-01-02 10:11 | 徒然なるままに一言
前回の続き・・・の前に、ボーナス・ショット(^^;)
 ↓善光寺の亀ちゃんず、です(^^)
f0182920_1720387.jpg
 みんなで仲良く甲羅干し☆
びびんばさん、いかが?>私信 (*^^*)


さて、武田信玄公家臣の一族の末裔、と言われている、母・弾正とリューザキ弾正は、
お屋形様への愛を抱きつつ(え?)善光寺へ赴いたのであった(そうだったっけ?)
途中、武田家所縁の場所をバスの窓から(^^;)眺めつつ、
軍師・山本勘助の首と胴を繋いだという「胴合橋」に立ち寄ったのでござ~る!

さて本題(^^;)、山本勘助サマの鎮魂碑の黒御影石前で親子二人打ち揃って、
仲良く(^^;;)記念撮影をしたところ・・・
 両人揃って、首から上が映っていない(爆)
  ひいいいいい~(汗)

心落ち着けて、よく見れば(ー_-#)
親子揃って、立ち位置が悪く、鎮魂碑の字と頭がカブっていただけであった(完)
 をいをいをい~(泣笑)
f0182920_17222678.jpg

    勘の字に立っているのが、リューザキ弾正♪
    助の字に立っているのが、母・弾正♪ ヨロシクね☆
ちなみに、全行程13時間の1日バス旅行でございました(疲)
  ・・・13時間なんて、飛行機ならフランスに到着しちゃうよ~(涙)
[PR]
# by salieri777 | 2008-12-28 17:54 | ほっこり道中記(^^;)

死闘!川中島(^^;)

へめぐり報告・第二弾でございます(^^)
今年の9月に母と長野の善光寺に行ってまいりました♪
善光寺では、修復工事が終了し、40年ぶりに公開された山門を見ることが出来ました。
山門には、いにしえびとの「××参上!」と言う落書きが・・・(^^;;)
昔から、人間のやることには変わりなし、ということですね。
「嘉永三年」という落書き・・・ペリー来航の3年前(感慨)
「紀伊國」という落書きも・・・本屋ではありませんよ~(苦笑)
f0182920_10374331.jpg 
まさに・・・母にひかれて善光寺参りです(笑)

横浜から善光寺へ行くコースは必然的に、妻女山&川中島を通過するのでございます。
今回はバス・ツアーのため、主要萌えポイント(笑)は、バスの窓からのみ(;_;)
しかし、バス・ツアー故に必ず立ち寄るのが某お土産店(^^;)
ここは、武田軍の要チェック・ポイントなのであります。
ここの駐車場脇に、「勘助胴合橋」跡がございます。
川中島の合戦で首を討ち取られた、軍師・山本勘助の首と胴を合わせたという水辺。
去年、「川中島の合戦・再現ツアー」に参加した折り、私は既に見学してましたが、
母を案内することが出来ました(^^)

母と私、二人揃って・・・
「御屋形サマァ~!山本勘助にございます~!!」と叫んで赴きました(実話)

f0182920_10413912.jpg 
実は、山本勘助ではなく、
信玄の弟・武田信繁の首を
合わせた場所という説もあります。
確かに典厩寺も近いですし、有り得ます。





で・・・この後、このスチャラカ母子が戦慄する出来事が・・・!(続く)
[PR]
# by salieri777 | 2008-12-24 11:26 | ほっこり道中記(^^;)
冬至でございます。
ご近所から頂いた柚子で柚子湯にして入りました。
無病息災・一陽来復♪ つるかめつるかめ(^^)

さて、お風呂に入って気持ち良くなったところで、本の紹介であります☆

ハナシがちがう!―笑酔亭梅寿謎解噺 (集英社文庫)

田中 啓文 / 集英社



ドラマ「タイガー&ドラゴン」とっても好きでした♪
朝ドラマ「ちりとてちん」とっても好きでした♪
どちらも、見たことも聞いたこともないけど、面白いものが好き♪
 
以上の3つのどれかに当てはまる人にオススメの小説です(笑)

