武田軍の足軽大将リューザキ弾正、通称リュー弾♪またの名をカラボリーナ・ドルイスカヤ(爆)最近、草弾師匠という官位(笑)も授かりました☆ 諸国、諸時代、諸かるちゃーを 徒然なるままへめぐります


by リューザキ弾正
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

仕掛人・加藤剛見参!(えっ?)~7月1日は「時代劇の日」~

7月1日は、時代劇の日だそうです。(時代劇チャンネルが制定)
昨日、知りました(笑) 
1953年7月1日 NHKで、連続ドラマとして「半七捕物帳」の放送を始めました。
そこで、毎年7月1日は、「時代劇の日」としたそうです。

ということで、時代劇の日スペシャル記事です(甘利、ふだんと変わりないか・・・)

さて、御題の説明を致します。
決して、「妄想必殺2014」では、ありません(笑)
ヒガシVS加藤剛さんとか、見てみたい気もしますけど(〃∇〃)

春先まで、BSで、山形勲&加藤剛版「剣客商売」を放送しておりました。
それを最近まとめて見ていたのですが・・・
ラス前。第21話。
見ていて、なんだか、見覚えのあるストーリー展開・・・
これ、「殺しの掟」だよっ!(((゜д゜;)))

池波正太郎の書いた、短編「殺しの掟」は、仕掛人の世界を描いた小説です。
(ちなみに、藤枝梅安は出てきません)
前にも、記事にしましたが、この短編を叩き台にして、
テレビドラマ「必殺仕掛人」が出来上がりました。
しかし、その半年前。
八代目松本幸四郎版「鬼平犯科帳」で、鬼平ワールドに置き換えて、
ドラマ化をされておりました。ネタ切れして他の池波作品を拝借したもようです(汗)
(視聴しましたが、違和感半端ない ^^;)

ここまでは、知っていたのですが・・・
加藤剛さんが、仕掛人(虚偽)の仕事を請け負うという展開で、
「剣客商売」に組み込まれておりました。

金で罪なき人を殺すという裏の仕事(仕掛人としても外道だな)、それを事もあろうに、
顔面正義値が人類史上最高を記録している加藤剛さんに依頼する、悪徳商人大黒屋。
「正義と真実の人だと、気づけ大黒屋!」とツッコミを入れたくなります(笑)
(これまた、違和感半端ない・・・しかも、「鬼平」に出ていた竜崎勝さんも出てるし)

加藤剛さんって、絶対、善人だと思います。
絶対に、心が清くて、清廉潔白な方だと思います! ← なんだ、この結論(^^;;)

1971年 新潮11月号に、池波正太郎、短編「殺しの掟」発表
1972年3月2日 テレビドラマ「鬼平犯科帳」第22話「殺しの掟」放送
1972年9月23日 テレビドラマ「必殺仕掛人」第4話「殺しの掟」放送
1973年8月25日 テレビドラマ「剣客商売」第21話「逆転仇討ち」放送

ちなみに、「殺しの掟」は、藤枝梅安は出てきませんが、
江戸の仕掛人の世界を描いた作品です。
この作品をドラマ化したのは、「鬼平犯科帳」が先です。
同じ仕掛人世界をドラマ化した「必殺仕掛人」も取り上げましたが、
まさか、「鬼平」に先んじられるとは思ってもいなかったようです。
池波作品に敬意を表してなのか、「必殺仕掛人」第4話は、放送自粛回になっております。
最近は、放送されたりするらしいですけど。
ですので、リュー弾、この「必殺仕掛人」版の「殺しの掟」だけ見ておりません。

[PR]
by salieri777 | 2014-07-01 23:59 | 時代劇よもやま噺