この小説は、朝ドラ「ちりとてちん」の渋谷ファン・ミーティングで感動の対面を果たした、
「ちり友」さんの一人から教えてもらった本です(その後、ほんとうに貰ってしまいました。爆)
 (注:ちり友・・・ドラマ「ちりとてちん」を好きな者。同ドラマの携帯サイトの掲示板に発生・生息)

落語と縁も所縁もない金髪(今となっては・・・^^;)の不良が、
ひょんなことから落語家に弟子入り!
典型的な現代っ子の主人公が「徒弟制」「伝統芸」と言った世界で奮闘する姿が、
上方落語の噺の世界観を交えて、語られます。

ちなみに、この作品は「タイガー&ドラゴン」より前に出版されたそうです。

不況の風が、ぴーぷー吹く、すっきりしない年の瀬・・・(-_-#)
笑って新年を迎えたい方、手にとってみませんか?

さて、風呂上り、いい気分でいると、我が母が・・・
「いい匂い♪まるで、鍋の具みたい」(爆)と一言。母よ~(泣笑)
まあ、笑う門には福来る、です♪
[PR]
# by salieri777 | 2008-12-21 17:48 | 乱読積読文庫

越後潜入(^^;)

年の瀬も近くなり、この一年の総括を・・・
何より、看板に偽りあり(^^;)と思われては、と思い、今年の「へめぐり」報告です。

8月吉日(^^;;)、上越市の春日山城に行ってきました!
念願の、越後潜入です♪
f0182920_10381737.jpg

 朝の9時には本丸攻略しちゃいましたけど、何か?(・・・早起きは三文の得、でしょうか ^^;;)

夜行バスで、品川→長岡、それから列車で直江津&春日山へ・・・
早く着き過ぎて、「謙信公祭」オープニング・セレモニーも見学しましたよ、武田側なのに・・・
狼煙リレー・イベントも見ました(^^)

最近、某放送局の大河の収録を見学(内偵)しておりますが、
この越後潜入で春日山城から見た越後の景色がスクリーンの背景に使われております。

写真がボヤけているのは、プライバシー保護ではなく(^^;)
ブログ用の写真を撮っていないなかったので、いろいろ画策した結果のなれの果てです(爆)
決して、シンレイ写真ではありませんよぉ~(笑)
[PR]
# by salieri777 | 2008-12-20 10:52 | ほっこり道中記(^^;)

僧侶・三題噺(ばなし)

先日、東京に行った時のこと・・・
よく、ショップや美容室やらオフィスがある場所には、昼時、お弁当を売る屋台が、
その時だけ、出現します。

それは、別に珍しくないのですが・・・
その中に、お坊さんがいました(爆)法話の本でも販売しているかと思いきや、
垂れ幕に「野菜弁当」と墨で黒々と・・・他へ行く予定がなければ買っていました(惜)

同じ日、母が地元のシーサイドのモノレールに乗っていると、お坊様が数名。
托鉢の帰りのようです。鎌倉・建長寺の僧侶のようだったとのこと。
そのお坊様、スッゲー屈強で、ラガーマンかと見まごうばかりだったそうです。
母は、「僧兵かよ」と思ったそうです(汗)
「あれじゃあ、比叡山も焼き討ちされるわよ」(爆)
 え~と、母の言い分は、あれだけの心身鍛えている人が武器を取って、集まれば、
時の権力者にとっては、恐ろしいプレッシャー団体になるわよね、ということです。
 この説明で、大丈夫ですか?(私は誰に弁明しているんだ?^^;)

その母と、以前、映画「千利休~本覚坊遺文~」を観に行った時のこと。
見終わって、立ち上がると・・・後ろ二列みんなお坊さんだったので吃驚したことがありました。
映画館を出ると、更にその映画館を目指しているお坊さんの集団が・・・(汗)
横浜には、千利休所縁のお寺がありますが、必須項目なんですね、彼らにも(^^)

それから、もうひとつ、お話を。
我が家では今、祖父の代に借りた現在住居している土地を
半分だけ地主に返還する話が、持ち上がっています。
地主はお寺さんなのですが、住職の話では、最終的な決裁をするのは、
鎌倉・建長寺になるのだそうです(吃驚)

横浜というと、江戸幕末期の開港で有名ですが、私の住んでいるところは、
それよりも、鎌倉時代の由縁の事物が多い土地柄です。
小学校の校歌にも「♪鎌倉文化、光輝く~」という一節がありますし(^^;)

 あれ?話が四つある・・・(汗) ま、いいか・・・
[PR]
# by salieri777 | 2008-12-16 11:30 | 徒然なるままに一言
いよいよ、討ち入り当日でござ~る!!
 ・・・越前蕎麦の店に、一同(総勢3人)集まりました
f0182920_23341855.jpg

↑長崎名産「ちりとてちん」・・・ではなく(^^;)、越前名産「さばのへしこ」です♪
 美味しゅうございました(^^) 越前おろし蕎麦ともども、いただきました。

大変、楽しく討ち入りました(^^;;)
で、本懐を遂げたら・・・もちろん切腹(爆) 
       ↓
f0182920_23345488.jpg

 東京銘菓 「切腹最中」でございます(^^;;;) シャレの好きな我が親友の差し入れです☆
 我が指から見えしは、ハラワタではなく、餡です(^^)
 美味しく切腹いたしました~♪(おい^^;)
[PR]
# by salieri777 | 2008-12-14 23:48 | 美味しいものにほっこり

武田家の部屋(^^;)

る~るる~るるる、る~るる (←テーマ曲です^^;)
こんにちは、武田家の部屋でございます(^^)

初の1日複数記事アップの2弾目が、「信玄の部屋」(お~い、もうタイトル変わっているぞ!)

本日、「徹子の部屋」を見たのですが、そこで意外な事実を知りました。
ちなみに、ゲストは御屋形様・市川亀治郎丈でございます(^^)
黒柳徹子さんの母方は(つまり、朝ドラ「チョッちゃん」のヒロインの家系)、
武田家家臣のお家柄だそうな。
しかも御典医!(←戦国時代、この役職名でいいのか分かりませんが)
しか~も、功績により、御屋形様から、武田菱の使用を許されたのだそうです。

 ウチだって、貰ってないのに(爆)

ですので、黒柳さんの母方の家紋は、武田菱・・・(羨望)

私の母方は、武田の御屋形様から、浮気弁明書を貰った武将の(笑)
一族の末裔と言われておりますが、ちょっと、羨ましい。

タイツ・靴下の類いを履くと、ダイヤ柄が伸びて、武田菱になるのとどちらが凄いかしらん(爆沈)
[PR]
# by salieri777 | 2008-12-12 19:34 | 徒然なるままに一言

出陣準備OK!(^^)

f0182920_10102240.jpg

念願のブーツを購入いたしました♪(清水買いにて候)
ブーツを買うのは、二十年ぶりぐらい。(月日、流れすぎ?)
私は、足のサイズは小さいのですが、その・・・足の・・・パーツが・・・
太いんです!(直球勝負^^;)

  ダイヤ柄 武田菱になる ふくらはぎ (自虐の詩^^;)

今や、昔と違い、それなりの(サイズ対応の)商品も多くなっておりますが、
やはり、ショート・ブーツの購入と相成りました。
ゴツイ感じが欲しかったのですが、気に入った物を見つけることが出来ました♪

これだったら、陣幕内でも、戦場でも、すたたたたーっ!と御屋形サマの元に
駆け寄ることができます(*^^*)
(注:実際はアウト・ドア用ではございません^^;)

一緒に写っているののは、我が叔父が北欧に遠征せし折りの土産の「馬上杯」(笑)です。

いつでも、出陣できます!!(^^)
[PR]
# by salieri777 | 2008-12-12 10:34 | 徒然なるままに一言

法事でござ~る!

先日、母方の祖母の23回忌の法要がしめやかに行われました。
え?下の写真見ると、そうは思えないって??(^^;)
ちゃんと、お寺でお経をあげていただき、墓参りも済ませての(あたりまえか)
下の振る舞いでございます(^^;;)
母方は、どうもラテン気質の一家で、
「今年の法事はスペイン料理だぜ!」「イエ~♪」で話がまとまりました(^^;;)

f0182920_10385070.jpg
イベリコ豚ちゃん、
大変美味しゅうございました♪
f0182920_1039167.jpg
メインのパエジャ登場♪
6人分だと鍋もデカイ(^0^)

f0182920_1039442.jpg
均等に領土分配されるか、
みんな心配です(^^;)


で、楽しく祖母の在りし日を懐かしんでいたのですが・・・
あまりに美味しいスペイン・ワインを少々過ぎてしまった、我が母が、
突然、ガーッ!と吐いて、宴(うたげ)は強制終了となりました(-_-#)

母よ、何故おだやかに終わらせるということが出来ぬのですか?(泣)
[PR]
# by salieri777 | 2008-12-10 11:06 | 徒然なるままに一言

討ち入り準備(^^;)

f0182920_14594140.jpg

討ち入り前の集合場所に、と目星をつけた店の「越前おろし蕎麦」でござ~る!

実は、NHKの朝ドラ「ちりとてちん」が大好きで、番組の携帯サイトの掲示板で
出会った友人と、12月14日、徒然亭一門の復活記念日に
ドラマゆかりの「越前そば」を食べよう!と計画を立て、下見に来ました♪

いわゆる、ぶっかけスタイルです。
冷やし醤油ダレでいただきました♪
新蕎麦のシーズンですし(^^)平打ち麺ゆえに、蕎麦がちゃんと主張していて、
おろした辛味大根も(白い物体)鰹節も(肌色の物体)も
ぜ~んぶ、混ぜ混ぜして、絶妙なハーモニーとなりました(^^)

ちなみに、「討ち入り蕎麦の会」都合で半数(と言っても5人中2人だけど)が
来られないことに!
「酢豆腐」なみの固い結束力でございます(^^;;) な~んてね♪ウソウソ♪♪仲良しです(^^)

この「みぞれ」という越前蕎麦屋さん、東京・学芸大学駅前にありますが、
大変有名なようです♪
[PR]
# by salieri777 | 2008-12-07 15:16 | 美味しいものにほっこり

黒船が来た!

f0182920_1741553.jpg

ちょっと、見切れた写真で失礼します(^^;)

横濱銘菓・有明の「ハーバー」の横浜開港150年記念バージョンでございます。
え?皿の中身は巨大コーヒー豆にしか見えない??私もです(^^;;)

コーヒー味ではなくて(笑)、ココア・パウダー着色の「黒船ハーバー」です♪

有明の「ハーバー」とは、横浜市民の誰もが懐かしいそして、普段はあまり食べない(^^;)
地元馴染みの銘菓です。
たまに、食べると、袋から出てきた中身を見て「昔より小さくなったわね」(爆)
と、ず~~~っと言われ続けたお菓子でございます(^^;;)

バブル崩壊後に、一時、クローズいたしましたが、無ければ無いで寂しい(^^;;;)との
声に答えて奇跡の復活を遂げて、現在に至るでございます(ざっくり説明ですね)

 アリアケと言っても、横須賀の伝説のハヤシライス屋ではありませんよ、Akiさん>私信

来年は、横浜開港150周年、でも、さして盛り上がることなく149周年の12月を迎えました(爆)
[PR]
# by salieri777 | 2008-12-04 17:55 | 幕末つれづれ

賜り物 from 武蔵國♪

毎度お世話になっている、武蔵守よろし様の「戦国未満」で毎日楽しんでいる、「松永久秀運」
規定ラインに達しましたので、褒章のイラストをいただきました(^0^)
f0182920_20435846.jpg

 褒めていただき、恐悦至極にござりまする(^^) 松永久秀殿に褒められた~♪
 
f0182920_20441682.jpg

 2枚目のこちらは、よろし様から9名の武将を提示していただき、
 その中から、5名を選ぶように♪との、御指示☆
 いや~ん、選べない(爆)と嬉しい悲鳴を上げつつ(^^;)選んだ珠玉の武将です(^^)
   武田信玄・・・外せませんよ~(^^;)
   北条氏康・・・即座に決定(^^)
   上杉謙信・・・信玄とペアですものね~(ペア言うな!>自分^^;;)
   大谷吉継・・・ここからは、悩みに悩んで、
   伊達政宗・・・この結果となりました(^^)

武蔵守よろし様、素敵なイラストありがとうございます(御礼)
また、2枚ともの公開をご許可、ありがとうございます(^^)

楽しんで、次回も目指させていただきます♪
[PR]
# by salieri777 | 2008-11-29 21:00 | 戦国つれづれ
このノートに名前の書かれた人間は・・・
 ・・・仕官が出来ない!(爆)

それが、「奉公構」(ほうこうかまえ)です。実際はノートではないけど(^^;)
このことを知ったキッカケは、「時代劇小説のヒーロー」についての記事でした。
昔は、荒木又右衛門、後藤又兵衛、塙団右衛門などが、主役だったが、
今は、ほとんど省みられない・・・と言う趣旨の内容でした。

仇討ちの荒木さんや、大阪夏の陣の後藤さんなら、ギリギリ(^^;)知っているけど、
3番目の方、誰?(^^;;)
ググろうとしても、最初の漢字が入力出来ない(爆)
苦労して(笑)知った、塙団右衛門(ばんだんえもん)クンの人生。
加藤嘉明の家臣でしたが、喧嘩して出奔。
その折り、主君・加藤嘉明はよっぽど腹を立てたのか、システム作動させたのが、「奉公構」
 
「こいつ、ヤな奴だから、雇っちゃダメだよ~」と各武将に送るブラック・リスト(^^;)
お陰で、塙団右衛門クン、どこにも仕官できません(;_;)
最後の大阪夏の陣にも、「個人的に」参加、そして討ち死にしております。

武士の功績評価証明書である「感状」
主家に何かあれば、他家に仕官する時のアピールアイテムとして活用できますが、
それとは、間逆のブラック・メール。
このシステムを作ったのは、豊臣秀吉と言われております(^^;)

このブログのイラストでお世話になっている「戦国未満」の武蔵守よろし様のブログ、
「武将日記」で塙団右衛門クンは、「戦国ニート武将」として頑張っております♪
がんばれ、団ちゃん☆
[PR]
# by salieri777 | 2008-11-25 15:18 | 戦国つれづれ

賜り物 from 肥後國 ♪

f0182920_1002941.jpg


先日、××回目のば~すで~067.gifを迎えたのですが(^^;)
肥後國の友人より、城好きな私のために贈られた物が、このトキメキ写真集☆(爆)
えぇ~萌えましたよ~(^^)
特に、宇土櫓は、感涙しました016.gif
(天守閣や本丸御殿は再建された物ですが、石垣と共に宇土櫓は清正公当時の物です)

ぷれぜんとは、戦国関連ですが、この友人との出会いは幕末(^^;)
幕末関連のドラマのイベントで京都駅室町小路広場で、隣り合わせてからの縁です♪
以来、遠距離友情を暖めております(^^)

毎年、「今年こそ、遊びにいくよ~♪」と言いつつ、幾星霜(^^;;)
来年こそ、本物の、石垣や宇土櫓をこの目で見たいものです072.gif
[PR]
# by salieri777 | 2008-11-20 10:14 | 徒然なるままに一言

午後の紅茶♪

f0182920_9532953.jpg


牧神の午後ならぬ、幕臣の午後、にございます(^^)

前に、静岡の友人が送ってくれた、静岡銘菓「駿府のけいきさん」というケーキです(^^;)
謹慎時代&隠居時代をを家康公所縁の駿府で過ごした徳川慶喜公。
静岡の人は、家康公ともどもそのような慶喜公に親しみを感じ、
「けいきさん」と呼んでいるそうです(^^)

で、もっくん主演で、慶喜公が大河の主役になった時、記念に製作されたのが、
「駿府のけいきさん」(^^)(皿の右側です。左は、「葵」というお菓子です)
和菓子屋さんが造った、紅茶にあう和スィーツだそうです。
茶色の部分が、富士山。緑の部分が富士の樹海を表しています(^^;)

味は・・・饅頭生地みたいと言えばそう。
シフォンケーキとパウンドケーキの間の食感と言えば、言えなくともない・・・

徳川慶喜同様、簡単に評価はできませんね~(^^;)

現大河では、平岳大さんが怪演なさってますが、それにしても、一緒の写真に撮った、
2つの旗・・・いっこうにドラマでは出てきませんね~(-_-#)

リューザキ弾正は、戦国時代は武田派でございますが、
江戸幕末期は、佐幕派と相成ります♪
[PR]
# by salieri777 | 2008-11-16 10:13 | 幕末つれづれ
f0182920_14464911.jpg


カレー??ビーフ・シチュー???
いえいえ(^^;)

ご近所から沢山の柿をいただきました(^^)
その一部で作った柿の実のゼリーです(^^;)
母・弾正の製作物でございます。
当人いわく、「柿羊羹」だそうです(-_-;)

カテゴリーでは、「美味しいもので一言」でございますが、
まだ、食しておりません。
これから、冷やして頂きます(^^)

え・・・種を取り除いていない・・・(^^;)
なんの罰ゲームですか??>母よ!

三成殿でなくとも、ご用心(^^;;)
[PR]
# by salieri777 | 2008-11-12 14:54 | 美味しいものにほっこり
f0182920_11365372.jpg


先日、「戦国大名北条氏とその文書」展に行ってまいりました♪
北条氏康から真田幸隆へ宛てた書状など、萌える貴重な手紙も展示されております♪
(脳内では男っぷり氏康殿から佐々木蔵之介宛ての書状に変換しておりました^^;)

展示されている文書類も見どころ満載ですが、リューザキ弾正のオススメは、
レプリカ書状を使っての、「書状がどのように折りたたまれていたか」の解説コーナーです♪
現代に残された書状の数々は、皆、開封された物な訳ですが、
受け取った時はどのような状態だったのか、
この展示コーナーで解説してくれています。
書状の最後に、その書を送る人物の名を書いていますが、まず、その端を折ります。
この時に、相手の名前に折り目が付くと無礼になるので、注意します。
相手の名前は最後に書いてあるので、墨が乾いてない場合もあります。
書状によっては、折った側に、薄っすら写っている場合もあります。
そして、書状の最後の部分から最初の方へクルクルクルと巻いていって、封印。

書状の種類によっては、一番右端に切れ目を入れて、
それを結んで封印として使うこともあります。

ボランティアのおじさん&おばさんが、とても熱心に説明してくれます。

お近くの方、是非、足を運んでみてください。 (11月24日までです)

ところで、↓ このギリシャ建築(?)みたいのが、神奈川県立博物館です(^^;)
          横浜には、このような洋風建築がたくさんあります(^^;)
f0182920_11373123.jpg

[PR]
# by salieri777 | 2008-11-09 12:05 | 戦国つれづれ

いろいろ、へめぐります

いささか高いところから(^^;)こんにちは♪
これから、徒然なるままに、いろいろとへめぐります。
f0182920_2305892.jpg

[PR]
# by salieri777 | 2008-11-03 02:31 | 徒然なるままに一言